2013/11/09.10 中部遠征 ~木曽川・南木曽セクション~

今回は木曽川上流セクションへの遠征。
この遠征で大いに活躍?したシゲさんからのレポートです。
******************************

2013.11.09~10


どうもシゲです。
11/09〜11/10、中部地方に遠征行ってきました〜
あんまりヤバイところにいくとなると私じゃまだお邪魔になっちゃうんで、
どんな川に行くのか聞いてみると
「ダッキーの方もいるし、あのホワイトウォーターの聖地長良川にもいく。
 ちょっと簡単過ぎかも」
とのことで参加決定!
前日「危なくなくてエキサイティングなところを要望しといたから」と
メール着信。
ちょっと!なんか怪しげな依頼しないで欲しいんですけど!
本当に危なくないよね??

長野県の伊那に9時集合、アテンドしてくれる中部支部長の金田さんと合流。
今日行く木曽川の注意事項を聞きます。
川幅が広いクリークで浅くて流速も早いんで、沈したらロールはできません。
ものをなくしても心を傷めないでください。
先日も船やパドルを流しました。どの区間いきます?
とのこと。

あれれ、それは要望とチト違う気が…
でも大丈夫、今日はベビ最高峰の技術を持つ屈強な人達と一緒なんで
何とかしてくれるので安心さ!と某副代表の顔を除くと微妙に引きつっている…
ムムム…


■1日目11/09 :木曽川南木曽区間ロワー
1.10~1.41@南木曽 柿其入口→天白公園 約5km 11:00~16:00

image (1)

念のため、安い方のパドルにて出発。
回送はちょうど川の横の国道を登って行って川がよく見えます。
なんだ、ゴルジュだったりしないのね。一安心。
よくみると瀬も大きそうに見えない。
ん、正直そんなハードでもないんじゃない?
ちょっとおどかしすぎじゃないですか?なんて思っていたら
私の心が読めるかのように、
「木曽川は上から見るのと全然違うのがまたマズイんですよね~」
と金田さん。

あらら、そうなの…

さー緊張しながら漕ぎ出します。
まずは、トロ場で、特に問題ありません。
しかししばらく進むと大きな岩がいくつもあって前が見えずに
落ち込んでいてスカウティング。

このルートはあそこに岩があるからダメ。
でも、こっちのルートは流れがあっちに行ってるからこのエディ取ることが条件。

俺はこう行くつもりだけどシゲさんどうする?
私は1段目のところで転けたらそのまま落ちちゃう気がするんで
向こうから斜めに入ってきて行こうと思いますけど如何?
ほー、なるほど…と喧喧諤諤。

ちょっと大きい船のアニーさんが切り込み隊長として一番難しいと思える
ヒーロールートに挑みます。
見事成功!お~。パフパフ。
船はリトルヒーローですが、ビックヒーローです。

トロ場と見えないのでスカウティング、を何度も繰り返して進んで行きます。
クリークは技術的にも船的にも避けてましたが、なかなか楽しいじゃないのよ。
なんておもいながら。

沈したのはヨネさんのダッキーがラップして見事に行く手を阻んでた時くらい。
ヨネさんなぜ、そこを塞いでるのよ~
それ以外は特に沈することもなく、終盤に来ました。

あー、もう終わりね。
なんて、おもいつつ、最後の瀬の前に辿り着きました。
皆が溜まっていて入れないので下のエディに入り、
皆のいる上流を見てどうするかを待ちます。

すると、止まりきれておらずに後ろ向きに流れに吸い込まれます。
後ろ向きに瀬なんて入ったらまずいと前を向いて、とやっていたら
流れに乗ってしまいました。
うーん、こうなりゃ、もう少し下のエディを取り直そうと下ります。

しかし、エディなんてありません。
ガンガン本流でしかも長い瀬が続いています。
まずい…大丈夫、今の俺なら乗り切れるさ!と思ったところで沈。
起きればいいさ。とロールセット。
岩が背中と腕と肩と頭に次々リズミカルにぶつかってきてロールセットを
させてくれませんが、それでも一年ベビに通い続けた今の私は起きます。
しかし、後ろ向き…次の瀬に吸い込まれてまた沈。もう1回…
とやっているうちに息が上がってきて最後のチャレンジするか?
いや、これ失敗したら水飲むな…脱出だ…

