14/05/10 クリトラ・丹波川ツアー

TeamBabyTrout内プチクリークチーム「クリトラ」今年もいよいよ始動です。
まずはホーム?丹波川から!

2014-5-10(土) 晴れ
丹波山 水位-0.59m

昨年10月の丹波川クリトラ初参加から2回目の挑戦となりました。
カメラマンということで、今回もアンディがレポートさせていただきます!

天候は快晴、新緑豊かで気持ちよく下れる季節になりました。
御岳で集合後、丹波川に向かいます。

綾織橋付近からアッパーセクション核心部をメンバー全員で真剣にスカウティングします。
初めてのときほど緊張はしていないものの、道路から見ただけでも正直びびりました。

DSC06724.jpg


今回のスタートは、アッパーよりさらに上流の牛金淵セクションとのこと。
そう、今回は牛金淵~アッパー~ミドル~ロワとフルコースなのです!


スタート地点でパシャリ、みんな元気です(笑)
DSC06739.jpg

落差は少ないもののごつごつした岩の間をぬって下っていきます。
DSC06745.jpg


牛金淵セクションの核心部です。右岸からスカウティングです。
最後に大きい落ち込みとホワイトが待ってます。瀬を過ぎたあとは、瀞場とのことで少し安心。
DSC06747.jpg


ベテランのゲストさんに続き、アニーが出動!
DSC06754.jpg
DSC06755.jpg



続いて、マッキー!
DSC06757.jpg
DSC06759.jpg



次は、たかさん!
DSC06760.jpg
DSC06761.jpg


お次はコウさん!
DSC06764.jpg
DSC06766.jpg



ということで、みなさん無難に下りていきます。


最後は私です。
自分の表現でいうと
「棚田を左右交互にストンストンとリズミカルに落ちていく感覚」なのですが、
あろうことに最後の大きな落ち込み3つくらい手前で転覆、
セットをしたときには岩がゴリゴリこすり始めて間に合いませんでした。
やはり、びびって後傾になっていたんでしょう!

でもメンバーの迅速なレスキューもあり一息つきます。

核心部を過ぎるとしばしの静寂です。
DSC06768.jpg



まだ先の見えない瀬は続きます。
少し大きめのドロップで沈。
急に暗闇になったので慌てて脱ってしまいましたが、
険悪ではなかったので落ち着いてロールすべきでした。反省ですね。


続いて、アッパーセクションの核心部です。
上流側にログが入っているのもあり、前半はポーテージです。
DSC06789.jpg
DSC06791.jpg



核心部の途中からスタートですが、テクニカルな落ち込みです。
最後の一漕ぎをしないとささるように落ちてしまいます。全員無事クリア!


核心部の後、小さいドロップはなごみます。
DSC06805.jpg



当初の予定から変更となってしまいますが、
ミドルセクションのスタート地点で私だけ離脱することにしました。
前回の初丹波でこの下の区間は下ってるし、無理をしないのが第一ということで。


ミドルセクションスタート直後の瀬は本流上に大きなログが入っており
そのコースは通れません。
船越橋の上からみんなを見送りました


ここからは、リーダーを務めたコウがレポートします。
*カメラが壊れてしまって映像はありません。

ミドルセクションは距離が長いのでサクサク下ります。
ミドルの核心部は落差2mほどあるドロップですが、
先週も来てるしよく知っているということでノースカウティング。
ところが、先行者から慌ててストップサイン。
改めて見ればドロップ下にログが入っています。
一人はポーテージ、他はルートを選んで安全第一に降下しました。
この季節、特に今年は大雪の影響で上流にも倒木が多くログ予備軍が控えています。
全てのログが奥多摩湖に流れ着くまで、暫くは注意する必要があります。

丹波中学校裏の管理釣り場の河原でミドルセクション終了。
協議の結果、ロワセクションに転戦します。
時間が押しており車で移動してロワの中間地点から再スタート。
ロワの後半部分には、核心部を含む面白セクション満載です。
漕ぎ時間は40分程度ですが、それでもゴール到着が5時を回りました。
陽が高い季節で良かったです。

ロワまで下って大満足のみんな!
お疲れ様でした!!
DSC06843.jpg



○参加メンバー
コウ(L)、アニー、マッキー、たか、ゲストYさん、アンディ

レポート:アンディ(前半)・コウ(後半)  (up:いばさく)