14/11/15,16那珂川 鮭ツアー

2014/11/15,16

毎年恒例・アンディ企画の
「那珂川の鮭俎上をカヤックで見物しつつツーリングしちゃおう!」なこのツアー。
今回は共に初参加のまっつん(1日目)、a-g(2日目)両メンバーよりレポートを、
さらに参加メンバー・たまひよ編集によるツアー動画も必見です!。
<動画はコチラ


○○○ ツアー1日目(11/15) ○○○
どうも!まっつんです。
那珂川鮭ツアーの初日(ちょっとだけ2日目も)の報告をさせていただきます。
那珂川は鮭と紅葉を愛でながら下れる川ということで参加してきました。
実のところ本州に鮭が戻ってくる川があるとは知らなかったので
かなりわくわくでした。
行ってみるといるわ、いるわ!鮭!鮭!!鮭!!!
そこら中で飛び跳ねてて感動です。
川自体はまほろばの瀬などもありますが全体的に瀬も少なくのんびりしていました。
もっとも初心者の私にはあの程度の瀬でもドキドキでしたが。(案の定沈しましたし)
個人的にはヤナが見れなかったのがちと残念です。来年は見れるかなぁ。
l_9b657984a856c31fdeb6ee96045aa54cd885d759.jpg

写真1

しかし晩秋の那珂川は寒かった。正直あんなに寒いとは思ってなかったです。
Andyさんフリース貸していただきありがとうございました。

教訓①:冬の川の上(中も)は寒いのでフリースを下に着て行こう

途中一度休憩を入れ(ワンタンうまかった!!)、ムモホールで遊んで初日は終了です。
l_c34a5798fffcf1fd3aea54bf9ffff2a5f2551f11.jpg
l_69c5eb730afc6f19ad80da9b0d74b8481e85922c.jpg
l_34e6a10563c4d0e14beadda46cb9491b977d9f50.jpg

2時間くらいだったかと思いますがあっという間でした。
降下終了後は温泉経由で釜飯を食べ(とてもおいしかったです!)宿へ。
そこでメンバー一同重大な忘れものをしていることに気づきました。
「ワインオープナーがない!」
折角いばさくさんからいただいたワインが飲めないなんて!

教訓②:ワインオープナーは常備しよう

結果的においしくいただくことができました。
いばさくさん、ありがとうございました!
・・・どうしたかって?コルクちょっと削って押し込みました。
コルクの削りカスが浮くんじゃないかって?
コルクを濾せるいい道具があるじゃないですか。
まあ世間ではそれを「急須」っていうらしいですけどねw

2日目もちょっとだけ。
この日は1日目以上のロングコースでいいトレーニングになるなぁと思っていたんですが、
途中沈してしまいそこで体力が尽きてしまいました。
全身ずぶ濡れで震えながらもっと運動しようと思った日でした。
どうしてフルドライでずぶ濡れになるの?チャック閉め忘れたわけでもあるまいに。

教訓③:チャックは最後まで閉めたのを確認しましょう。

l_b61a905a3b8982abffa5014dc2a0159d8f6f6744.jpg

とても楽しかったです。ありがとうございました!

参加メンバー:アンディ(L)/ たまひよ / a-g / ひげ親子 / まっつん(レポート) 



○○○ ツアー2日目(11/16) ○○○

2日目の起床は朝7:00。
前夜の宴会影響もなく皆さん予定通りに起床し7:30から朝ご飯を食べながら
リーダーのアンディーさんより本日のコース説明。
本日のコースは宮原キャンプ場~茂木町 生井付近だったが
「ロングコースもあるよ」との一声でたまひよさん、まっつんさん共にロングコースでとの返答。
自分も初めてのコースだがロングコースと返答し、
茂木町 生井付近までの8kmコースが大瀬観光やな 手前までの約14km位に変更。

まずは本日一番の難所「旧宮境橋 堰堤」まで車で移動し陸から堰堤の視察。
その後「龍門の瀧」などを見ながら車の回送をし10:00位から宮原キャンプ場スタート。
l_6e26337b378b9bbc2d041a44c585123c0cf51d76.jpg

1日目と同様に川の中は遡上している鮭、産卵を終えた鮭が多数いて
岸よりの浅いところをカヤックで通ると鮭が逃げるので初めは鮭の多さにビックリしたが、
途中からはむしろ鮭に申し訳なく鮭の邪魔にならないよう漕いだ位鮭が多い!
l_65b74032aca7a46e3fb93ee889f8317c499ae9de.jpg


キャンプ場から漕いで約20分位で本日最大の難所「旧宮境橋 堰堤」。
まずは、手前で一度陸に上がりスカウティング。
アンディさん、たまひよさんはそのまま堰堤を下る。まっつんさんはポーテージ。
自分は最後まで悩んだが、那珂川初ダウンリバー記念と行けるのではないかと思い
堰堤に挑戦。
御岳みたいに水量が多くなかったので40cm位のちょっとした滝落ちにはビビりましたが
無事通過。(パドジャケでの沈脱は冷たすぎるので無事通過出来て一安心)

その後はゆったりダウンリバーをしながら紅葉見物。
l_40956aa97c049445543d96c3b75bc482d8dc3f4f.jpg

岸にいる釣り師についてはリーダー・アンディさんがいち早く発見し
パドルサインで合図を頂けるので安心して川を下ることが出来ました。

自分が下ったことがある御岳や長瀞と違い川の水深が浅く、
油断していると川の石に乗り上げバランスを崩しそうになりながらも
なんとか当初ゴールを予定していた「茂木町 生井付近」の手前まで来ました。
しかしここで本日最大の事件発生!まっつんさんが川幅が狭くなったところで沈脱。
脱した後に川に浮かんでいるとフルドライのチャックがきちんと締まってなかったようで
ドライの中に水が入ってしまった。
その後気を取り直して再度漕ぎ始めるが先ほどのショックが尾を引いているようで、
まともや沈脱。2度目の沈脱で気力が無くなり当初ゴールを予定していた「茂木町 生井付近」で
本日のダウンリバーは終了。(たまひよさんも終了)
アンディさんと僕はそのまま車を置いた地点までダウンリバー。
すでに3時に近い時間だったので急いで漕いでゴール地点に向かい急いで回送。
ここで全員で着替えて本当にツアー完了!

リーダーのアンディさんはじめ参加の皆様、ありがとうございました。


○参加メンバー アンディー(L)/ たまひよ / まっつん / a-g(レポート)

(up&差し入れw : いばさく)