2017/08/31 木曜漕ぎ 御岳

今日はヨシさん、クーさん、私の3人でした。

2017083101

開始時の天気は曇りで小雨が降ったり止んだり。

台風の影響でどんよりしていて、8月最終日なのに涼しいです。
2017083102


水は先週より減りました。

レベルによって感じ方が変わると思いますが、減ったおかげで遊べる所が増えてます。


どこでも貸し切り状態なので、スポットでは休む暇なく回ってきます。順番でもすぐ落とされるだけなのですが、、、

2017083103

放水口からテニスコートまでのダウンリバー、とてもいい水位でした。


ゴールしたら雨が強くなってきて、

あたる雨が冷たく、早めに着替えて終了です。

参加メンバー
 ヨシ(L)
 クー
 マサ(文)

2017/08/26  月例会(初心者体験組)

初心者のお二人 トモ&ディーンさんを迎えての白丸湖体験&練習会。
ベテランベビトラ講師コウさんのサポートをさせていただきました。

①DSC01916_R[1]_R

白丸ダムはそれなりに放流中らしいので、出だしポイントは結構浅くなります。
初めて川なり、湖に出るときってめっちゃ緊張するんですよね。

③DSC01915_R[1]_R

自分もそんなことがあったなーと思いつつ、二人の入水を見守ります。
プチドライエントリーな感じでかっこよく飛び込んでいきました。
さすが沖縄での漕ぎ漕ぎ経験者です。

②DSC01921_R[1]_R

ディーンさんの漕ぎ頼もしいです!うわーパワフル(^^♪
ともさんもときどきまっすぐ進まないのに苦心しますが、スィープでスムーズに転回していきます。(最近の体験者レベル高い・・・(;´・ω・)汗w)

④DSC01923_R[1]_R

引き続き、コウさんの耳にも体にも染み渡る指導テクでみるみる上達。傍らで見守り&撮影隊の私もうれしくなってきます。一番楽しいのは体験のお二人のはずですが。

⑤DSC01925_R[1]_R

まっすぐ進まなくてもいいけど、まっすぐ進む練習、なんだかよくわからないけどみんなこれから始まります。そして悩みます。

⑥DSC01956_R[1]_R

下流のダム方面も散策し、ランチになりました。

⑦DSC01937_R[1]_R

するとSUPでワンちゃん大舞台組、可愛いし、SUP天国になってきましたね。
もちろん、カヤック組の方もたくさんいらっしゃいまして、大賑わいの白丸湖です。

⑧DSC01934_R[1]_R

途中、靄も立ち込め幻想的な中、無人のプールが漂流(お魚入り)してくるなど面白い体験も。

⑨DSC01939_R[1]_R

後半は、上流の緩い流れの漕ぎ上がり&フェリーグライド練習。これがこれからの川下りの礎となります(必死に頑張ります)
頑張りすぎて、ディーンさんは初沈!本人はくやしいでしょうが、私的にはおめでとう
(だって誰もが通る登竜門ですからね)
Go For It!!

⑩DSC01935_R[1]_R

最後に今日のポイントの復習と恒例好評の鬼ごっこ。
上り坂を登る体力のことは忘れて、はしゃぎまくります。
遊びすぎてバテバテになりましたが、楽しい1日でした。

⑪DSC01960_R[1]_R

お二人とも素晴らしい感性を持っているので、近日の川下り!楽しみにしてますよー。

ご夫婦で参加されたトモ/ディーンさん。
ベビトラにコンタクトいただいた奥様/トモさんから感想をいただきました。

ベビトラの皆さん、温かく迎えていただきありがとうございました。
ここで使用したカヤックが想像していたものより短かったことに驚きました。回転・転覆もしやすく、最初は恐怖でしたが慣れていくうちに楽しさに変わっていきました。私は体の構造上(?)冷えにとっても弱いので極力転覆はしたくはないのですが、避けて通れない道のようなので次回は覚悟を持って挑まなくてはと思っております。
辛かったことは、転覆していたらその寒さが一番だったと思いますが、なかったので 一番はカヤックを担いで崖を上り下りしたことです。昨日から骨にしみる痛みが肩に残っています。足腰もカヤックを出た直後から筋肉痛が出たので日頃いかに怠けているか痛感いたしました。

