2017/06/15 木曜漕ぎ

15日の木曜日は水上予定でしたが、御岳に変更していただきました。

今回はヨシさんと私(マサ)の二人だけでした。

20170615_01


ダウンリバーというより、ずーとスポットで遊んでいた感じです。

すべて貸し切りなので、休むヒマがありません。

前半で体力のほとんどを使い切ってしまいました。

20170615_02




今年の漕ぎペースは昨年より多めに漕いでますが、

上達の具合は自分では把握できていません。

帰り際にヨシさんから「うまくなった」と言っていただき、

にこやかに御岳を後にしました。

20170615_03



参加メンバー
〇 マサ(文)
〇 ヨシ(L)

2017/06/10  6月度月例会(御岳DR組)

梅雨にはいったというのに、ピーカンの夏日。気温がほどよくあがる中、寒山寺に集合して集合写真を撮ったのち、白丸組とダウンリバー組にわかれて6月月例会スタート。ダウンリバー組のレポートは、冬眠から目が覚めたらすでに夏日だった、2017年漕ぎ初めのカミヤがお送りします。

①DSCF5043_R

ダウンリバー組の参加メンバー
コウ(リーダー)
Andy
がくちち
キュウ
SaGi
こば
ゴマキチ
カミヤ(レポート)

ゴマキチさんは膝の故障のため、寒山寺から合流ということで、残りのメンバーは放水口へ。あったかい季節にしか漕がない自分にとっては実に約9カ月ぶり(!)の放水口。そういえば昨年の漕ぎ納めは、台風一過の増水中に早起きで参加して、実に10数年ぶりに泳いでたっぷり水を飲んだのが昨日のように思い起こされます。
さて気を取り直して、放水口より漕ぎだし。水はさすがに少ないですが、これでも先週よりは少し増したとのこと。ポカポカ日差しに半そでのラッシュガード1枚の夏気分でロール練習を数回やったら予想外に水が冷たい。冷えていく体と気持ちに負けないよう、こまめにフェリーグライド&エディキャッチ&ストリームイン&アウトなどと基本練習して体温をあげ、カップスターの瀬へ。

②IMG_7642(2)_R

ほどよいウェーブでみんなでサーフィン。新緑に囲まれての水遊びは最高ですね。SaGiさんもパックラフトですいすいサーフィン。

③IMG_7646_R

自分も久々にしては まあまあ乗れていて、体が覚えているようです(うまくはならないけど)。ハッカケの瀬に向かう途中には、アオサギがいたりカワガラスがいたりカワウがいたりと、バードウォッチングも楽しめました。
ハッカケの瀬では、キュウちゃんがスピンと縦スピンの回転ワザ(回されワザ?)で同行メンバーを驚かせる場面もありましたが、皆 無事クリア。タテチンの瀬の手前では、SaGiさんのパックラフトのために、AndyとSaGiさんで左岸側からスカウティングをするなど、カヤッカーとして忘れてはいけない模範的な行動も しっかり。

④IMG_7664_R

スカウティングの待ち時間には、がくちちさんがひたすらスピンの練習をするなど、さすがベビトラ常連さん、ストイックだなーと感心しました。しかしタテチンの瀬は水が少ないと確かにコース取りが難しいです。これ、ここでチンしたら、浅くてロールもできなさそうなので、相当な逆ヘッドバンキングを覚悟しないとダメですね。コース取り要注意。
のんびりエディーキャッチをしながら寒山寺へ。ここで待ちくたびれ気味のゴマキチさんと合流(おまたせしました)。寒山寺で昼食&記念撮影。

⑤IMG_7675_R

⑥DSCF5056_R

澤乃井園のお客さんも増えてきて、賑わいのシーズンを感じさせます。こんな夏日、カヤック後の一杯は旨いだろなー、一杯目はビールで二杯目は冷酒だな、などと妄想を膨らませつつ、ビキニを着たボンレスハムのような外人さん家族に目を奪われていたら、あっという間にミソギの瀬に着いてました。ここでもみなさん、楽しくウェーブで水遊び。仲良く並んでサーフィン三昧。こばさんは関西で鍛えていただけあって、1段目にも果敢に挑んでました。

