13/08/31 御岳・月例会


2013/08/31(土)
今回の月例会レポートは、共に月例会初参加の「くに」さんと
「いくちゃん」さんからいただきました。

DSC05238くに&いく
(↑左:くに 右:いく)


**** くに レポート ****
よし!今日は天気良さそうだな! と、私にとって初参加の
ベビトラ月例会の朝。
ちょっと緊張気味で車のナビに寒山寺駐車場を入力。
「ん?ヒットしない?」
落ち着いてもう一度、今度は寒山寺で、「んん?ないぞ?」  
ほほう。。やばい早く出発しないと。。。他に目印は?
沢井駅?でいっか?  なんて、こんな風にはじまった一日でしたが、
何とか寒山寺駐車場に無事到着して一安心♪

到着後、すぐにアンディさんや他のメンバーの方とご挨拶。
「むむ、皆さんやさしそうだ。。。」ここでもう一安心♪
私のレンタル艇の準備をアンディさんにして頂き、
皆さんのご紹介と簡単な説明の後、さぁ、いよいよ乗艇!

私は全くの初心者ではなかったのですが、今回は新しいことだらけの
一日でした♪
わかりやすいところでその一部をご紹介!

まずは、「ホワイトウォーターフローティングポジション」について。
ベビトラのイベント参加条件等にもよく出てくる?この言葉。
「すごいカッチョイイ名前♪どんな技なんだー!!」と思いきや。。。
実はこれ沈脱した後の流される姿勢のことだった!!
ほー、なるほど。アンディさんから
「流れのあるところでは浅くても立ってしまうと危険です!
ホワイトウォーターフローティングポジションを忘れずに!」
と注意を受ける。
知っているか知らないかそれだけの差かもしれないが、
これが大事なんだ!
と伝えるアンディさんの目は
「安全については妥協しないぜ!」と言わんばかり光る。。。
なるほど。さすが大自然を相手にしてきたツワモノだ。
と、その言葉の重みと毅然とした態度に感動。
DSC01281.jpg


お次は、「沈脱」。 
「じゃ、沈脱してみよう!」と川に入るやいなや、
早速声を掛けられて実際にやることに。。。
普段、静水ではロールができるので、久々にやる沈脱に緊張気味の私に
「パドル放さないようにね。」 ????なにー??
パドルが流されるからだそうだ。。。つまり、川では当たり前?
なるほど、そーだよな。
しかも「沈の姿勢は前に倒れるように」と助言され、やってみる。
お鼻いたーい、しかもパドルを持った手がどうなるかイメージしにくーい。
 うーん、以外とややこしくて難しい。
流れの強い場所で止む無く沈脱する日がそのうち来るだろう。
その時に、はたしてパドルが手にあるか!乞うご期待♪

その他、まめさんに教わった「スターンカット」。
エディラインを超えて流れに入ると同時にピボットターンのように
バックスイープを入れて流れにスターン側を押してもらい、
艇を立てながらクルリと回る。
見よう見まねでやってみると流れに押され、
艇が立ち上がる感覚が非常に楽しい。
スタートして2時間もしないうちに早くも流水プレイが面白く、
早くも癖になりそう♪
DSC05267.jpg


その後昼ごはんを済ませ、寒山寺から軍畑を超えテニスコートまで
皆さんとDR!
DSC05252.jpg

次から次へと来る波が刺激的。
一方で耳を澄ませば聞こえてくる水の音と仲間の声がとても心地よく、
本当に楽しい一日でした。
お世話になった皆さんに感謝感謝! また参加したいと思います!
 
次回も宜しくお願い致します。

最後に・・・
ゴマきちさんの「KAYAK買いなよ」の言葉が頭から離れなーい!!!


*************************


**** いくちゃん レポート ****

いくちゃん
初めてベビトラに参加させていただきました。
自宅から3時間運転してやっと御岳についた時点でスプレーを
忘れてしまったことに気が付いた時は大ショック!
でしたが、まめさんにお借りすることができて
本当にありがたかったです。
おかげさまで念願のロール練習ができました。
御岳は予想外に水が綺麗で水遊びに最適なところだと思いました!