⑫DSC01947_R[1]_R

とっても細かく教えていただけたのに、言われたようになかなか出来ず悔しい思いもしましたが、その分出来た時の喜びが格段に上がるので「またやりたいな!(落ちなければ)」と感じさせてくれました。
ゲリラ豪雨もなく、雲一つないカンカン照り(こういう日は肌の白い主人が大変なんです…)でもなく、本当によかったです。
寒くならないうちに、また感覚を忘れないうちに行けたらなと思っております。

そしてアメリカ人のご主人ディーンさんの感想文はもちろん英文です。(笑)

This kayaking experience was wonderful. We first met at an area by a river, which was a really pretty setting, albeit a little difficult to get to. At this location, we had introductions and a short briefing to go over what was needed to know for a safe enjoyable time. The guides were very nice and informative. My wife and I were in the beginner’s group, which ended up being a good thing.

⑬DSC01955_R[1]_R

After the short introductions to the guides, other customers, and the safety briefing, we headed out to get our kayaks and gear. It was fairly quick, we were fitted for gear and we took our kayaks and headed to the still waters where the beginners learn and practice kayaking. When we first got there, we made sure everything fit and was comfortable. We then stretched and got everything on, then we picked up our kayaks and paddles and headed to the waters. The guides were very informative and we practiced a lot different aspect of river kayaking from balance, strokes of the paddle, how to cross currents, how to turn, and I got practice in what to do when you flip your kayak over. The whole time the guides were very nice and helpful in teaching us different things, and were fun to learn from and funny. Kousan and Andy were great guides, and My wife and I really enjoyed.

-参加者-
トモ&ディーン
コウ(L)
アンディ(記&サポート)

2017/08/26  月例会(初級者組)

初級者まいけるは7/22の月例会以来の参加。どうやら前回習ったことの半分は忘れ去られてしまったような…

DSCF3089_R.jpg

さて、気をとりなおして漕ぎ上がり、流れへ出てからのエディキャッチ、そしてフェリーグライドと復習していきます。例にもれず一度は泳いで♬(笑)

放水口組が合流して、いざ!みそぎの瀬へ。ここは、朝の下見でポーテージする予定だったのですが本人はやる気満々。それならばとレスキュー体制をとりGOサイン。

DSCF3102_R.jpg

後少しでクリア!という所でチーン。練習しましょう!

DSCF3104_R.jpg

暫しのお昼休憩の後、軍畑大橋下のザラ瀬へ突入。前回は浅すぎてポーテージしましたが、今回の水位ならとGOサイン。
んーここも半分くらいでチーン。実に惜しい所で右パドルが抜けているようですよ〜
ただし、泳ぎ方には上達が見られ、足をしっかり上げたディフェンシブなスイムが完成されてますw

軍畑でBBQのニオイを嗅ぎながら再乗艇。次は三段の堰とその下の大岩…ここも前回はポーテージしてますがGO〜♬
堰は上手に右岸側からクリアしたのですが、ここも大岩手前でチーン^^;
右パドルですよ〜!

三度のスイムを反省します!とばかりに飛び込みを…

DSCF3107_R.jpg

飛び込みというよりずり落ち?(笑)

DSCF3110_R.jpg

そんなこんなで無事にテニスコートのゴールへ着きましたが、そこでは念願のロールの練習。でも疲れ切っていて身体が動いてませんよ??動きだけ確認して終了としました。

続けて練習しないことにはなかなか上達できないことを実感した今日…内に秘めたるライバルもいるようなので、負けないためにもベビ漕ぎに積極参加してくださいね〜。
待ってます♡

-参加者-
まいける
アニー(Lおよびレポート)

2017/08/26  月例会(放水口DR組)

放水口〜テニスコートまでのDR組です。雨の恵みで水量も上がりいつもと違う御岳になる予感。今回も、新メンバーが加わりベビトラの活性化(若返り)が感じられますね。

①DSCF3089_R

さて放水口組集合写真のあとスタートです。

②DSCF3091_R

いつものすぐにあるウエーブもほどんど潰れているので軽め遊んで降り始めます。流れが早いので三岩まであっという間ですね。

③DSCF3092_R

いつものエディキャッチを試みますが、まだパーフェクト(5箇所)は取れませんね。今回の水量では1個目から取れませんでした。練習あるのみです。

④DSCF3093_R

パックラフトのSaGiさんが本日のリーダー。月例会の皆勤賞が続いております。何やら、今シーズンのベビトラ新人賞を争っているとか??(笑)