⑦DSCF5060_R

自分はというと、カヤックでの1段目はちょっと怖いので、パックラフトをSaGiさんに借りてチャレンジ。このパックラフト、水面を思いのほかスイスイ漕ぎあがれます。2段目のサーフィンでうまくいったので、気を良くして1段目へ。お?なんか全然余裕な感じ? と思ってるうちに、ホールに引っ張り込まれてリーンもできず、あわあわしているうちに上沈です。

⑧DSCF5064_R

あら?ラフトでもひっくりかえるのね、と思いながら泳ぎました。サイブレスとスプレースカートがあれば思いっきりリーンをかけて1段目でも粘れるかもしれません。ホールに入ると、ラフトの底がボコボコ振動するのでロデオの馬乗りみたいで面白かったです。一瞬の喜びでしたけど。

⑨DSCF5065_R

そしてまた のんびりダウンリバー。後半の見どころは、テシタホールの がくちちさん。果敢にホールにはいっていい感じになりつつも 食われて上沈。ロールするも上がらず。ロール二回目、う~ん、頭が早くて決まらず。ロール三回目、まだいく! 三度目の正直、と思いきや またも惜しい。さあ、そろそろ脱か?と思ったところに、起死回生の四回目!見事にロールが決まりました! パチパチパチ! 歓声があがるも、がくちちさんは さすがにちょっとお疲れでしたね(笑)。あの根性、凄いです。いいものみました。

⑩DSCF5066_R

そしてゴールのテニスコートへ。バーベキュー客で賑わっているなか、ほどよい疲れと日差しに包まれながら、ダウンリバー組は解散となりました。梅雨にもかかわらず、夏日の陽気で最高の1日になりました。みなさん、お疲れ様でした。

2017/6/10  6月月例会レポート(初心者体験会)

日時: 2017年6月10日(土)
場所: 白丸湖
参加メンバー: ヨシさん、ペーさん、おーのさん、ポンダさん、たいちさん、つかささん、
コーシローさん、ヤマ(計8名)

①DSCF5042_R

6月10日実施の月例会の初心者体験会組について、ヤマがご報告させて頂きます。
寒山寺から車で白丸湖に向かい、白丸湖近くの陸上での安全講習と漕ぎ方の説明の後に白丸湖に降りて基本動作の練習をしました。

②P6100021_R

③P6100023_R

当日は最高気温が30度位まで上がり、陸地ではちょっと暑いくらいでしたが、水上だとちょうどいいくらいの気温で、カヤックの浮遊感も相まってとても気持ち良かったです。

④P6100057_R

その後、お昼休憩をはさんで上流に向かい、ちょっと流れがある所で流れに乗る練習をしました。ペーさん、ヨシさんがスイスイ乗りこなす中、初心者組は続々とひっくり返って、沈しちゃいました。

⑤P6100033_R

今回、半年以上空いての参加でちょっと不安な部分もありましたが、やっぱり最高に気持ち良くて楽しかったです。次こそは川に繰り出して流れに乗っていきたいです。

-続いて体験者4名の感想を載せます-

つかさです。楽しい体験ができました。ありがとうございました。
白丸湖での初心者体験会は天気も良く、同期のメンバーにも恵まれとても楽しくチャレンジできました。

⑥P6100035_R

講習は陸上でカヤックの用語や乗り方、沈脱方法の講義のあと湖へ!
ドキドキしながらカヤックに乗ってみると水面が近くてチョー気持ちいいo(^▽^)o
まだまだ思ったように漕げないけれど、早く川下りに挑戦したいです。

----------

ポンダです。月例会に参加させて頂きありがとうございました。
まるっきり生まれて初めてのカヤック体験でした。
各種部位の呼び名から、乗り方、漕ぎ方2種類、沈脱迄経験出来ました。
カヤックに乗り込んだ時、もっと窮屈だったりするのかと想像していましたが、想像よりも乗り心地が良かったです。

