2017/09/21木曜漕ぎ<御岳>

台風が来たけど
あまり増えなかったけど
遊べる水位なので

木曜メンバーで
御岳でした
20170921_01

みんな(私以外)久しぶりなので
やる気満々

こちらも頑張って、
最初から飛ばします
20170921_02

楽しい楽しい!

気温が高くて
天気も良いので
気持ち良く
遊べます!
20170921_03

釣り師はいるけど
問題ないレベルで

色んなところで
サーフィンして


たっぷり楽しんで
昼前にはゴールでした

早めの時間からだと
時間を有効に使えて
良いですよ。

2017/09/16  御岳自主練漕ぎ

9月16日(土)放水口〜テニスコート
小雨のち曇り 調布橋観測所-2.34m
集合0800 漕ぎ出し0840 上陸1330
カドです。
集合時は小雨降る中2分遅れで到着(スイマセン)。全員が時間に余裕ありということでゴールはテニスコートに。それでもゴールまで約5時間かかるとは思ってませんでした^^;

l_9ca519be6490e319cb183373ced842cbd0197812[1]_R

スタート地点から水位少なく、カップスターの瀬は釣り師がいてスルー。スラのゲート増設を眺めたりエディでおしゃべりしてたりで、かなりのんびりなムード。そんなこんなでゲート下の右のバックウォッシュにやられ沈。どうもビビってしまうポイントです。
三ツ岩の瀬は岩の周りをぐるぐるしてるうちに終わり。
かと思いきや、がくちちさんが沈、数回のロールあと一歩のところで脱!!

l_2c0cd025d37f25d36dccbfc8d80451d94881bce0[1]_R

僕とアンディさん二人でそれを見届けレスキューに向かいますが、艇回収のカウテールの扱いでモタモタ,それにラフトも加わりモタモタもっさりしたレスキュースキルを披露させていただきました。要練習です。
その後は難なく,おしゃべりしたりみそぎでカメラ目線をかましたり…

l_969dee642be01ed282e3b05b63b1f001792d84bc[1]_R

スローロープ投げたり、がくちちさんがキムタクに聞いたカヤック話に花咲いたりと全員でヘトヘトになりながら終了。

l_2beac0d79bb1631395322a2b440517b783c0db0f[1]_R

まだまだ遊び尽くせますね。
PS.喫茶くるくるのハンバーグカレーが美味しかったです。

-参加メンバー(敬称略)-
がくちち
カド(レポート)
アンディ(L)

2017/09/09 臨時の初心者体験会

先週土曜日に臨時の初心者体験会を開催しました。9月の月例会が静岡気田川でのキャンプになって、初心者受け入れ出来なくなった為の代替え開催です。会場はもちろん白丸湖。陸上でのレクチャーのあと、ちょいと水位が上がって乗り出しやすい湖面に…^^

①DSCF4015_R

本日の受講者が新メンバーみほさんとあって、同じ日の早起き企画を終えたおーのさん&がくちちさんが急遽サポート参加…、マンツーマンを覚悟してたので嬉しいですね。

②DSCF4024_R

まずは流れの弱い左岸側の広いエディを使ったフォワードストローク。木から下がったペットボトルが目印…、これは私もコンセプト講習時に使いました。最初はなかなか真っ直ぐ進まないと嘆きつつ、フォワードストロークが徐々にサマになって来ます。

③DSCF4018_R

お昼休憩のあとは白丸ダムに向かう下流を漕ぎ、出発地点に戻った頃には一定の漕ぎスキルが身についたので、上流にも漕ぎ上がってみました。本流とエディがエディラインで明確にわかる場所では、フェリーグライドにもチャレンジです。

④DSCF4027_R

湖の最も上流まで漕ぎ上がり、ここまで漕げれば充分ってことで引き返しました。出発地点に戻り、本日のレクチャー内容を復習して終了です。クラス5と言われるガケ登りもなんなくこなしたみほさん、次回は流れ入門でお待ちしてますよーーー!!

⑤DSCF4022_R

初参加のみほさんから感想文をいただきました。

今日は漕ぎ方を教えていただきありがとうございました。
途中、くるくる回って、前にすすめなかったのですが、皆さんから丁寧に教えていただき、安心して漕げました。
本当に今日はありがとうございました!景色もすばらしく、ハマりそうです。
また機会があれば漕ぎに行きたいと思ってます!これからもよろしくお願いします(^^)

-参加メンバー(敬称略)-
みほ
おーの
がくちち
コウ(Lおよびレポート)

2017/09/09 土曜漕ぎ御岳<スキルBから>

9月9日今日は秋晴れの晴天、
空が高く気温も27度前後で
絶好のカヌー日和でした。
2017090901

一週間前と比べると随分水量は
減りましたが、随所にウェーブスポットが
でき快適にサーフィン出来るコンディションでした。
カップスターの瀬でもいい具合のウェーブが
できており皆さんサーフィンを楽しみました、
小橋下の瀬ではおーのさんやカドさんが
ハンドロールの練習を行っていましたが、
ナベさん特製(16万円相当)のハンドパドル
装着すると上手い具合に上がってました。
2017090902