⑤DSCF3101_R

寒山寺からは、初級者組のアニーさん・まいけるさんも合流してどんどん下ります。

⑥DSCF3102_R

禊の瀬、ルーキーまいけるの挑戦見てました。前回はだいぶ上流で撃沈したらしいですが、今回は最後の核心部が軽めのストッパーを超えて…、行けたーと思ったら最後の小波で沈(あれ?)→脱でしたね。

⑦DSCF3104_R

昼食を食べて、その後もスイスイ下ります。途中、岩飛び込みしたり、いつもと違うウェーブに乗ったり、、しながらテニスコートへゴール。

⑧DSCF3111_R

今回も楽しいカヤックごちそうさまでした!

本日初参加/カドさんの感想です。
初めまして。門崎です。
転勤で関西から引っ越してきてから約1ヶ月ぶりのカヤックでした。
フィッティングでは度重なる歓送迎会のおかげで体重が増えたことを感じ、一方でバウとスターンが刺さるかというとそうでもない、なんとも頂けないコンディションでしたが、初めての御岳、楽しく漕ぐことができました。

⑨DSCF3095_R

まず、関西と比べると人が多い。行水客もそうですがカヤッカーも多く盛り上がりを感じるフィールドでした。
川自体は瀞場が少なく岩が多い。関西では美味しいエディやスポットは全部舐めろと指導されてきた私は、前半でもうお腹いっぱいの満足感に浸っておりました。
しかし、そこは初めてのフィールド、とあるスポットで沈をかまし、岩に頭をぶつけ少し冷静になりました。
月例会も含め慣れない環境、パーティで安全に川下りをするための行動を省みるいい機会でした。
今後も積極的に参加したいです。

-参加者-
まめ
ナベ
シゲ
SaGi
カド(初参加)
おーの(レポート)
こば(L)
アニー(初級者組)
まいける(初級者組)

2017/08/26  月例会まえの早起きDR

8月も下旬に差し掛かると、午前4時自宅出発の際に周囲はまだ薄暗く、学生時代のクラブ活動早朝練習の様相を呈していました。「正直辛い!」

放水口に事前に艇ギアを置き、6:30テニスコート集合、7:00放水口スタートする頃にはお日様も顔をのぞかせ、気持ちいい風と少しの静寂のなか、ゲレンデコンディションはまずまずの水量と、鮎釣り師・ラフティングのお客様も見当たらず、テンションMAXに達しました。「これやからカヌーはやめられない」

⓪DSCF3074_R

本日の早起き参加者はアニーさん、コウさん、キュウさん、おーのさん、SaGiさん、ゲスト1名とコバの7名で、放水口からテニスコートまでを各々楽しみました。先ずはいつものように放水口でメンバー撮影。

①DSCF3072_R

カップスターの瀬やスタートの瀬では各々サーフィンやホールを楽しみ、様々なエディーをキャッチしながら下って行きました。アニーさんやゲストさんは実に巧みに各エディーをキャッチしていくのに比べ、まだまだ私は修行が足らないようです。

②DSCF3081_R

みそぎの瀬では1段目のホールでバウからタテ回転させる大技をしているカヤッカーがいましたが、ここでアニーさんの「こばちゃんもあの技してみたら」という悪魔のささやきがあり、調子に乗って出来もしない技にトライして敢え無く撃沈、3回のロール失敗のあと岩にヘルメットをぶつけ戦意喪失、御岳では初の沈脱スイミングとなりました。

③DSCF3084_R

その後もエディーキャッチを練習しながら無事テニスコートに到着しました。久しぶりの増水したコースの為か、渇水の御岳しか知らなかった私にとっては、全く別の表情を見せるコースでとても新鮮でした。皆さんお付き合いいただきありがとうございます。

④DSCF3078_R

追伸。この後に月例会。もう一本放水口~テニスコートは正直キツイ。再び学生時代のクラブ活動の辛さを思い出しました。「けどやっぱりカヌーは楽しい~。」

-参加者-
コウ
キュウ
おーの
SaGi
ゲスト1名
こば(レポート)
アニー(L)

2017/08/24 木曜漕ぎ<御岳ロング>

平日ですが
4名も集まりました!

