14/05/31 利根川・水上DR

2014/05/31

水位:湯原3.54m
早起き隊長アニーさんの呼びかけで利根川をDR。

赤城高原SAで待ち合わせ。
1.jpg
真夏日のような猛暑でカヤック日和。

諏訪峡の橋の上から様子を見て、温泉峡、諏訪峡、月夜野区間をDRすることに決定。
2.jpg


スタート地点。
3.jpg


若干水位が多めでスタートの温泉峡も迫力がある。
4.jpg


全員無事温泉峡をクリアして、諏訪峡へ。
5.jpg



悪魔の階段も全員無事通過。
6.jpg

その後、若干の泳ぎもあったりするものの、諏訪峡も無事クリア。


月夜野区間へ。
7.jpg
難所は少ないものの、波は高い。


谷川岳付近はまだ沢筋に多くの残雪が残る。
8.jpg


トネショクも無事通過してゴール地点へ。
9.jpg



舟を降りると真夏日に逆戻り。お疲れ様でしたー。
10.jpg
やまちゃんが冷やしておいてくれたノンアルコールビールで乾杯。

もう少ししたら西瓜の季節ですね♪


参加メンバー:ながさわ(レポート)/アニー(L)/ヨシ/SADA/DOHA
         ゲスト:やまちゃん/ドウコ
(up:いばさく)

14/05/24,25 5月月例会・長瀞Kayak&Camp!

2014/05/24,25
l_5cdf53b2bdaabff1068f93ca175201505cf951c6.jpg


今回の月例会レポートは盛りだくさん!
土曜の部を長瀞9年ぶり?なみちこさん、
同日に開催されたカヤック体験レポートをベビ初参加のキュウさん、
そして日曜の部を自艇購入で今シーズンやる気十分のa-gさんに
それぞれレポートしてもらいました。


<土曜の部 レポート>  ~ みちこ ~
カヤックもキャンプにもいい季節になってきましたね!
今回の月例会土曜の部のレポートはワタクシ みちこ が担当致します。

この時期・恒例の長瀞Kayak&Campと今回は初心者体験も含め
今シーズンも川で遊ぶぞー!と総勢17名のメンバーが集結しました。

10時 土曜昼の部・参加者全員キッチリ集合13名

今回のツアーリーダーのコウさんよりオリエンテーション
主に、川でのパドルサインやホイッスルサインのレクチャーを受ける。
自分自身とそして一緒に漕ぐメンバーの安全が最優先。
大切なコトを再確認できました。

そしていよいよ川へレッツゴー♪ 

午前中は①初心者体験 ②サクラウェーブスタート ③その上流の鉄橋下から 
の3グループに。
実はワタクシ、長瀞は9年ぶり(?)ほどの久々ぶり&この日、
今年の初漕ぎだったわけで長瀞を隅々まで堪能できる③からのスタートを選択。
多少のドキドキ、ぎこちなさ(笑)がありましたが
SLの汽笛に励まされ、ワクワク漕ぎ始め。

鉄橋下ウェーブでスピンの練習。左右どちらの練習もできて満足。
ときどき通り過ぎる遊船やラフトに手を振り返すと
「あぁぁぁー長瀞だな~」と実感。
まっ‘鋭く大きな平たい岩’を見ても長瀞を感じましたが・・・

そろそろ疲れてきたな~な頃
① の初心者体験場所までみんなでダウンリバー。
午前中に起こった事件(あんなこと・こんなこと)を
話しながらの河原でランチタイム。
その後、ホイッスルサインの実践&ちょこっとレスキュー講習。
色々勉強になります。
l_33da6615aad6e61ca2aa60538e1fcaa567094f23.jpg

そして午後からは全員でダウンリバースタート。
早々に現れる
最初の難関の小滝の瀬。

スカウティング
この瀬を初めて下るメンバーもいたので
スカウティングの為上陸し、ルートの確認。
いいイメージを作って、いざ挑戦!!
l_d851fcc06bcdb79610126837249e2645dbe7453b.jpg
全員見事にクリア。しかもノー沈☆
笑顔も広がるわね~~

のんびり
その後、長い瀞場といくつかの瀬も
なんとかこんとかクリアして
ダウンリバー無事終了。
みなさん、それぞれの課題もみつけたようですね。
新たな発見も面白い要因の一つとなるワケで。
お疲れ様でした。