寒山寺から合流したポンダさんも熱心に
練習しており禊の瀬ではミソ1をクリアしミソ2も
ほぼクリアでしたがあと少しの所でチーン
脱スイミングを披露してくれました。
2017090903

商業ラフトでは若者が楽しんでましたが
高さ4メートル程の岩からのダイブでは
「彼氏が欲しい~」と絶叫しながら
飛び込んでいた高校生女子に
拍手喝采でした。

ゴールのテニスコートの瀬では
大勢のカヤッカーがカヌーを楽しんでましらが、
我々も静水プレイを練習し無事終了しました。
皆さんお疲れ様でした。

参加メンバー
 ヨシさん(L)、
 ナベさん、
 がくちちさん、
 ぺーさん、
 キュウさん、
 おーのさん、
 ポンダさん、
 カドさん、
 こばさん(文)

2017/08/31 木曜漕ぎ 御岳

今日はヨシさん、クーさん、私の3人でした。

2017083101

開始時の天気は曇りで小雨が降ったり止んだり。

台風の影響でどんよりしていて、8月最終日なのに涼しいです。
2017083102


水は先週より減りました。

レベルによって感じ方が変わると思いますが、減ったおかげで遊べる所が増えてます。


どこでも貸し切り状態なので、スポットでは休む暇なく回ってきます。順番でもすぐ落とされるだけなのですが、、、

2017083103

放水口からテニスコートまでのダウンリバー、とてもいい水位でした。


ゴールしたら雨が強くなってきて、

あたる雨が冷たく、早めに着替えて終了です。

参加メンバー
 ヨシ(L)
 クー
 マサ(文)

2017/08/26  月例会(初心者体験組)

初心者のお二人 トモ&ディーンさんを迎えての白丸湖体験&練習会。
ベテランベビトラ講師コウさんのサポートをさせていただきました。

①DSC01916_R[1]_R

白丸ダムはそれなりに放流中らしいので、出だしポイントは結構浅くなります。
初めて川なり、湖に出るときってめっちゃ緊張するんですよね。

③DSC01915_R[1]_R

自分もそんなことがあったなーと思いつつ、二人の入水を見守ります。
プチドライエントリーな感じでかっこよく飛び込んでいきました。
さすが沖縄での漕ぎ漕ぎ経験者です。

②DSC01921_R[1]_R

ディーンさんの漕ぎ頼もしいです!うわーパワフル(^^♪
ともさんもときどきまっすぐ進まないのに苦心しますが、スィープでスムーズに転回していきます。(最近の体験者レベル高い・・・(;´・ω・)汗w)

④DSC01923_R[1]_R

引き続き、コウさんの耳にも体にも染み渡る指導テクでみるみる上達。傍らで見守り&撮影隊の私もうれしくなってきます。一番楽しいのは体験のお二人のはずですが。

⑤DSC01925_R[1]_R

まっすぐ進まなくてもいいけど、まっすぐ進む練習、なんだかよくわからないけどみんなこれから始まります。そして悩みます。

⑥DSC01956_R[1]_R

下流のダム方面も散策し、ランチになりました。

⑦DSC01937_R[1]_R

するとSUPでワンちゃん大舞台組、可愛いし、SUP天国になってきましたね。
もちろん、カヤック組の方もたくさんいらっしゃいまして、大賑わいの白丸湖です。

⑧DSC01934_R[1]_R

途中、靄も立ち込め幻想的な中、無人のプールが漂流(お魚入り)してくるなど面白い体験も。

⑨DSC01939_R[1]_R

後半は、上流の緩い流れの漕ぎ上がり&フェリーグライド練習。これがこれからの川下りの礎となります(必死に頑張ります)
頑張りすぎて、ディーンさんは初沈!本人はくやしいでしょうが、私的にはおめでとう
(だって誰もが通る登竜門ですからね)
Go For It!!

⑩DSC01935_R[1]_R

最後に今日のポイントの復習と恒例好評の鬼ごっこ。
上り坂を登る体力のことは忘れて、はしゃぎまくります。
遊びすぎてバテバテになりましたが、楽しい1日でした。

⑪DSC01960_R[1]_R

お二人とも素晴らしい感性を持っているので、近日の川下り!楽しみにしてますよー。

ご夫婦で参加されたトモ/ディーンさん。
ベビトラにコンタクトいただいた奥様/トモさんから感想をいただきました。

ベビトラの皆さん、温かく迎えていただきありがとうございました。
ここで使用したカヤックが想像していたものより短かったことに驚きました。回転・転覆もしやすく、最初は恐怖でしたが慣れていくうちに楽しさに変わっていきました。私は体の構造上(?)冷えにとっても弱いので極力転覆はしたくはないのですが、避けて通れない道のようなので次回は覚悟を持って挑まなくてはと思っております。
辛かったことは、転覆していたらその寒さが一番だったと思いますが、なかったので 一番はカヤックを担いで崖を上り下りしたことです。昨日から骨にしみる痛みが肩に残っています。足腰もカヤックを出た直後から筋肉痛が出たので日頃いかに怠けているか痛感いたしました。

