14/12/27 コンセプト 短期・基礎カヤック講座受講

2014年/12/27
あの「小田さん」から直々に教えていただける
「短期・基礎カヤック講座」ベビトラ貸切に受講してきました。
詳しくは
http://www.canoebar.jp/canoekayak/kayak_kouza
こちら。
-----コンセプトHPより抜粋-------------
カヌースラローム競技の方法論をベースに開発された
基礎カヤック講座「小田メソッド」を伝授いたします。
練習法が解らない方、伸び悩んでいる方、基礎をおさらいしたい
ベテランの方までお気軽にチャレンジしてください。
【講座内容】】
フォワードストロークを効果的に高める
スイープストロークやラダー等の基礎動作
フェリーグライドやイン・アウト、ダウンリバーの原則
------------------------------

今回は、特別講座ということでまずは座学から。
冒頭で、「カヤック理論はいくつかあり諸外国での理論や
教える人によって違ってくる。今回のが各人に必ず合う
というわけではなく、各人でそれぞれ咀嚼して
自分の型を作っていってほしい」との説明。そりゃそうですね。
4729121_2128725745_244large.jpg

まずは、なぜボートがまっすぐに前に進むのか?
ということからから入り、パドルの持ち方、姿勢、フォワードストローク
とひととおりの座学を終えた後、椅子に座って
各自で現在のフォームを実演&チェック。
その後、パドリングの仕方を具体的に教えていただきました。
・押しての手の甲の位置
・パドル入水時の角度、左右の違い
・キャッチの位置とストローク
・フィニッシュの仕方、などなど
教えていただいた内容をもとに、各自で練習です。
目をつぶってフォワードストロークしたり
引き手の時の引き方の練習したり
で結構充実した内容です。
4729121_2128725738_235large.jpg
4729121_2128725740_206large.jpg


座学後は、白丸に移動。
ストレッチの仕方もレクチャーしていただいた後に実践で、
テーマは
「ボートをまっすぐに進めるためのフォワードストローク」です。

キーワードは
「ボートが前に進むのを邪魔しないストローク」
です。
そのためには
・バウに相談する
・慣性を制するのはフォワード
ということを意識するのが肝心とのこと。

それ以外にも
・リーニング
・足のつかいかた
などの具体的な練習方法もレクチャーいただけました。

詳しく記載するのもなんなんで、知りたいかたは
一度受講されるのをお勧めします!

4729121_2128725726_167large.jpg


その後は、戻って暖かい昼食をとりながらおしゃべりタイム。
4729121_2128725722_139large.jpg

お腹一杯満足度一杯の一日でした。

○参加メンバー
シゲ(リーダー)/コウ/アニー/ヒゲ/たか(レポート)  (up:いばさく)