その後、キャンプ場に戻り
お風呂と買出し、夕食の準備等の時間を経て
お楽しみの夜の部BBQの始まり~~
BBQ.jpg
e2bf7201ab791c672cc51af9456bc1a8.jpg
f31bb2ac66bbfcd195bf39bbb0a8ea2e.jpg
f1612a1688efad82d325de56fcc30b52.jpg

 
ココから参加の方、飛び入り参加の方も含め
モリモリ盛り上がってきましたゼ。

一人一品の持ち寄りと
高級焼肉三昧でなんとも豪華なディナーだわ。

改めて自己紹介なんかもしつつ
カヤックのこと、川のこと、山のこと
アウトドアライフのこと
人生のアレコレ、愛だの恋だの、
話す話題は尽きることなし。

パチパチと爆ぜる焚き火の音とともに
夜はふけていきました。


<カヤック体験参加 レポート>   ~キュウ~
ベビトラデビューの自分にとって少しドキドキわくわく感のなか集合場所に到着

簡単に自己紹介のあと皆さんは上流の方へ
自分はコウさんに連れられて緩やかな流れで
優しくレクチャー(なかなかおもいどうりにはできませんでしたが)

ひと泳ぎのあと(暖かい日でよかった)皆さんと合流
昼食、レスキューの訓練そしていよいよDR開始
ほどなく小滝の瀬登場

皆さんはそつなくクリア
最後にコウさんに続いてキュウ突入!!
どうにかクリア(チョー怖かったけど楽し~)
ゴール直前でもうひと泳ぎ(水が満タンに入った艇の回収ありがとうございました)

第2部BBQ参加では思考こらした1人一品美味しかったです

電車の時間があったので残念ながら途中で帰路に着きました
気さくな人たちでよかった~

皆さん本当にお世話になりありがとうございました


<日曜の部 レポート> ~a-g~
前日の6回沈脱(6回しかしてないのではなく数えられなくなり6回と表示)に
めげず参加させて頂きました。

2日目はアンディリーダー、マッキーさん、シゲさん、ナベさん、いくちゃん、
タカさん、a-gの7人にて開始。

いくちゃんとa-gはアンディ先生の元、
鉄橋とさくらウェーブの間の流れで講習開始。
まずは、流れを超え対岸まで漕ぐ練習、
次に流れに乗りエディーインの練習を1時間30分位行い、
ここで早速足が付く場所で1回脱しています。

少し疲れたのでマッキーさん、シゲさん、ナベさんの遊んでいるさくらウェーブで見学&昼食。
その後いくちゃんがロールの練習をするため皆で1日目にお昼を食べた流れの少ない所に移動し
ロールの練習。(ここでも沈脱、本日2回目)

自分のレベルと違うためここは水にぷかぷか浮かんで皆のロールを見学。
ここでシゲさんはパドルを持たずハンドロールの練習+成功(おめでとうございます)。
シゲさんに負けずいくちゃんもハンドロールに挑戦。。。結果は直接お聞きください(^_^;)

ロール練習終了後、ここでマッキーさんと別れて、ダウンリバー開始。
すぐに一番の難所の「小滝」、アンディさん、ナベさんが初めに下りロープと救助の用意を
していただいた後に自分がダウンリバー開始。
昨日同様かなりビビりながら下りはじめ、昨日支部長&本日のアンディに習ったことを
気を付けながら下ったら無事に「小滝」制覇。更にもう一度「小滝」制覇。
l_d9caa359c9e8fd0e65666657d185b6cc9b3d7978.jpg
(画像は土曜のモノ)

「小滝」の後は順調に下りきれました。
l_8336cbb5447d7aeea11ab9c17b4a88412b9e28bf.jpg
(画像は土曜のモノ)

「洗濯機」は、アンディーさんより「右側に行くとまかれて出てこれなくなる」との
アドバイスを頂きなるべく左側を通り無事完了。
a-g 岩畳?