⑫DSC01947_R[1]_R

とっても細かく教えていただけたのに、言われたようになかなか出来ず悔しい思いもしましたが、その分出来た時の喜びが格段に上がるので「またやりたいな!(落ちなければ)」と感じさせてくれました。
ゲリラ豪雨もなく、雲一つないカンカン照り(こういう日は肌の白い主人が大変なんです…)でもなく、本当によかったです。
寒くならないうちに、また感覚を忘れないうちに行けたらなと思っております。

そしてアメリカ人のご主人ディーンさんの感想文はもちろん英文です。(笑)

This kayaking experience was wonderful. We first met at an area by a river, which was a really pretty setting, albeit a little difficult to get to. At this location, we had introductions and a short briefing to go over what was needed to know for a safe enjoyable time. The guides were very nice and informative. My wife and I were in the beginner’s group, which ended up being a good thing.

⑬DSC01955_R[1]_R

After the short introductions to the guides, other customers, and the safety briefing, we headed out to get our kayaks and gear. It was fairly quick, we were fitted for gear and we took our kayaks and headed to the still waters where the beginners learn and practice kayaking. When we first got there, we made sure everything fit and was comfortable. We then stretched and got everything on, then we picked up our kayaks and paddles and headed to the waters. The guides were very informative and we practiced a lot different aspect of river kayaking from balance, strokes of the paddle, how to cross currents, how to turn, and I got practice in what to do when you flip your kayak over. The whole time the guides were very nice and helpful in teaching us different things, and were fun to learn from and funny. Kousan and Andy were great guides, and My wife and I really enjoyed.

-参加者-
トモ&ディーン
コウ(L)
アンディ(記&サポート)

2017/08/26  月例会(初級者組)

初級者まいけるは7/22の月例会以来の参加。どうやら前回習ったことの半分は忘れ去られてしまったような…

DSCF3089_R.jpg

さて、気をとりなおして漕ぎ上がり、流れへ出てからのエディキャッチ、そしてフェリーグライドと復習していきます。例にもれず一度は泳いで♬(笑)

放水口組が合流して、いざ!みそぎの瀬へ。ここは、朝の下見でポーテージする予定だったのですが本人はやる気満々。それならばとレスキュー体制をとりGOサイン。

DSCF3102_R.jpg

後少しでクリア!という所でチーン。練習しましょう!

DSCF3104_R.jpg

暫しのお昼休憩の後、軍畑大橋下のザラ瀬へ突入。前回は浅すぎてポーテージしましたが、今回の水位ならとGOサイン。
んーここも半分くらいでチーン。実に惜しい所で右パドルが抜けているようですよ〜
ただし、泳ぎ方には上達が見られ、足をしっかり上げたディフェンシブなスイムが完成されてますw

軍畑でBBQのニオイを嗅ぎながら再乗艇。次は三段の堰とその下の大岩…ここも前回はポーテージしてますがGO〜♬
堰は上手に右岸側からクリアしたのですが、ここも大岩手前でチーン^^;
右パドルですよ〜!

三度のスイムを反省します!とばかりに飛び込みを…

DSCF3107_R.jpg

飛び込みというよりずり落ち?(笑)

DSCF3110_R.jpg

そんなこんなで無事にテニスコートのゴールへ着きましたが、そこでは念願のロールの練習。でも疲れ切っていて身体が動いてませんよ??動きだけ確認して終了としました。

続けて練習しないことにはなかなか上達できないことを実感した今日…内に秘めたるライバルもいるようなので、負けないためにもベビ漕ぎに積極参加してくださいね〜。
待ってます♡

-参加者-
まいける
アニー(Lおよびレポート)

2017/08/26  月例会(放水口DR組)

放水口〜テニスコートまでのDR組です。雨の恵みで水量も上がりいつもと違う御岳になる予感。今回も、新メンバーが加わりベビトラの活性化(若返り)が感じられますね。

①DSCF3089_R

さて放水口組集合写真のあとスタートです。

②DSCF3091_R

いつものすぐにあるウエーブもほどんど潰れているので軽め遊んで降り始めます。流れが早いので三岩まであっという間ですね。

③DSCF3092_R

いつものエディキャッチを試みますが、まだパーフェクト(5箇所)は取れませんね。今回の水量では1個目から取れませんでした。練習あるのみです。

④DSCF3093_R

パックラフトのSaGiさんが本日のリーダー。月例会の皆勤賞が続いております。何やら、今シーズンのベビトラ新人賞を争っているとか??(笑)

⑤DSCF3101_R

寒山寺からは、初級者組のアニーさん・まいけるさんも合流してどんどん下ります。

⑥DSCF3102_R

禊の瀬、ルーキーまいけるの挑戦見てました。前回はだいぶ上流で撃沈したらしいですが、今回は最後の核心部が軽めのストッパーを超えて…、行けたーと思ったら最後の小波で沈(あれ?)→脱でしたね。

⑦DSCF3104_R

昼食を食べて、その後もスイスイ下ります。途中、岩飛び込みしたり、いつもと違うウェーブに乗ったり、、しながらテニスコートへゴール。

⑧DSCF3111_R

今回も楽しいカヤックごちそうさまでした!

