2017/08/26  月例会まえの早起きDR

8月も下旬に差し掛かると、午前4時自宅出発の際に周囲はまだ薄暗く、学生時代のクラブ活動早朝練習の様相を呈していました。「正直辛い!」

放水口に事前に艇ギアを置き、6:30テニスコート集合、7:00放水口スタートする頃にはお日様も顔をのぞかせ、気持ちいい風と少しの静寂のなか、ゲレンデコンディションはまずまずの水量と、鮎釣り師・ラフティングのお客様も見当たらず、テンションMAXに達しました。「これやからカヌーはやめられない」

⓪DSCF3074_R

本日の早起き参加者はアニーさん、コウさん、キュウさん、おーのさん、SaGiさん、ゲスト1名とコバの7名で、放水口からテニスコートまでを各々楽しみました。先ずはいつものように放水口でメンバー撮影。

①DSCF3072_R

カップスターの瀬やスタートの瀬では各々サーフィンやホールを楽しみ、様々なエディーをキャッチしながら下って行きました。アニーさんやゲストさんは実に巧みに各エディーをキャッチしていくのに比べ、まだまだ私は修行が足らないようです。

②DSCF3081_R

みそぎの瀬では1段目のホールでバウからタテ回転させる大技をしているカヤッカーがいましたが、ここでアニーさんの「こばちゃんもあの技してみたら」という悪魔のささやきがあり、調子に乗って出来もしない技にトライして敢え無く撃沈、3回のロール失敗のあと岩にヘルメットをぶつけ戦意喪失、御岳では初の沈脱スイミングとなりました。

③DSCF3084_R

その後もエディーキャッチを練習しながら無事テニスコートに到着しました。久しぶりの増水したコースの為か、渇水の御岳しか知らなかった私にとっては、全く別の表情を見せるコースでとても新鮮でした。皆さんお付き合いいただきありがとうございます。

④DSCF3078_R

追伸。この後に月例会。もう一本放水口~テニスコートは正直キツイ。再び学生時代のクラブ活動の辛さを思い出しました。「けどやっぱりカヌーは楽しい~。」

-参加者-
コウ
キュウ
おーの
SaGi
ゲスト1名
こば(レポート)
アニー(L)