その後、1日目に行ったロープレスキューの再講習。

最後は波乗りにも挑戦!
a-g 洗濯機サーフィン

しかし何回か挑戦したがうまくポイントに入れず体力の限界が来たので本日のダウンリバーは完了。

2日間に渡り、いろいろアドバイス頂いた先輩方ありがとうございました。
又、今後ともよろしくお願い致します。




コウ(土曜昼の部リーダー)/いばさく (土曜夜の部リーダー)/アンディ(日曜の部リーダー)   
アニー/キュウ/たまひよ/シゲ/マッキー/いくちゃん/タカ/a-g/kuni/支部長/
みちこ/つ・あ/ペー/ナベ

土曜昼:13名 土曜夜:14名 日曜:7名 

(画像提供:アンデ / ィup:いばさく)

14/05/10 クリトラ・丹波川ツアー

TeamBabyTrout内プチクリークチーム「クリトラ」今年もいよいよ始動です。
まずはホーム?丹波川から!

2014-5-10(土) 晴れ
丹波山 水位-0.59m

昨年10月の丹波川クリトラ初参加から2回目の挑戦となりました。
カメラマンということで、今回もアンディがレポートさせていただきます!

天候は快晴、新緑豊かで気持ちよく下れる季節になりました。
御岳で集合後、丹波川に向かいます。

綾織橋付近からアッパーセクション核心部をメンバー全員で真剣にスカウティングします。
初めてのときほど緊張はしていないものの、道路から見ただけでも正直びびりました。

DSC06724.jpg


今回のスタートは、アッパーよりさらに上流の牛金淵セクションとのこと。
そう、今回は牛金淵~アッパー~ミドル~ロワとフルコースなのです!


スタート地点でパシャリ、みんな元気です(笑)
DSC06739.jpg

落差は少ないもののごつごつした岩の間をぬって下っていきます。
DSC06745.jpg


牛金淵セクションの核心部です。右岸からスカウティングです。
最後に大きい落ち込みとホワイトが待ってます。瀬を過ぎたあとは、瀞場とのことで少し安心。
DSC06747.jpg


ベテランのゲストさんに続き、アニーが出動!
DSC06754.jpg
DSC06755.jpg



続いて、マッキー!
DSC06757.jpg
DSC06759.jpg



次は、たかさん!
DSC06760.jpg
DSC06761.jpg


お次はコウさん!
DSC06764.jpg
DSC06766.jpg



ということで、みなさん無難に下りていきます。


最後は私です。
自分の表現でいうと
「棚田を左右交互にストンストンとリズミカルに落ちていく感覚」なのですが、
あろうことに最後の大きな落ち込み3つくらい手前で転覆、
セットをしたときには岩がゴリゴリこすり始めて間に合いませんでした。
やはり、びびって後傾になっていたんでしょう!

でもメンバーの迅速なレスキューもあり一息つきます。

核心部を過ぎるとしばしの静寂です。
DSC06768.jpg



まだ先の見えない瀬は続きます。
少し大きめのドロップで沈。
急に暗闇になったので慌てて脱ってしまいましたが、
険悪ではなかったので落ち着いてロールすべきでした。反省ですね。


続いて、アッパーセクションの核心部です。
上流側にログが入っているのもあり、前半はポーテージです。
DSC06789.jpg
DSC06791.jpg



核心部の途中からスタートですが、テクニカルな落ち込みです。
最後の一漕ぎをしないとささるように落ちてしまいます。全員無事クリア!


核心部の後、小さいドロップはなごみます。
DSC06805.jpg



当初の予定から変更となってしまいますが、
ミドルセクションのスタート地点で私だけ離脱することにしました。
前回の初丹波でこの下の区間は下ってるし、無理をしないのが第一ということで。


ミドルセクションスタート直後の瀬は本流上に大きなログが入っており
そのコースは通れません。
船越橋の上からみんなを見送りました


ここからは、リーダーを務めたコウがレポートします。
*カメラが壊れてしまって映像はありません。

ミドルセクションは距離が長いのでサクサク下ります。
ミドルの核心部は落差2mほどあるドロップですが、
先週も来てるしよく知っているということでノースカウティング。
ところが、先行者から慌ててストップサイン。
改めて見ればドロップ下にログが入っています。
一人はポーテージ、他はルートを選んで安全第一に降下しました。
この季節、特に今年は大雪の影響で上流にも倒木が多くログ予備軍が控えています。
全てのログが奥多摩湖に流れ着くまで、暫くは注意する必要があります。

丹波中学校裏の管理釣り場の河原でミドルセクション終了。
協議の結果、ロワセクションに転戦します。
時間が押しており車で移動してロワの中間地点から再スタート。
ロワの後半部分には、核心部を含む面白セクション満載です。
漕ぎ時間は40分程度ですが、それでもゴール到着が5時を回りました。
陽が高い季節で良かったです。