本日初参加/カドさんの感想です。
初めまして。門崎です。
転勤で関西から引っ越してきてから約1ヶ月ぶりのカヤックでした。
フィッティングでは度重なる歓送迎会のおかげで体重が増えたことを感じ、一方でバウとスターンが刺さるかというとそうでもない、なんとも頂けないコンディションでしたが、初めての御岳、楽しく漕ぐことができました。

⑨DSCF3095_R

まず、関西と比べると人が多い。行水客もそうですがカヤッカーも多く盛り上がりを感じるフィールドでした。
川自体は瀞場が少なく岩が多い。関西では美味しいエディやスポットは全部舐めろと指導されてきた私は、前半でもうお腹いっぱいの満足感に浸っておりました。
しかし、そこは初めてのフィールド、とあるスポットで沈をかまし、岩に頭をぶつけ少し冷静になりました。
月例会も含め慣れない環境、パーティで安全に川下りをするための行動を省みるいい機会でした。
今後も積極的に参加したいです。

-参加者-
まめ
ナベ
シゲ
SaGi
カド(初参加)
おーの(レポート)
こば(L)
アニー(初級者組)
まいける(初級者組)

2017/08/26  月例会まえの早起きDR

8月も下旬に差し掛かると、午前4時自宅出発の際に周囲はまだ薄暗く、学生時代のクラブ活動早朝練習の様相を呈していました。「正直辛い!」

放水口に事前に艇ギアを置き、6:30テニスコート集合、7:00放水口スタートする頃にはお日様も顔をのぞかせ、気持ちいい風と少しの静寂のなか、ゲレンデコンディションはまずまずの水量と、鮎釣り師・ラフティングのお客様も見当たらず、テンションMAXに達しました。「これやからカヌーはやめられない」

⓪DSCF3074_R

本日の早起き参加者はアニーさん、コウさん、キュウさん、おーのさん、SaGiさん、ゲスト1名とコバの7名で、放水口からテニスコートまでを各々楽しみました。先ずはいつものように放水口でメンバー撮影。

①DSCF3072_R

カップスターの瀬やスタートの瀬では各々サーフィンやホールを楽しみ、様々なエディーをキャッチしながら下って行きました。アニーさんやゲストさんは実に巧みに各エディーをキャッチしていくのに比べ、まだまだ私は修行が足らないようです。

②DSCF3081_R

みそぎの瀬では1段目のホールでバウからタテ回転させる大技をしているカヤッカーがいましたが、ここでアニーさんの「こばちゃんもあの技してみたら」という悪魔のささやきがあり、調子に乗って出来もしない技にトライして敢え無く撃沈、3回のロール失敗のあと岩にヘルメットをぶつけ戦意喪失、御岳では初の沈脱スイミングとなりました。

③DSCF3084_R

その後もエディーキャッチを練習しながら無事テニスコートに到着しました。久しぶりの増水したコースの為か、渇水の御岳しか知らなかった私にとっては、全く別の表情を見せるコースでとても新鮮でした。皆さんお付き合いいただきありがとうございます。

④DSCF3078_R

追伸。この後に月例会。もう一本放水口~テニスコートは正直キツイ。再び学生時代のクラブ活動の辛さを思い出しました。「けどやっぱりカヌーは楽しい~。」

-参加者-
コウ
キュウ
おーの
SaGi
ゲスト1名
こば(レポート)
アニー(L)

2017/08/24 木曜漕ぎ<御岳ロング>

平日ですが
4名も集まりました!

水が多めなので
簡保まで漕ぎました。

流れが早くて
いつもより迫力があり
楽しい!
2017082401

気温は35度になると言う事ですが、
川の上は快適そのもの!
2017082402

水は良い感じなのに
貸し切りでした!
2017082403

天気も最高で
たまには泳ぐかたもいて

長い距離を楽しんで
終了です!

参加メンバー
 マサ
 ヨネ
 クー
 ヨシ(文L)

2017/8/19  増水御岳をDR

8月19日(土)くもり
今日は放水口からかんぽまでの増水御岳ロングDR。調布橋 水位 -2.09m付近
メンバーはアンディ(リーダー)、なぎさん、みちこ、オレの4名と少人数のパーティ。
オレ自身、放水口からのDRは数えきれないほど経験しているが、増水DRは今回が初めて、加えてかんぽまでの行程も初めてと初めてづくし。期待が高まるぅ。

l_cbd86237d9ed03a0a17838d846b1804522015270[1]_R

集合時間の1時間前に集合場所に行っているとのアンディからのMLを受けて予定30前には全員集合、さすが!!
夕方からの天気予報は荒れそうだったので、サクサク下ろうと着替えを済ませスタート地点である放水口へ。
それにしてもラフトの数がハンパなく多い。ラフトの合間を縫ってDRスタート。

l_cff4619a1740314265cfc610e5fd418f4fa598f9[1]_R

カップスター、三岩、歯っかけといつもと違う水量、景色、久しぶりに感じる白波の浮遊感、思った場所にエディキャッチが出来ず落とされたり、ボイルにスタンを食われ沈しそうになる感覚を楽しみながらどんどん下っていきます。