結局、脱出してしまった。ここはどんなとこだ?!幸いトロ場。
というか、だったら、もう一度チャレンジしとけば良かった…

しかし流れはボチボチあって川幅が広い、皆は瀬の上で見えもしない、
ヤバイな…皆気づいてくれてるかな…どっち岸に泳ごう…辿り着ける?
なんて思っていたら、水平線から一人のカヤッカーが瀬の岩を
右に左にターンして避けながら、私に向かってくるではないか!
瀬を下ってくるカヤッカーに後光がさして見えます。どうやら、助かった。
ヨシさんです。パドルと船離していいよ。
カッコいい。正直惚れかけました。

続いて、マッキーさんが後ろから来て指示を出します。
アニーさんや金田さんも。
陸に辿り着き、反対岸に橋を渡って船を取りに行きます。
あれ、船がない…
水が入りすぎて、運べなかったとのこと。えっ…マジ…

しかし、そこはちょうどゴール地点。下に堰があるから大丈夫。
車で取りに行くよ、でも、割れてるかも…とのこと。
流れたの…私の船…安いパドルだけが足元にいます。愕然…

この後の流れは、どんな状態なんだ!?
とさっき渡ってきた橋の少し下流にも橋があったので行ってみると、
ドンブラコと船が流れてる。まだ、こんなところにいるじゃないですか。
しかし、この先は流れが強い。
アニーさんと金田さんが車でちょうど私のいる橋に来ました。
この下にあります~!了解!とばかりにブーンと走って行きます。

うっ…どうやらさっき足を打ったようだ、チト痛い。
でもそんなこと言ってられない。私は川岸を走ります。
だめだ、ながれが早くて見失います。
しかし、しばらく走るとちょうど、流れている方と行き止まりになっているところに
別れていて、この先は曲がりくねり、さらに流速が早くて岩々です。
流れている方にいっていたら、無事には戻らんな…しかも、流れてる方が本流だ…

ん、あそこにあるのはなんだ?船だ!行き止まりの方に私の船がいます。
うーん、良かった、良かった。涙

どうもどうもすいませーん。
船みっけました~と探しに行ってくれている人達に連絡し、撤収と。

帰り道。
「この上の区間も下れてそっちはクリーク入門ですね、
今度はそっちも下ってみてください」と金田さん。
いや、私、初心者なんで簡単な方お願いしたはずなんですが…苦笑

さー気を取り直して明日は長良川だ。ここに比べれば簡単だ。
まずは、銭湯にて汗を流しつつ明日の行動を話します。
明日はアッパー行くからとアニーさん。
ふぇ?長良でしょ?
だって、救出と船探しに時間掛かったからさ。
あーそれを言われると…

■2日目11/10:木曽川南木曽区間アッパー
1.56~1.20@南木曽 ダム→柿其入口 約5km 09:00~13:00

image.jpg

ということで、なぜか、また、木曽川。
昨日と風景が結構違います。
穏やかな感じで一安心。そう、ここの区間は入門編。
しかし、しばらく進むといきなり、1mのドロップがあります。
ムム、昨日とあまり、違いない感じになってきた。

マッキーさんが先に行って下で手を伸ばしてます。
ん、待ったなのかゴーなのかどっち?
○ですか?とパドルをおいてサインを出したらパドルが流れた~。
ヤバイとハンドパドルで追いかけてドロップ2m前で
ギリギリパドルをキャッチして見事に着水。
フ~。お~ヤンヤヤンヤ。
シゲさんがパドルなしでいくとこみたかったな~!
いや、ナシはダメでしょ!別に受け狙ってないし。
と言った感じで進んで行きます。

水位にもよるのか全然昨日より簡単ということはありません。

最後にもまた1.5mのドロップが。ドロップ後の下にも石が見えています。
ヤバイ感じで皆ポーテージ。
ポーテージが決まると皆緊張から解放されて穏やかになりますが
ヨシさんは気合が入った顔のまま。
どうしたんですか?おれ行く!マジ?
ヤーの掛け声と共に飛びます。ヒューヒューだよ。大成功!
これにて終了。

image (1)

2日目は何気に私も沈なし。
なんせヤバイとこ4箇所全部ポーテージしましたから。
チキンですけど何か問題でも?

うー、楽しかった~。
あ、楽しんでたのがバレるとまた、ヤバイとこに連れてかれるんで内緒ですけどもw



○参加メンバー
金田さん(アテンド)
ヨシさん(L)
マッキーさん
アニーさん
シゲ
ゲスト:ヨネさん

レポート&画像:シゲ (up:いばさく)