15/02/11 コンセプト短期・基礎カヤック講座第二弾

2015/02/11(水)

昨年末のコンセプト講習が好評のうちに終了し、眼からウロコをバラバラ落とした参加者たち。それでは第二弾との単純な思い付きで企画した本日の講習。正直言って今回は、そこまでは期待してなかった~、というのが偽らざる本心でした。

002_R.jpg

まず座学では、講師の小田さんが要点を絵に描いて説明して下さいます。書かれた内容はいわゆる「小田メソッド」と言われるもので、写真に撮ってありがたく持ち帰りました。ちなみに絵を描いた用紙は、今年2015年のカレンダーの余白でした~!!(笑)

016_R.jpg

それから白丸湖に移動して実技講習を行います。フネは前回と同じPRIONの練習艇でした。まずは前回テーマだったフォワードストロークを復習。やっぱりムダに力み過ぎるクセを指摘されます。今日のお題のターン(回転)については、まずはオーソドックスなスイープストロークからのターンから始めました。

011_R.jpg

カヤックのターンは、狙った方向にバウを向け、曲がり終わった時のフォワードストロークで、働いた慣性を止めることが重要になります。そして、あくまで艇をフラットに保つことで、流れの抵抗を受けずにスムーズに回転させることも大切です。他の方法として、キャッチやバウラダーによるターンも伝授いただきました。

009_R.jpg

水中に入れたブレードを抜かずにスライスで動かし、あらゆるストロークに繋げる手法は、実戦で多用されるスキルとのこと。でも、余り使わない我々にはハードルが高く、一生懸命やり過ぎたアニーさんですが、バランスを崩してのスイムは余計でしたよね~??(笑)

012_R.jpg

ちょうどトレーニングに来ていた日本代表の矢澤亜季ちゃん。スラローマ―に顔が広い小田さんの声掛けで、ミーハー気分炸裂(笑)の記念写真に入って貰いました。今年から新たな企業に籍を置き、サポートを受けながらオリンピックを目指すそうです。

10945141_687798617996140_947707002_n_R.jpg

この短期・基礎カヤック講座は、眼からウロコがバラバラ落ちる内容です。簡単に身に付くとは思えませんが、この冬季間こそ繰り返して復習したいです。どなたにも熱烈オススメですが、開催が秋~春季に限定されていますのでご注意くださいね~!!

参加者:アニー(企画)、コウ(レポート)