l_dd36664eea20145952f676791d8b91ec7a2df795[1]_R

ウェーブホイールを試してもバウが川底に触れる心配もなく楽しい・楽しい。
(しかし、この調子の乗った行動で体に異変が・・気持ち悪っ、船酔いです。クランク下とゴール手前で休憩をとるハメに、皆さんご迷惑かけました。次回は酔い止めを飲んで参加します。)

l_94558b5a494e74adfee15b2e4ba44eddd21779b5[1]_R

それはさておき、みそぎ、エンダーポイントと更に先を急ぎます。定番スポットは潰れて無くなっているけど、増水ならではの至る所にプチウェーブやプチフォールが出来ていてそれぞれ思い思いに楽しんでいるようです。
軍畑手前のザラ瀬もスイスイ下れます。ストレスなし。

l_865ce55c9f543f20ac38940c55fe055720e06ca2[1]_R

いつもこれくらいの水位があれば楽しいしDRスキルは確実に上がるのにな~と思いつつ中間地点であるテニスコートを目指します。
テニスコートからかんぽまでは、あれだけ居たラフトもほぼゼロ、4人だけの貸切状態。人工物が殆どなく北海道の千歳川や尻別川のDRを思い出しながら気持ちの良いDRを楽しみます。サギや低空飛行する猛禽類に加えカワセミにも出会えた。さすが御岳、多摩川上流だ。

l_f8681b987d9c4ed70acba1434196dbf94393d014[1]_R

なんだかんだであっと言う間にゴール。手前のかんぽウェーブで最後のお遊び、若干潰れ気味なのか難しいけどそれなりに楽しめます。俺もDR途中でマジ沈をしたけど、なぎさん、見ましたよ。最後の最後にマジ沈しているところを!!

l_e9dcb7844acf31e06d6aff07ec2e67997ec94740[1]_R

怪我もなく今回のイベントは無事終了、天気も何とかもちましたね。
次回の増水時にまたやりましょう~!!

参加者(敬称略)
なぎ
みちこ
支部長(レポート)
アンディ(L)

2017/08/11 山の日漕ぎ<初級者ダウンリバー>

山の日と言ったら、
山の近くにある川ですね。

初級者の練習の為
川へ!
その前に
ダウンリバーして
楽しんだので、
お次は初級者とダウンリバーでした。
20170811_11

水は少し多めだけど
岩も隠れて
良い感じになります。

参加の初級者はお一人でしたが、
声かけにこたえてくれて
他にも3名来てくれました。
20170811_12

ベビトラの初級者に対する
愛情が見られますね!

まずは練習しました。

釣り師の方もいましたが
問題なく出来ました。
20170811_13

失敗して泳いでも
夏なら大丈夫!

そして
ダウンリバー
これが本番

説明しながら
練習しながら下って行きました。

流されても
サポートも大勢いましたので
無事にレスキュー完了

今回は、前回
歩いて行かなかったところもにも
挑戦しました。

結果は?
でも
レベルがまた上がったのは
間違いないです。

早めに時間にゴールしました。

本日は、ラフトも沢山出ていました。
次から次へと!

ラフトとも仲良く川を楽みました!

参加メンバー
 ポンダ
 なぎ
 ごまきち
 アンディ
 ヨシ(L・文)

2017/08/11 山の日漕ぎ<早起き>

8/11山の日、金曜早朝漕ぎ
 ヨシさんの呼びかけで金曜漕ぎの前に
下見を兼ねての早朝漕ぎ。
20170811_01

山の日はお盆の連休の初日。
少し余裕をみて早めに出るも、中央道既に大渋滞。
調布より乗るが府中で一般道へ。
6時30分集合に三分遅れで到着。
軍畑へ車を置き、放水口より下る。
早朝にもかかわらず、釣り人多し。
ヨシさんは金曜漕ぎのため早めに下る
というので、ヨシさんの後をついて下る。
20170811_02

他のメンバーは瀬遊びしながらとのこと。
台風の後の為か少し水多め。
歯欠の下で沈脱。ヨシさんにレスキューいただく。
その後も二回沈するがなんとかロールで上がる。
8時30分軍畑に上がり、私(クー)は帰路へ。
10時前に帰宅。
20170811_03

(ここからヨシ)
 山の日の早朝にも
かかわらず、大勢集まってくれました。
この時期の早朝は
気持ちいいですね!