水が多めなので
簡保まで漕ぎました。

流れが早くて
いつもより迫力があり
楽しい!
2017082401

気温は35度になると言う事ですが、
川の上は快適そのもの!
2017082402

水は良い感じなのに
貸し切りでした!
2017082403

天気も最高で
たまには泳ぐかたもいて

長い距離を楽しんで
終了です!

参加メンバー
 マサ
 ヨネ
 クー
 ヨシ(文L)

2017/8/19  増水御岳をDR

8月19日(土)くもり
今日は放水口からかんぽまでの増水御岳ロングDR。調布橋 水位 -2.09m付近
メンバーはアンディ(リーダー)、なぎさん、みちこ、オレの4名と少人数のパーティ。
オレ自身、放水口からのDRは数えきれないほど経験しているが、増水DRは今回が初めて、加えてかんぽまでの行程も初めてと初めてづくし。期待が高まるぅ。

l_cbd86237d9ed03a0a17838d846b1804522015270[1]_R

集合時間の1時間前に集合場所に行っているとのアンディからのMLを受けて予定30前には全員集合、さすが!!
夕方からの天気予報は荒れそうだったので、サクサク下ろうと着替えを済ませスタート地点である放水口へ。
それにしてもラフトの数がハンパなく多い。ラフトの合間を縫ってDRスタート。

l_cff4619a1740314265cfc610e5fd418f4fa598f9[1]_R

カップスター、三岩、歯っかけといつもと違う水量、景色、久しぶりに感じる白波の浮遊感、思った場所にエディキャッチが出来ず落とされたり、ボイルにスタンを食われ沈しそうになる感覚を楽しみながらどんどん下っていきます。

l_dd36664eea20145952f676791d8b91ec7a2df795[1]_R

ウェーブホイールを試してもバウが川底に触れる心配もなく楽しい・楽しい。
(しかし、この調子の乗った行動で体に異変が・・気持ち悪っ、船酔いです。クランク下とゴール手前で休憩をとるハメに、皆さんご迷惑かけました。次回は酔い止めを飲んで参加します。)

l_94558b5a494e74adfee15b2e4ba44eddd21779b5[1]_R

それはさておき、みそぎ、エンダーポイントと更に先を急ぎます。定番スポットは潰れて無くなっているけど、増水ならではの至る所にプチウェーブやプチフォールが出来ていてそれぞれ思い思いに楽しんでいるようです。
軍畑手前のザラ瀬もスイスイ下れます。ストレスなし。

l_865ce55c9f543f20ac38940c55fe055720e06ca2[1]_R

いつもこれくらいの水位があれば楽しいしDRスキルは確実に上がるのにな~と思いつつ中間地点であるテニスコートを目指します。
テニスコートからかんぽまでは、あれだけ居たラフトもほぼゼロ、4人だけの貸切状態。人工物が殆どなく北海道の千歳川や尻別川のDRを思い出しながら気持ちの良いDRを楽しみます。サギや低空飛行する猛禽類に加えカワセミにも出会えた。さすが御岳、多摩川上流だ。

l_f8681b987d9c4ed70acba1434196dbf94393d014[1]_R

なんだかんだであっと言う間にゴール。手前のかんぽウェーブで最後のお遊び、若干潰れ気味なのか難しいけどそれなりに楽しめます。俺もDR途中でマジ沈をしたけど、なぎさん、見ましたよ。最後の最後にマジ沈しているところを!!

l_e9dcb7844acf31e06d6aff07ec2e67997ec94740[1]_R

怪我もなく今回のイベントは無事終了、天気も何とかもちましたね。
次回の増水時にまたやりましょう~!!

参加者(敬称略)
なぎ
みちこ
支部長(レポート)
アンディ(L)

2017/08/11 山の日漕ぎ<初級者ダウンリバー>

山の日と言ったら、
山の近くにある川ですね。

初級者の練習の為
川へ!
その前に
ダウンリバーして
楽しんだので、
お次は初級者とダウンリバーでした。
20170811_11

水は少し多めだけど
岩も隠れて
良い感じになります。

参加の初級者はお一人でしたが、
声かけにこたえてくれて
他にも3名来てくれました。
20170811_12

ベビトラの初級者に対する
愛情が見られますね!

