13/08/04~05 秋田・オボナイ遠征

2013/08/03~04


秋田県のオボナイウェーブに遠征してきました。

レポートの前にまずはオボナイの概略について説明します。
田沢湖の水を発電用に引き込んでいる生保内(おぼない)発電所の
放水口の真下にオボナイウェーブはあります。
ウェーブの真横に広いエディと車を沢山置けるスペースが在ります。
一方、迷惑を掛けそうな近隣の住民が居ないので絶好の
カヤックスポットと言えます。

放水口からはコバルトブルーに染まった水が放水されるので
初めて行った時には綺麗な青色の流れに驚かされます。
放水口は3箇所あって、東北電力管内の電力需要が多いと
3箇所全てから放水が行われ少ないと2箇所以下からの放水となります。
ここで重要なのは
「3箇所から放水されるとウェーブが出現する」という事です。
P8040879.jpg

放水の予定などの情報は特に公開されていないみたいなので、
遊べるかどうかは行ってみないと分からないです。
なので、今、何本の放水が行われているかといった話が
カヤッカーの間でよく遣り取りされています。
そういう訳で発電量が多くなり3本放水の確率が高くなる夏の時期に
多くのカヤッカーが遠征してきます。

今回の遠征メンバーは、代表のいばさくさん、その相方のつ・あさん、
オボナイ大好きなペーさん、と私(川嶋(わ))です。



8/3(土)
JR栃木駅前に朝6時にいばさくさんと合流して出発。
11時に盛岡市内の人気焼肉店「髭」にて、ぺーさんと合流して昼食。
お昼頃オボナイに到着しました。この時の放水はまだ2本・・・でした。
暑くなってきたので午後1時からの3本放水を期待しましたが、
この日は2本放水のままでした。
なので、ここから下流域のダウンリバーをしました。
P8030865.jpg
P8030872.jpg

ウェーブやホールを拾いながらのんびりと漕いで本日は終了です。
実は前日もバリバリ漕いだので、個人的にはいい休養となりました。

ゆぽぽ温泉に行ってから晩御飯は角館の田んぼの真ん中にある
「樫食堂」へ行きました。ここでつ・あさんと合流です。
樫 カンパイ3
地元の皆さん、遠征したきた皆さんと大いに盛り上がりました。
鹿肉のローストや焼肉が美味しくてたまりません。
日本酒も美味くて飲み過ぎたため、いつも通り私は早々にダウンしました。


8/4(日)
泊まりは最近予約が取りにくくなってきた農家民宿でした。
いおり朝食
一回り大きい卵、カボチャの煮物、モロヘイヤのおひたし、
焼き茄子、メロン等々・・・
朝から美味しいけれど食べきれないほど沢山出てきました。

お腹もいっぱいになったので漕ぐ気力は満々です。
東北地方も梅雨が明けたらしいと気象庁が発表したと
朝のニュースで言っていたので、
今日は朝から3本放水を期待していましたが残念ながら2本でした。
色々検討した結果、午前中は近くの夏瀬区間を下りました。
P8040876.jpg
癒しの川でした。

戻ってきて午後1時よりついに3本放水開始!!ウェーブが出てきました。
このウェーブ、技を仕掛ける場所に行けないと何も出来ないといった感じで、
慣れないとかなり難しいです。
私はショボいライドしか出来ませんでしたが、
今日のぺーさんはブラントをバンバン決めてました。去年とは全くの別人でした。
いばさくさん、つ・あさんも攻めのライドです。
P8040881.jpg
P8040895.jpg
P1040432.jpg


個人的にバウステ10秒の課題を出されていた私は静水練習もそれなりに。
しかしいいとこ5秒です。
P8040885.jpg
それでもスラスターが必須アイテムとわかっただけでも進歩がありました。


3本放水も午後4時には終わってしまい本日は終了です。
そのあと東風(だし)の湯につかり、帰路につきました。

たった3時間しかウェーブに乗れませんでしたが、
今回の遠征も秋田を十分に堪能しとても楽しかったです。
また来年。


○参加メンバー いばさく/ぺー/つ・あ/川嶋(わ)
レポート:川嶋(わ) (画像:いばさく)