参加者メンバー
 キュウ
 アンディ
 おーの
 アニー
 ヨシ(L)
 クー(文)

2017/8/6  早起き

月例会の朝は下見を兼ねた早起きトラウトがお約束ですね。今回は3名が名乗りをあげて下さいました。ロンドンで行われている世界陸上にちなんでウサイン・ボルトポーズで集合写真。残念ながら100mでの、日本勢の決勝進出も9秒台も実現しませんでしたね^^;

①DSCF2001_R

いつもより30分早い6時集合、6時半漕ぎ出し。朝早いのは確かに気持ちイイけど、自宅が遠いワタクシは今朝3時起きでした^^;

②DSCF2006_R

いつもより早く漕ぎ出したのは、寒山寺駐車場に一旦上がって「多摩川1万人清掃大会」に参加したためです。グラビティ後藤さんの呼び掛けに、カヤッカーが数多く参加されてました。

③20621184_1528757600496581_4199201712075232142_n[1]_R

皆さんカヤックに乗って、スプレースカートの上にゴミ袋を抱え、ゴミの溜まり易いエディの奥を物色したり、河原や中洲に上陸しての清掃活動を軍畑大橋まで。

④20604321_1528757993829875_7699975517775925410_n[1]_R

御岳は観光地として成熟しているのか、意外なほどゴミが少なかったですね。約20名のカヤッカーが、寒山寺~軍畑大橋までで収集したゴミの総量がコレですから…

⑤20604395_480235602335182_5635052630408063407_n[1]_R

なんとなく清々しい気分で終了して、月例会の集合場所テニスコートへと移動しました。

参加者(敬称略)
アンディ
コバ
コウ(リーダー&レポート担当)

2017/8/6  月例会

8/6(日) どんより曇り 湿度高めで蒸し暑い日

ベビトラ月例会です。
パックラフト3艇・プレイボート7艇の10名が大集合
そんな中、紅一点のワタクシ
私事ですが4年ぶりのカヤックでうれしさ半分&怖さ半分=緊張ドッキドキ
年齢層やや高めのメンバー(笑)と「はじめまして~」の方が多くすっかり「昔の人」です

①DSCF2016_R

全員で放水口からのダウンリバー。目指せテニスコート!
艇に乗り込む時のムギュと体を入れる感覚とか
スプレーをパンッパンッとはめていく音とか
全てが懐かしい~・・・

②DSCF2019_R

なによりも、このプカプカ浮力感とパドルから伝わる水の抵抗感と
そして川のにおい。 オー御岳よ~

③DSC01829_R_R

懐かしがっている場合じゃなく、ロール!ロール!
ダウンリバーが始まる前に、ロール練習。3連続ロールして心を落ち着かせる。
沈して体の天と地が逆になっている間の艇との一体感にも感無量。
目の前が水の泡だらけな感じも。

④DSC01828_R_R

さてスタートです。

皆さんの余裕が羨ましいぞ。私一人ガッチガチ。
出発して放水口すぐ下にホットなスポットがあり、人だかり。カヤックだかり。
御岳のにぎわい感じました。

⑤DSCF2037_R

さてさてどんどこ進んでいくのですが、いやはや思い出しました。
御岳って岩ゴツゴツのテクニカルコースだったんだった(><)
ピンポイント極小エディキャッチをキリッと決めれば格好もいいのだが
ダラダラ~と流れて締りのないキャッチにしかできてない・・・

DSCF2022_R.jpg

三つ岩をスカウティング。もードッキドキです。
安全コースで何とかこんとか。
歯欠け岩のあおり波を受け沈。きゃ~流水ロール実践→こちらも何とか。フ~。

⑦DSCF2029_R

その下の大きな岩エリアもスカウティング。
ここも安全コースを選択。
そんな緊張の岩場でもパックラフトはズンズン進む。無敵感満載。すごいです。
すでに体力の半分は川の流れとともにサラサラと流れてしまい
体力の無さを痛感していた時に「お昼休憩」の声♪ヤッター

⑧DSCF2031_R

後半戦は禊の上までスルスルと。
アンディがカメラを構えてくれているらしいが
自分のことで精一杯。進む先の波に集中。スルリと通過。ホッ
以前はもっと高低さがあって、波も高く大きかったような・・・?
けど、スポットでは遊ばず体力温存してました(笑)

⑨DSCF2039_R

軍畑前のガタガタ続く坂道のような所で、岩岩の洗礼を受けて
岩に乗り上げちゃったりしながら軍畑へ。
この頃からポツポツと雨が降ってきた。テニスコートまではもうひと漕ぎ。がんばれ。
どんどんと雨が強くなり、大粒の雨が川面を叩く。メットも叩かれる。

⑩DSC01864_R_R

ずぶ濡れになって(とっくにずぶ濡れなんだけど)ゴール到着。

⑪DSC01865_R_R

久しぶりのカヤックはやっぱりやっぱり楽しかったです!
今回は自分の事すらままならず、メンバーに気を配る余裕もありませんでした。
サポートの皆さんありがとうございました。
レポートも自分の事ばかりですみません。
次回はもう少し余裕をもって漕ぎたいナ。

皆さんお疲れ様でしたーー。
PS 思いっきり手漕ぎだったようで、両腕筋肉痛でダルダルです。

参加者(敬称略)
アンディ
ぺー
支部長
おーの
SaGi
ブンブン
コウ
かず(初参加の感想文)
みちこ(レポート)
コバ(リーダー)

次に初参加かずさんの感想です。

パックラフトで参加しましたカズです。

⑫かずさん_R

今日は色々と教えていただきありがとうございます。
カヤックのクイックな動きにあらためて驚きました。
川下りが目的なので、今のところゴムボートでいいかなと思ってます。
複数人数での川下りは楽しいですね。
次回もよろしくお願いします。

2017/08/03 木曜漕ぎ 御岳

久しぶりの木曜漕ぎでした。
20170803_01

最近、水が少なめでしたが、
本日は、いつもの水位に
戻っていて
楽しかった!
20170803_02

暑いときは、水遊びに限りますね!