まずは練習しました。

釣り師の方もいましたが
問題なく出来ました。
20170811_13

失敗して泳いでも
夏なら大丈夫!

そして
ダウンリバー
これが本番

説明しながら
練習しながら下って行きました。

流されても
サポートも大勢いましたので
無事にレスキュー完了

今回は、前回
歩いて行かなかったところもにも
挑戦しました。

結果は?
でも
レベルがまた上がったのは
間違いないです。

早めに時間にゴールしました。

本日は、ラフトも沢山出ていました。
次から次へと!

ラフトとも仲良く川を楽みました!

参加メンバー
 ポンダ
 なぎ
 ごまきち
 アンディ
 ヨシ(L・文)

2017/08/11 山の日漕ぎ<早起き>

8/11山の日、金曜早朝漕ぎ
 ヨシさんの呼びかけで金曜漕ぎの前に
下見を兼ねての早朝漕ぎ。
20170811_01

山の日はお盆の連休の初日。
少し余裕をみて早めに出るも、中央道既に大渋滞。
調布より乗るが府中で一般道へ。
6時30分集合に三分遅れで到着。
軍畑へ車を置き、放水口より下る。
早朝にもかかわらず、釣り人多し。
ヨシさんは金曜漕ぎのため早めに下る
というので、ヨシさんの後をついて下る。
20170811_02

他のメンバーは瀬遊びしながらとのこと。
台風の後の為か少し水多め。
歯欠の下で沈脱。ヨシさんにレスキューいただく。
その後も二回沈するがなんとかロールで上がる。
8時30分軍畑に上がり、私(クー)は帰路へ。
10時前に帰宅。
20170811_03

(ここからヨシ)
 山の日の早朝にも
かかわらず、大勢集まってくれました。
この時期の早朝は
気持ちいいですね!

参加者メンバー
 キュウ
 アンディ
 おーの
 アニー
 ヨシ(L)
 クー(文)

2017/8/6  早起き

月例会の朝は下見を兼ねた早起きトラウトがお約束ですね。今回は3名が名乗りをあげて下さいました。ロンドンで行われている世界陸上にちなんでウサイン・ボルトポーズで集合写真。残念ながら100mでの、日本勢の決勝進出も9秒台も実現しませんでしたね^^;

①DSCF2001_R

いつもより30分早い6時集合、6時半漕ぎ出し。朝早いのは確かに気持ちイイけど、自宅が遠いワタクシは今朝3時起きでした^^;

②DSCF2006_R

いつもより早く漕ぎ出したのは、寒山寺駐車場に一旦上がって「多摩川1万人清掃大会」に参加したためです。グラビティ後藤さんの呼び掛けに、カヤッカーが数多く参加されてました。

③20621184_1528757600496581_4199201712075232142_n[1]_R

皆さんカヤックに乗って、スプレースカートの上にゴミ袋を抱え、ゴミの溜まり易いエディの奥を物色したり、河原や中洲に上陸しての清掃活動を軍畑大橋まで。

④20604321_1528757993829875_7699975517775925410_n[1]_R

御岳は観光地として成熟しているのか、意外なほどゴミが少なかったですね。約20名のカヤッカーが、寒山寺~軍畑大橋までで収集したゴミの総量がコレですから…

⑤20604395_480235602335182_5635052630408063407_n[1]_R

なんとなく清々しい気分で終了して、月例会の集合場所テニスコートへと移動しました。

参加者(敬称略)
アンディ
コバ
コウ(リーダー&レポート担当)

2017/8/6  月例会

8/6(日) どんより曇り 湿度高めで蒸し暑い日

ベビトラ月例会です。
パックラフト3艇・プレイボート7艇の10名が大集合
そんな中、紅一点のワタクシ
私事ですが4年ぶりのカヤックでうれしさ半分&怖さ半分=緊張ドッキドキ
年齢層やや高めのメンバー(笑)と「はじめまして~」の方が多くすっかり「昔の人」です