きちんとフリースタイルをしている人ばかりでレベルの高さを
感じました。
DSC05246.jpg

が、私は下ることに精いっぱいでしかもみそぎの瀬を
ポーテージしてしまいました。
少し恥ずかしかったので、いずれはチャレンジしたいです。
DSC01310.jpg


今回、暖かく迎え入れてくださったことに感謝しています。
今後ともよろしくおねがいします。

DSC05256川上はマッキー


***************************


○参加メンバー
【寒山寺スタート】
くに
いくちゃん
たまひよ
ごまきち
まめさん
アンディ(リーダー)

【放水口スタート】
マッキー
アニー
ヨシ(早起きのみ)
ぺー
スモも
ノリー

シゲ

レポート:くに いくちゃん 画像:アンディ (UP:いばさく)

13/08/17 クリトラ・夏の丹波川ツアー そのいち

2013/08/17

ベビトラ内プチクリークチーム『クリトラ』夏の丹波川2週連続ツアー企画の
第一弾として 8/17(土)に山梨県にある丹波川・ロウアーセクションへ
行ってきました。
今回は清流ハンター・エルフさん+αとのコラボで総勢12名でのDRです。
P8170935.jpg

御岳放水口に8時半に集合しそれからスタートとなる道の駅たばへ移動。
御岳から約30キロ約1時間です。
私は丹波川初めてでしたが、意外と御岳からも近いですね!

奥多摩湖(人工湖)を挟んで上流部分が『丹波川』下流部分が『多摩川』なんですね、
御岳街道を川沿いに西進すると良く分かります。初めて知りました(^^ゞ。

その丹波川。
今回のパーティーの全体リーダーであるエルフ代表のOWLさんがしきりに
『今日は水少なくて全然濁っていてだめだけど本当はすごくきれいなんだよ』
と言っておられました。
本当はとてもきれいな川なのでしょうね。

大人数でのDRですので、まず私が気を付けなければならないことは
『ラップして渋滞を作らないこと』!
P8170937.jpg
しかし渇水のせいもあって私を含め何人かがどこかしらで「ラッパー」に・・・(^_^;)
でも水の少ない岩々の状態では仕方ないかも。

後半の核心部。
スカウティングしてからまずはリーダーのOWLさんが下り ロープを構えます。
7125910_1987587597_162large.jpg
Nさんのルートを見ると・・・
まずは1段目を落ちる前にエディーを取り、体制を整えてからドロップへ突入。

自分はエディーを取るか?取らないか? ドキドキです。

自分の技量を考えながらしっかりシュミレーションをして、
各自自らがルートを決めていきます。

決めたら迷わずGO!

7125910_1987587655_45large.jpg 
↑私もなんとかクリア!
迷いながら行くと・・・だいたいヤラレますね。過去の経験からいっても(^_^;)


一方、丹波川常連でもあるクリトラリーダー・コウさんはどのドロップでもガンガン攻めます。
7125910_1987587558_55large.jpg 

新婚・マッキーは艇も気持ちもウキウキ♪
7125910_1987587564_3large.jpg 

SADA君もスキー同様にアグレッシブ!
7125910_1987587640_162large.jpg 

クリークビギナーのいばさく代表も、なんとか見よう見まねで(笑)
いばブッフ

楽しいですね~♪

大所帯だったのでかなり時間がかかりましたが、午後2時にゴール。

『ゴール後が核心部』
スタート時にどなたかが言っていたこの言葉の意味が、この後よくわかりました。
ゴール後の担ぎあげはかなり大変です、特に船の重い人は(-_-;)


私にとっては初丹波川でしたが本当に楽しかったです。
水の多い時にまた行ってみたいです。
リーダーのコウさん、ご一緒してくだすったみなさん、お疲れ様でしたm(__)m


~リトヒロ買いたし!~
私は途中からK君のリトルヒーロー試乗させてもらいましたが、
ホントいい艇ですね~すっかり一目ぼれ。欲しくなっちゃいました。
どなたか売られる方がいましたらつ・あまでお声かけ下さい!


