2017/5/27  長瀞月例会Camp&Kayak

皆さんお疲れさまでした。この度ベビートラウトに入会させて頂いた「こば」が月例会初参加で、初レポートを行います。皆さんの顔とニックネームがまだまだ一致せず、つたないレポートとなりますがよろしくお願いします。

参加メンバーはキュウ(リーダー)、アニー、コウ、SaGi、まめ、がくちち、つ・あ、よしだ(ど)、おーの、Andy、ヨシ、ナベ、シゲ、ペー、いばさく、スモも、ノリー、ヤジ、こば(敬称略)の19名で、当日はDR組と講習会組に分かれての開催となりました。

朝、長瀞に向かう道中は所々で雨が降っていましたが、10:00に「道の駅みなの」に集合した時には晴れ間が広がり、絶好のカヌー日和となりました。集合後はリーダー仕切りのもと、自己紹介と安全確認を行いましたが、先ず驚いたのは参加者の多さと、きちんと安全確認行為を行っている事でした。

①DSCF5003_R

スタート地点の皆野中学校裏の水量は少なく、エントリー時はパドルをガシガシ当ててしまう程でしたが、しばらく漕ぐと小さな瀬も現れる程のコンディションになり気持ちが高ぶってきました。

②DSCF5015 (13)_R

鉄橋下の瀬でしばらくウェーブを楽しみましたが、皆さん本当に上手に乗ってて、ベビトラのレベルの高さに驚きました。その後はステミの瀬、スピンホール、セイゴの瀬と各スポットで遊びながら下っていきましたが、ベビトラ以外のカヤッカーも皆さん上手で楽しそうにプレイしているのが印象的でした。

③P5270012_R

・・・ここで唯一の初心者体験参加者/ヤジさんの感想文を挟みます・・・

ヤジです。土曜日は大変お世話になりました。
午前の部・午後の部ともメンバーの皆様には暖かく迎えていただき、カヤックをやるならこのサークルにお世話になりたい!と強く感じました。
特に午前の部ではマンツーマンで講習を行っていただいたことで、午後の川下りをスムーズに楽しむことができ、ちょっぴり流れの強いところもコースをガイドいただけ、カヤックの楽しさを満喫できました。

④IMG_0018_R_R

ぜひぜひ今後ともよろしくお願いいたします!
まずは流れの強いところでも焦ることなく漕げるようになりたいです。

・・・そしてDRレポートに戻り・・・

亀岩付近で軽い昼食を摂り皆で記念撮影をしました。

⑤DSCF5004_R

小滝の瀬では一部メンバーが下見をした後みんなでトライしましたが、メンバー全員が沈脱することもなく無事クリアしました。

⑥DSCF5006_R

岩畳の瀞場では大勢の観光客の皆さんの熱い視線を受けながらのDRとなりましたが、一部メンバーのカートホイールやバウストール、静水ループなどの技を披露し、喝さいを浴びましたね^^

⑦DSCF5015 (12)_R

その後はピンホールの瀬、白鳥荘二股の瀬とひとしきり楽しんだ後、全員ケガなく無事にクツナシの瀬にゴールしました。

・・・続いて夜の宴会レポートはまめです・・・

宴会参加者は、あき、アニー、Andy、おーの、キュウ、雲さんファミリー、コウ、こば、SaGi、シゲ、スモも&ノリー、ぺー、ヨシ、まめの計16名でした。昼のDRがいつになく順調に早く上がれた為、17時過ぎには集まった人達が早速ビールを開けていました。皆好き勝手に始めてしまうこのユルさがイイですね。私は、飲みたい気持ちを抑えBBQ用の下ごしらえをしました。包丁とまな板もですが、お鍋やお皿まで貸していただいたAndyさんには深く感謝です。

続いて炭火を起こして、待ち焦がれた日光畜産ご謹製のお肉に出会えた時の嬉しさはひとしおです。和牛カルビ、牛ハラミ、牛タン、豚ロース…どれも本当に美味しかった。特製のタレがまた良いですね。私はハラミがとても気に入りました。でも和牛カルビの脂の甘さも捨て難い。要はどれも最高だったということです。

⑧DSCF5012_R

ここで忘れてならないのが右肩負傷の中、ずっと肉の焼き係をしていただいたアキさんに深く感謝です。ところで、折角アキさんが焼いてくれた和牛カルビをシゲさんが落としたのは見逃していませんよ。大事なお肉ですので注意してくださいね。笑

⑨DSCF5015 (2)_R

この大人数では、なかなか纏まりがつかず、全員揃っての乾杯は、ほとんど出来上がってからのタイミングであることが、集合写真で見てとれます。

⑩DSCF5015 (1)_R

それから、お肉以外にも皆さんの持ち寄り一品が美味しものばかりでした。おーのさんの“竹輪とみょうがのおかか和え”と“玉ねぎスライスのピクルス”はさっぱり系でお肉を食べた後の口直しにぴったりでした。スモも家の“ポテトサラダ”はクラッカーの上に盛り付けられて食べやすく見た目もオシャレで美味しかったです。コウさんの“ゆでそら豆”は旬の美味しさでしたね。茹でる時に成田山のお神酒を入れていたのが渋いです。ぺーさんの“洋風冷奴”は塩とオリーブオイルのみの味付けでしたが思いのほか美味しかったです。ずばり切っただけのヨシさんの“トマト”は、これが甘くて焼肉の箸休めに最適でした。アニーさんの“蕗と筍の煮物”も渋かったですね、酒のアテにぴったりです。Andyさんの“南国カレー風味焼きうどん”と“和風焼きうどん”は、エスニックと和テイストが呑ん兵衛の小腹にぴったりのタイミングで絶妙でした。あきさんの果物の差し入れは唯一のデザートで他の人と被せないヨミは流石です。終盤になっての雲さんの富士宮焼きそばは調味料が本物ではないとのことでしたが、とても美味しかったです。あと、シゲさんらしくないミモレット(チーズ)のスライスがとても印象に残っています。他にも色々あったのですが、メモるのを忘れて思い出せません。紹介できなかった方、ごめんなさい。

⑪DSCF5015 (3)_R

バーベキューもたけなわな頃、CPCさんお三方の飛び入りも場を盛り上げてくれました。噂に聞く下ネタはスモもさんに遠慮して、大人しかった気がします。差し入れも惣菜や鶏肉など色々いただいて有り難かったです。

⑫DSCF5015 (5)_R

一通り食べて飲んでまったりした頃、アニーさんが帰宅し、その頃から少しづつ人が減り始めた気がします。私は既に記憶が曖昧になり、最後に残っていたのは、スモもさん、ぺーさん、キュウさん、シゲさん、雲さん、CPCお三方と私だった気がします。しみじみと焚き火を囲みながらの雑談はキャンプの風情ですね。

⑬DSCF5024_R

ほぼ朦朧としながら寝床に向かう時、野良猫とすれ違ったのですが、睡魔に負けて生ゴミを片付けずに寝てしまいました。ゴメンナサイ。朝、片づけをされた方、申し訳ありませんでした。次回参加した時は気をつけたいと思います。

翌日はサイコーの天気でしたが、雲さん一家は観光で漕がず。

⑭DSCF5016_R

結局漕いだモノズキ3名のうち、コウが最後の3行だけのレポートを担当します。

⑮DSCF5015 (6)_R

これで滞りなく長瀞Camp&Kayakは終了しました。これから夏本番を迎え、ベビトラの月例会も更に頻繁に行われます。また皆さん一緒にガヤガヤ騒がしく川下りしましょー!!