①DSCF2016_R

全員で放水口からのダウンリバー。目指せテニスコート!
艇に乗り込む時のムギュと体を入れる感覚とか
スプレーをパンッパンッとはめていく音とか
全てが懐かしい~・・・

②DSCF2019_R

なによりも、このプカプカ浮力感とパドルから伝わる水の抵抗感と
そして川のにおい。 オー御岳よ~

③DSC01829_R_R

懐かしがっている場合じゃなく、ロール!ロール!
ダウンリバーが始まる前に、ロール練習。3連続ロールして心を落ち着かせる。
沈して体の天と地が逆になっている間の艇との一体感にも感無量。
目の前が水の泡だらけな感じも。

④DSC01828_R_R

さてスタートです。

皆さんの余裕が羨ましいぞ。私一人ガッチガチ。
出発して放水口すぐ下にホットなスポットがあり、人だかり。カヤックだかり。
御岳のにぎわい感じました。

⑤DSCF2037_R

さてさてどんどこ進んでいくのですが、いやはや思い出しました。
御岳って岩ゴツゴツのテクニカルコースだったんだった(><)
ピンポイント極小エディキャッチをキリッと決めれば格好もいいのだが
ダラダラ~と流れて締りのないキャッチにしかできてない・・・

DSCF2022_R.jpg

三つ岩をスカウティング。もードッキドキです。
安全コースで何とかこんとか。
歯欠け岩のあおり波を受け沈。きゃ~流水ロール実践→こちらも何とか。フ~。

⑦DSCF2029_R

その下の大きな岩エリアもスカウティング。
ここも安全コースを選択。
そんな緊張の岩場でもパックラフトはズンズン進む。無敵感満載。すごいです。
すでに体力の半分は川の流れとともにサラサラと流れてしまい
体力の無さを痛感していた時に「お昼休憩」の声♪ヤッター

⑧DSCF2031_R

後半戦は禊の上までスルスルと。
アンディがカメラを構えてくれているらしいが
自分のことで精一杯。進む先の波に集中。スルリと通過。ホッ
以前はもっと高低さがあって、波も高く大きかったような・・・?
けど、スポットでは遊ばず体力温存してました(笑)

⑨DSCF2039_R

軍畑前のガタガタ続く坂道のような所で、岩岩の洗礼を受けて
岩に乗り上げちゃったりしながら軍畑へ。
この頃からポツポツと雨が降ってきた。テニスコートまではもうひと漕ぎ。がんばれ。
どんどんと雨が強くなり、大粒の雨が川面を叩く。メットも叩かれる。

⑩DSC01864_R_R

ずぶ濡れになって(とっくにずぶ濡れなんだけど)ゴール到着。

⑪DSC01865_R_R

久しぶりのカヤックはやっぱりやっぱり楽しかったです!
今回は自分の事すらままならず、メンバーに気を配る余裕もありませんでした。
サポートの皆さんありがとうございました。
レポートも自分の事ばかりですみません。
次回はもう少し余裕をもって漕ぎたいナ。

皆さんお疲れ様でしたーー。
PS 思いっきり手漕ぎだったようで、両腕筋肉痛でダルダルです。

参加者(敬称略)
アンディ
ぺー
支部長
おーの
SaGi
ブンブン
コウ
かず(初参加の感想文)
みちこ(レポート)
コバ(リーダー)

次に初参加かずさんの感想です。

パックラフトで参加しましたカズです。

⑫かずさん_R

今日は色々と教えていただきありがとうございます。
カヤックのクイックな動きにあらためて驚きました。
川下りが目的なので、今のところゴムボートでいいかなと思ってます。
複数人数での川下りは楽しいですね。
次回もよろしくお願いします。

2017/08/03 木曜漕ぎ 御岳

久しぶりの木曜漕ぎでした。
20170803_01

最近、水が少なめでしたが、
本日は、いつもの水位に
戻っていて
楽しかった!
20170803_02

暑いときは、水遊びに限りますね!

暑ければ
水をかぶれば
良いので
川の上では快適です

平日なのに4名で
漕いで楽しみました。
20170803_03

早めに漕ぎ始めれば
もう一本できます

お二人は
もう少し漕ぐと言う事で
またスタート地点へ行きました

参加メンバー
 マサ
 ヨネ(サブ)
 アニー
 ヨシ(L・文)