○参加メンバー
コウ(リーダー)
マッキー
SADA
いばさく
つ・あ(レポート)

コラボ:OWL はにゃ よういち さきむら 多摩川ランナー (以上エルフ)
    元やん(福島カヌー教会)              

                                    ~敬称略~

画像:いばさく他より

13/08/04~05 秋田・オボナイ遠征

2013/08/03~04


秋田県のオボナイウェーブに遠征してきました。

レポートの前にまずはオボナイの概略について説明します。
田沢湖の水を発電用に引き込んでいる生保内(おぼない)発電所の
放水口の真下にオボナイウェーブはあります。
ウェーブの真横に広いエディと車を沢山置けるスペースが在ります。
一方、迷惑を掛けそうな近隣の住民が居ないので絶好の
カヤックスポットと言えます。

放水口からはコバルトブルーに染まった水が放水されるので
初めて行った時には綺麗な青色の流れに驚かされます。
放水口は3箇所あって、東北電力管内の電力需要が多いと
3箇所全てから放水が行われ少ないと2箇所以下からの放水となります。
ここで重要なのは
「3箇所から放水されるとウェーブが出現する」という事です。
P8040879.jpg

放水の予定などの情報は特に公開されていないみたいなので、
遊べるかどうかは行ってみないと分からないです。
なので、今、何本の放水が行われているかといった話が
カヤッカーの間でよく遣り取りされています。
そういう訳で発電量が多くなり3本放水の確率が高くなる夏の時期に
多くのカヤッカーが遠征してきます。

今回の遠征メンバーは、代表のいばさくさん、その相方のつ・あさん、
オボナイ大好きなペーさん、と私(川嶋(わ))です。



8/3(土)
JR栃木駅前に朝6時にいばさくさんと合流して出発。
11時に盛岡市内の人気焼肉店「髭」にて、ぺーさんと合流して昼食。
お昼頃オボナイに到着しました。この時の放水はまだ2本・・・でした。
暑くなってきたので午後1時からの3本放水を期待しましたが、
この日は2本放水のままでした。
なので、ここから下流域のダウンリバーをしました。
P8030865.jpg
P8030872.jpg

ウェーブやホールを拾いながらのんびりと漕いで本日は終了です。
実は前日もバリバリ漕いだので、個人的にはいい休養となりました。

ゆぽぽ温泉に行ってから晩御飯は角館の田んぼの真ん中にある
「樫食堂」へ行きました。ここでつ・あさんと合流です。
樫 カンパイ3
地元の皆さん、遠征したきた皆さんと大いに盛り上がりました。
鹿肉のローストや焼肉が美味しくてたまりません。
日本酒も美味くて飲み過ぎたため、いつも通り私は早々にダウンしました。


8/4(日)
泊まりは最近予約が取りにくくなってきた農家民宿でした。
いおり朝食
一回り大きい卵、カボチャの煮物、モロヘイヤのおひたし、
焼き茄子、メロン等々・・・
朝から美味しいけれど食べきれないほど沢山出てきました。

お腹もいっぱいになったので漕ぐ気力は満々です。
東北地方も梅雨が明けたらしいと気象庁が発表したと
朝のニュースで言っていたので、
今日は朝から3本放水を期待していましたが残念ながら2本でした。
色々検討した結果、午前中は近くの夏瀬区間を下りました。
P8040876.jpg
癒しの川でした。

戻ってきて午後1時よりついに3本放水開始!!ウェーブが出てきました。
このウェーブ、技を仕掛ける場所に行けないと何も出来ないといった感じで、
慣れないとかなり難しいです。
私はショボいライドしか出来ませんでしたが、
今日のぺーさんはブラントをバンバン決めてました。去年とは全くの別人でした。
いばさくさん、つ・あさんも攻めのライドです。
P8040881.jpg
P8040895.jpg
P1040432.jpg


個人的にバウステ10秒の課題を出されていた私は静水練習もそれなりに。
しかしいいとこ5秒です。
P8040885.jpg
それでもスラスターが必須アイテムとわかっただけでも進歩がありました。


3本放水も午後4時には終わってしまい本日は終了です。
そのあと東風(だし)の湯につかり、帰路につきました。

たった3時間しかウェーブに乗れませんでしたが、
今回の遠征も秋田を十分に堪能しとても楽しかったです。
また来年。


○参加メンバー いばさく/ぺー/つ・あ/川嶋(わ)
レポート:川嶋(わ) (画像:いばさく)