15/04/25  4月 月例会

2015/04/25
DSCN0681.jpg

場所:御岳(放水口~テニスコート)
参加者:アニー(リーダー)、いばさく、コウ、マッキー、Andy、ヨシ、タカ、アキ、a-g、まめ(敬称略)

今年最初のベビトラ月例会です。
レポートはまめが担当させていただきます。

私(まめ)にとっては昨年8月以来の川でもあり、
少し緊張気味での参加でした。
天気は曇りでしたが、気温は暖かでした。
午前中にスタッフミーティングが開かれ、集合は12:00。
全員時間通りに集合し遅刻者無し。社会人として非常に優秀なメンバーです。

リーダーのアニーさんの挨拶&説明、
そしていばさく代表のお話とサクサクと進行しました。
今年は5つの約束事が決められましたが、
私が覚えているのは「リーダーの言葉には必ず従う」だけです。
毎回説明されるとのことなので、心に留められるよう努力いたします。

開会式終了後は2台に分乗し放水口へ。10人だと非常にスムーズです。
放水口駐車場にて記念撮影。

ベビトラの幕を広げると、いかにもイベントらしくて良いですね。

川辺に降りてパドルサイン、ホイッスルサインの確認。
DSCN0682.jpg

ホイッスルサインは団体によって異なることを初めて知りました。ためになりました。

久々の川はとても冷たく感じました。
というのもa-gさんと私は夏ギアでの参加です。
濡れないようにするのが今日の目標でもあります。
いばさくさんを先頭にa-gさんマッキーさん、私、残りの方たちは自由で、
最後尾がアニーさんの順で下り始めました。

毎年のことですが、冬眠明けの私は体が鈍っているので反応が悪い上に、
動きも悪く、漕いでいてとても不安定です。
冬の間も漕いでいた人の安定感がうらやましい。
いつかドライスーツを買って冬眠せずに過ごしたいものです。(いつも妻の瀬で大撃沈していますが)
前半は他のカヤッカーは少なかったのですが、
ラフティングが多かったのでのんびりプレイスポットを楽しむのが
難しかったのが少し残念でした。

あとは皆さんベテラン揃いでしたので特に危なげもなく、
ほどほどに遊んでサクサク下って行きました。
DSCN0683.jpg

大人数の時の間延びしてしまう隊列と違って、
とてもまとまっていたのが、”大人”なグループという風情でした。
DSCN0688.jpg


しかし!
動きがあったのが御岳小橋手前あたりでa-gさんが初沈脱。
いばさくさんの素早いフォローで大きく流されずに済みましたが、
とうとう全身ずぶ濡れになってしまいました。

これで火が付いたのか、三つ岩は無事にクリアしましたが
その後しばらく下ったところで横向きに引っ掛かり沈脱。
更に寒山寺ホールでも沈脱。
a-gさん曰く、前2回は何もできずに沈でしたが、
寒山寺では果敢に攻めての沈なので意味が違うとのことでした。
わかります。
受け身で沈するのと、
攻めて沈するのでは自分自身の身になり方が違います。
更に、a-gさんは今年の沈脱王を狙う宣言をされていました。
当然、攻めての沈脱だと思います。
ライバルの方達も早く冬眠から覚めないと差をつけられてしまいますよ。

その後は穏やかに下って行きましたが、
雷の音が近づいてきたので、あまり遊ばずに下って行きました。

実は、私は寒山寺を過ぎるころには体がかなり冷えていて
手がしびれて来ていました。
とにかく動き続けることでごまかしていましたが、
雷のおかげで進行が早くなったので助かりました。
ところがテニスコートまでもう少しの辺りで、
みんながサーフィンしているのにつられて、
私も残り少しだからとサーフィンしようとして沈。
ロールはしたものの体中水に浸かってとどめを刺されました。
それまで沈しないように気を付けていたのに(トホホ)。
これ以降体は疲れているので休みたいのに、
ひたすら漕いで漕いで体を温め続けてゴールまで行きました。
おかげでフォワードの練習がたくさんできました。

書くのが後になってしまいましたが、
今回いばさく代表より来月の長瀞キャンプと艇庫に関する新提案、
更に初めての人向けの専門講習会を設ける旨他の告知がありました。
ベビトラのイベントをより安全により多くのレベルの人が楽しめる様に
色々な計画を立ててくださっている運営スタッフの方々に感謝し、
会員みんなで協力して盛り上げていかなければと思いました。

当日はは天気が大きく崩れることもなく、怪我も無く、
穏やかなダウンリバーでした。
参加された皆様お疲れ様でした。

○参加メンバー
アニー(リーダー)、いばさく、コウ、マッキー、Andy、
ヨシ、タカ、アキ、a-g、まめ

レポート:まめ (画像:いばさく)