暑ければ
水をかぶれば
良いので
川の上では快適です

平日なのに4名で
漕いで楽しみました。
20170803_03

早めに漕ぎ始めれば
もう一本できます

お二人は
もう少し漕ぐと言う事で
またスタート地点へ行きました

参加メンバー
 マサ
 ヨネ(サブ)
 アニー
 ヨシ(L・文)

2017/06/28 木曜漕ぎin水上

木曜メンバーで水上へ遠征してきました。

水が多過ぎても危険で
ある程度ないと楽しめないので
予想が難しいのですが、
下がり気味の水位なので
行ってきました。

水上の水は冷たい!

気温は高いけど
水はヒエヒエです
20170628_01

水上初のメンバーもいるので
大きな瀬では
スカウティング(下見)をしながら
いきました。

あとは一人ずつ、ゴー!
20170628_02

瀬が大きくて
楽しいですね
20170628_03

紅葉峡は、狭くて
怖いけど
色んな流れがあり
無事に突破できると
かなりの達成感です!
20170628_04

そのあとは
癒しの区間があり、
また大きな瀬も
いくつかありました。
20170628_05

最後は、筋力の限界まで
漕いで終了でした。

楽しかったです!

参加メンバー
・マサ
・ヨネ(サブメンバー)
・ヨシ(L文)

2017/06/15 木曜漕ぎ

15日の木曜日は水上予定でしたが、御岳に変更していただきました。

今回はヨシさんと私(マサ)の二人だけでした。

20170615_01


ダウンリバーというより、ずーとスポットで遊んでいた感じです。

すべて貸し切りなので、休むヒマがありません。

前半で体力のほとんどを使い切ってしまいました。

20170615_02




今年の漕ぎペースは昨年より多めに漕いでますが、

上達の具合は自分では把握できていません。

帰り際にヨシさんから「うまくなった」と言っていただき、

にこやかに御岳を後にしました。

20170615_03



参加メンバー
〇 マサ(文)
〇 ヨシ(L)

2017/06/10  6月度月例会(御岳DR組)

梅雨にはいったというのに、ピーカンの夏日。気温がほどよくあがる中、寒山寺に集合して集合写真を撮ったのち、白丸組とダウンリバー組にわかれて6月月例会スタート。ダウンリバー組のレポートは、冬眠から目が覚めたらすでに夏日だった、2017年漕ぎ初めのカミヤがお送りします。

①DSCF5043_R

ダウンリバー組の参加メンバー
コウ(リーダー)
Andy
がくちち
キュウ
SaGi
こば
ゴマキチ
カミヤ(レポート)

ゴマキチさんは膝の故障のため、寒山寺から合流ということで、残りのメンバーは放水口へ。あったかい季節にしか漕がない自分にとっては実に約9カ月ぶり(!)の放水口。そういえば昨年の漕ぎ納めは、台風一過の増水中に早起きで参加して、実に10数年ぶりに泳いでたっぷり水を飲んだのが昨日のように思い起こされます。
さて気を取り直して、放水口より漕ぎだし。水はさすがに少ないですが、これでも先週よりは少し増したとのこと。ポカポカ日差しに半そでのラッシュガード1枚の夏気分でロール練習を数回やったら予想外に水が冷たい。冷えていく体と気持ちに負けないよう、こまめにフェリーグライド&エディキャッチ&ストリームイン&アウトなどと基本練習して体温をあげ、カップスターの瀬へ。

②IMG_7642(2)_R

ほどよいウェーブでみんなでサーフィン。新緑に囲まれての水遊びは最高ですね。SaGiさんもパックラフトですいすいサーフィン。

③IMG_7646_R

自分も久々にしては まあまあ乗れていて、体が覚えているようです(うまくはならないけど)。ハッカケの瀬に向かう途中には、アオサギがいたりカワガラスがいたりカワウがいたりと、バードウォッチングも楽しめました。
ハッカケの瀬では、キュウちゃんがスピンと縦スピンの回転ワザ(回されワザ?)で同行メンバーを驚かせる場面もありましたが、皆 無事クリア。タテチンの瀬の手前では、SaGiさんのパックラフトのために、AndyとSaGiさんで左岸側からスカウティングをするなど、カヤッカーとして忘れてはいけない模範的な行動も しっかり。

④IMG_7664_R

スカウティングの待ち時間には、がくちちさんがひたすらスピンの練習をするなど、さすがベビトラ常連さん、ストイックだなーと感心しました。しかしタテチンの瀬は水が少ないと確かにコース取りが難しいです。これ、ここでチンしたら、浅くてロールもできなさそうなので、相当な逆ヘッドバンキングを覚悟しないとダメですね。コース取り要注意。
のんびりエディーキャッチをしながら寒山寺へ。ここで待ちくたびれ気味のゴマキチさんと合流(おまたせしました)。寒山寺で昼食&記念撮影。