ロワまで下って大満足のみんな!
お疲れ様でした!!
DSC06843.jpg



○参加メンバー
コウ(L)、アニー、マッキー、たか、ゲストYさん、アンディ

レポート:アンディ(前半)・コウ(後半)  (up:いばさく)

14/05/5,6 鬼怒川DR

GWにカヤッカー仲間と鬼怒川DRをしたメンバー・アンディからのレポートです。

2014-5/5~5/6
○コース
5/5:中岩~佐貫、5/6:中岩~かご岩

○水位:
 小佐越 0.52m(5/5 11時)、0.51m(5/5 14時)
     0.50m(5/6 11時)
 佐貫(下) -2.52m(5/5 11時)、-2.49m(5/5 14時)
     -2.52m(5/6 11時)

カヤックは色んなフィールドやつながりがあります。
ベビトラの枠にとらわれず、初めて会う方でも和気藹々楽しめるスポーツですよー。

計4つのクラブから集まったのは初日7人、二日目5人で、鬼怒川初の方もちらほら。


初日は、ベテランのがんさんがガイドを務めます。久々の私も安心です(笑)

スタート地点の中岩堰堤下は、豪快な堰堤とザーという音が緊張感を湧き立てます!
おまけに雨がぽつりぽつり(悲)
DSC06613.jpg

スタート直後の左岸側にすごーく気になるホール(穴)があります。
この水位では吸い込まれることはないですが、精神的によくないです。気をつけましょう。
DSC06621.jpg

堰堤落ちと、いくつかの瀬、クランク状の瀬を過ぎると、核心部のかご岩の瀬です。ここはスカウティング必須です。

最初(1段目)はポアオーバの岩がある落差1mくらいの落ち込みです。岩の左がグリーンの安全ルートです。
DSC06624.jpg


それを過ぎるとわしゃわしゃしたウェーブが続きます。
落ち着いて漕げば大丈夫です。かご岩ウェーブも楽しめます。
DSC06626.jpg


かご岩の瀬の下流には気持ちよい穏やかなウェーブがあり、
ずーーと乗っていられて楽しい!御岳に持ち帰りたい(笑)


ちょっと癖のあるキャンプ場前の瀬を過ぎると、
別の意味でどきどきする川霧の湯(温泉)前の瀬を通過します。


しばらくすると、左岸に放水口が見えてきます。
今回は豪快に放水していました。

大渡橋を過ぎると1m~1.5mくらい?のスタンディングウェーブが続く瀬が
4~5箇所くらい断続的に続きます。
結構波が立っていて油断するとひっくり返っちゃいそうです。

大谷川の合流(右岸)を過ぎるとゴールの佐貫です。
右岸コースは浅いざら瀬、左岸はホールが複数あるコースですが、
落ち着いてルート取りすれば大丈夫。

ここまで昼食休憩をいれて、約3時間くらいでしょうか。

夜は上流にある鬼怒川温泉オートキャンプ場で温泉&BBQです。
ここは完全にファミリー向けで静かですが、
残念ながら深夜までわいわいしたい人には向きません(笑)


翌日、雨はあがったものの肌寒い朝となりました。
今日も中岩からスタート、堰堤滑り台では4人シンクロで下ってみました。気持ちよさそー。
(コース取りは中央か、中央やや右岸よりです)
DSC06693.jpg



二日目もかご岩の瀬はしっかりスカウティングします。
今日はポアオーバーの岩下をキャッチしてみました。なかなか楽しいです。他メンバーもばっちりです。
DSC06712.jpg


かご岩の瀬を過ぎると二日目のゴールです。
DSC06722.jpg


このあと「とんかつ篠」のおいしいとんかつが待っているので、
ささっと着替えて舌鼓を打つのでした~。

GW最終日でしたが、帰りの高速渋滞もなく無事帰着できました。
カヤックツアーの3点セット(カヤック、温泉、グルメ)に+キャンプととても充実のお休みでした。

このコースは水量限定でいつでも下れるわけではありませんので、
行ったことがない人は是非!
*川のコンディションは日々変化します。あくまで判断は自己責任で。


初日ガイド:がんさん、レポ&写真:アンディ
(up:いばさく)