FC2ブログ

2018/5/12-13  長瀞キャンプ月例会

-土曜日DRレポート-

思えば12月から冬将軍様も元気でいらっしゃって、降雪も順調で上々のシーズンインであった。例年だと1月中旬からでないと滑れないツリーランも年末には仕上がっていた・・・。
それなのに3月からのあの体たらくはなんなんだ。全然雪が降らないばかりか異常なまでの暖かさでみるみるうちに雪が融けていくではないか!山に雪がなくなれば、しょうがない、つぎはカヤックである。

DSCF9005_R.jpg

昔は迫力があって“技術の御岳、パワーの長瀞”などといわれていたが、最近は“ながちょろ”などと馬鹿にされてきた荒川上流の長瀞が今回の月例会の舞台。けど今日は違いました!大雨が降った訳でもないのになぜか水量絶好調の長瀞。いつもなら川底ズリズリしなければ通過できないところもスイスイ。捨て身下のウエーブも迫力満点!

DSCF9017_R.jpg

こんな日は初級者の方々のスイムがメインイベントとなります。三人の初級者が参加されましたが、前回の定例会の時にはノー沈だったヨコさんもさすがにスイム。ユウスケさんもスイム。しかしながら長瀞最大の瀬“コタキ”ではみなさん頑張って見事クリア!さすがです。

DSCF9022_R.jpg

上流部ではそれなりにドラマを作って盛り上げてきた初級者の方々のなかで、最後にびっくりさせてくれたのが、カドさんがナンパ、もといスカウトしてきた新入隊員のタマキさん。ゴールのクツナシの瀬の下流瀞場でロール練習をするというので、どれどれ手伝ってあげっぺか、と思っていたらなんと介添え無しで上がるではありませんか!満場の拍手ものです。ポンタさんもウカウカしていられませんよ。

DSCF9019_R.jpg

-夜の部キャンプレポート-

かねてより若手会設立の準備を進めておりましたが お陰さまでこのたび発足の運びとなりました。
これも皆様方のご支援とご協力の賜と心より感謝いたしております昨年比4倍増の20代、キッズアンドベイビーズを迎え、そそくさと帰られた先輩方のおかげで平均年齢が大幅に下がった折、平成生まれの若手の集まりとして発足しようとしたのですが、以外にもカヤック歴20年の若手やもう50も過ぎているであろう自称若手も加わり盛大に発足できましたこと改めて感謝申し上げます。

DSCF9036_R.jpg

今後 皆様方のご期待に添えられるよう日々精進致す所存でございますので 何とぞロールやその他のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。気持ちよく飲み過ぎて、後半ほとんど記憶がありません。

DSCF9037_R.jpg

子どもたちと走り回っていたらコケて怪我してました。カヤックよりよっぽど危ないですね。次の日使い物にならなかったのは言うまでもありません

DSCF9041_R.jpg

みなさんの持ち寄り一品、どれも美味しかったです。みょうがとちくわの組み合わせは家でもつくりました。ごちそうさまでした。次の秋キャンプ楽しみにしております。
今後共よろしくおねがいします。

-日曜日DRレポート-

昨日はスリル満点なダウンリバーを楽しみ、夜は美味しいご飯に賑やかな飲み会を満喫したので、大満足な一日でした。さて、昨日は奇跡的に沈脱が1回でしたので、2日目は0回を目指します‼︎

DSCF9045_R.jpg

スタートしてから間も無く鉄橋の下にさしかかりました。アンディさんの後に続いて行きますが、途中軽く下がるところでいきなり沈!脱!昨日と同じ場所でやらかしました。
長瀞をホームにしている方々に助けられ、無事に陸へ。本当に皆様、ありがとうございました。今後ともお助け下さいませ。
少し休み、荒い呼吸を整えてから出発です。ただ、その後も数回スイムしてしまい、2日目は散々な結果となりました。

DSCF9047_R.jpg

長瀞は御岳と違って波が高く、また違う楽しみを覚えました。次長瀞行くときにはもっと上手くなっていたいものです。皆様、二日間お疲れ様でした!

-初参加者タマキさん感想-

土曜日は丸一日楽しませていただきました!
カヤックはもちろん夜のBBQまで最高でした。
沈脱した際も、大勢の方にサポートしていただき安心して瀬に挑戦することができました。
ありがとうございます。
個人的にはロールができたことがとてもうれしく、久しく感じていなかった達成感を味わいました。カヤックにハマっていきそうです笑!!
これからはスポットで遊べるようどんどん練習していきますので、みなさんよろしくお願い致します!

-今回の参加者(五十音順、敬称略)-

アニー
アンディ
おーの一家
カド(BBQレポート)
キュウ(L)
コウ
シゲ
タマキ(初参加感想)
ナベ
ぺー(土曜日レポート)
マッキー一家
まめ
やまたか
ユウスケ
ヨコ(日曜日レポート)
ゲスト
ゲスト夫妻