⑦P6100029_R

自然の中、木々に囲まれている中で、浮いている事が気持ち良かったです。
恐怖は、少しありました。沈する恐怖です。
真っ直ぐに進む事が、こんなに難しいとは思わなかったです。
川の流れのある所を目指して移動する時や、その流れに入っていって、流れる時の気分は最高でした。
次回も、参加させて頂きたいです。今後ともよろしくお願いいたします。

----------

たいちです。先日はありがとうございました。
【3つの衝撃】
沈脱3回。初めてとはいえ多いと思う。
事前説明を終え、カヤックに乗り待ちをしていると、遂に自分の番になった。
おーのさんに支えて貰いながら、不安定なカヤックに恐る恐る乗る。時間をかけてスプレーを付け…やっと乗れた。水面に出て、バランスを取りながらゆっくりと漕ぎ始めると、湖の上には爽やかな風が流れ、気持ちよかった。
少しカヤックを進めてから見回すと、当然大自然が目に入り、自然の中でゆったりとカヤックを漕ぐ快感に衝撃を感じた。

⑧P6100032_R

最初は乗るのも苦労していたが、次第に慣れ始めると、湖をただ漕ぐだけでは物足りなくなってしまった。
ふとここで、始める前に教えてもらった沈脱時の対処法を思い出していた。
ヨシさんに「ここで沈脱したらどうすればよいですか?」と訊き、「ボートを持って岸まで泳ぐ」とのことだったので、岸の近くまで行ってから沈脱してみた。
想定していたとは言え、顔に当たる水に驚きつつも、何とか手順を思いだし沈脱。パドルをしっかり握りながら、ボートに掴まり、ばた足をする。
全く進まない。衝撃的なことに、泳ぎ方を忘れているのである。
なんとか岸に上がり、中に入った水を抜き、もう一度カヤックに乗る。沈脱後の面倒臭さを感じ、極力避けたいと思ったが、まさかこの後2回も沈脱するとは思っていなかった。

⑨P6100042_R

その後少し上流に漕ぎあがり、流されつつも流れのある場所まで来た。
流れに入った時の急に加速する感覚に驚きながらも、しっかりと乗れた快感は衝撃的であった。
次はもっと深く入ってみようと思い、また登る。
流れに深く入った瞬間、大きく揺さぶられ、あえなく沈脱。想定していなかった沈脱に一瞬パニックになり、スプレーを外すのに苦労する。
何よりも沈脱したことが悔しく、もう一度深く入ってみる。
またもや沈脱。しかし、今回はスプレーをすぐに外すことができた。
その後はゆったりと流れを下り、秋はまた綺麗だろうなーと思いながら美しい大自然に酔いながら戻った。
沈脱3回とメンバーでは一番多かったが、それ故にカヤックの奥深さを感じ、是非また次回も参加したいと思った。
それ以上に自分で道具を揃えて練習したいと思ったが、車が必要なのがどうしてもネックである。
何はともあれ最高の経験でした。ありがとうございます!次回は流れのある場所に挑戦したい。またよろしくお願いします!!

----------

コーシローです。
カヤック体験では白丸湖、初めてでして湖までの行き来で己の体力低下を痛感いたしました(笑)
しかしインストラクターのヨシさんやおーのさんはじめ参加された方々が、とても気持ちのいい人たちでしたので私自身も肉体の疲れより心の気持ち良さが残っております。

⑩P6100049_R

自分の足の具合を何とか調整して、できれば小学生の息子と流れに挑戦してみたいです。
息子の方が私よりうまく乗れますから(笑)
まだ少し足の不安を抱えておりますが、来月参加できましたらよろしくお願いします。

2017/06/10 早起き

本日は、月例会です、
月例会と言えば、
まずは早起きで一本!
20100610_01

3名で
下りました。

朝早いと
気持ちが良いし
道も空いていて

そして川も貸し切りのような
状態!
良いことずくめですね。
20100610_02

色々と
遊びながら下って
9時過ぎころゴールです。

楽しかった!
20100610_01

月例会が無ければ
満足して
そのまま帰りそうでした
(^_^;)

参加メンバー
 コバ
 おーの
 ヨシ(L・文)