⑤IMG_7675_R

⑥DSCF5056_R

澤乃井園のお客さんも増えてきて、賑わいのシーズンを感じさせます。こんな夏日、カヤック後の一杯は旨いだろなー、一杯目はビールで二杯目は冷酒だな、などと妄想を膨らませつつ、ビキニを着たボンレスハムのような外人さん家族に目を奪われていたら、あっという間にミソギの瀬に着いてました。ここでもみなさん、楽しくウェーブで水遊び。仲良く並んでサーフィン三昧。こばさんは関西で鍛えていただけあって、1段目にも果敢に挑んでました。

⑦DSCF5060_R

自分はというと、カヤックでの1段目はちょっと怖いので、パックラフトをSaGiさんに借りてチャレンジ。このパックラフト、水面を思いのほかスイスイ漕ぎあがれます。2段目のサーフィンでうまくいったので、気を良くして1段目へ。お?なんか全然余裕な感じ? と思ってるうちに、ホールに引っ張り込まれてリーンもできず、あわあわしているうちに上沈です。

⑧DSCF5064_R

あら?ラフトでもひっくりかえるのね、と思いながら泳ぎました。サイブレスとスプレースカートがあれば思いっきりリーンをかけて1段目でも粘れるかもしれません。ホールに入ると、ラフトの底がボコボコ振動するのでロデオの馬乗りみたいで面白かったです。一瞬の喜びでしたけど。

⑨DSCF5065_R

そしてまた のんびりダウンリバー。後半の見どころは、テシタホールの がくちちさん。果敢にホールにはいっていい感じになりつつも 食われて上沈。ロールするも上がらず。ロール二回目、う~ん、頭が早くて決まらず。ロール三回目、まだいく! 三度目の正直、と思いきや またも惜しい。さあ、そろそろ脱か?と思ったところに、起死回生の四回目!見事にロールが決まりました! パチパチパチ! 歓声があがるも、がくちちさんは さすがにちょっとお疲れでしたね(笑)。あの根性、凄いです。いいものみました。

⑩DSCF5066_R

そしてゴールのテニスコートへ。バーベキュー客で賑わっているなか、ほどよい疲れと日差しに包まれながら、ダウンリバー組は解散となりました。梅雨にもかかわらず、夏日の陽気で最高の1日になりました。みなさん、お疲れ様でした。

2017/6/10  6月月例会レポート(初心者体験会)

日時: 2017年6月10日(土)
場所: 白丸湖
参加メンバー: ヨシさん、ペーさん、おーのさん、ポンダさん、たいちさん、つかささん、
コーシローさん、ヤマ(計8名)

①DSCF5042_R

6月10日実施の月例会の初心者体験会組について、ヤマがご報告させて頂きます。
寒山寺から車で白丸湖に向かい、白丸湖近くの陸上での安全講習と漕ぎ方の説明の後に白丸湖に降りて基本動作の練習をしました。

②P6100021_R

③P6100023_R

当日は最高気温が30度位まで上がり、陸地ではちょっと暑いくらいでしたが、水上だとちょうどいいくらいの気温で、カヤックの浮遊感も相まってとても気持ち良かったです。

④P6100057_R

その後、お昼休憩をはさんで上流に向かい、ちょっと流れがある所で流れに乗る練習をしました。ペーさん、ヨシさんがスイスイ乗りこなす中、初心者組は続々とひっくり返って、沈しちゃいました。

⑤P6100033_R

今回、半年以上空いての参加でちょっと不安な部分もありましたが、やっぱり最高に気持ち良くて楽しかったです。次こそは川に繰り出して流れに乗っていきたいです。

-続いて体験者4名の感想を載せます-

つかさです。楽しい体験ができました。ありがとうございました。
白丸湖での初心者体験会は天気も良く、同期のメンバーにも恵まれとても楽しくチャレンジできました。

⑥P6100035_R

講習は陸上でカヤックの用語や乗り方、沈脱方法の講義のあと湖へ!
ドキドキしながらカヤックに乗ってみると水面が近くてチョー気持ちいいo(^▽^)o
まだまだ思ったように漕げないけれど、早く川下りに挑戦したいです。

----------

ポンダです。月例会に参加させて頂きありがとうございました。
まるっきり生まれて初めてのカヤック体験でした。
各種部位の呼び名から、乗り方、漕ぎ方2種類、沈脱迄経験出来ました。
カヤックに乗り込んだ時、もっと窮屈だったりするのかと想像していましたが、想像よりも乗り心地が良かったです。

⑦P6100029_R

自然の中、木々に囲まれている中で、浮いている事が気持ち良かったです。
恐怖は、少しありました。沈する恐怖です。
真っ直ぐに進む事が、こんなに難しいとは思わなかったです。
川の流れのある所を目指して移動する時や、その流れに入っていって、流れる時の気分は最高でした。
次回も、参加させて頂きたいです。今後ともよろしくお願いいたします。

----------

たいちです。先日はありがとうございました。
【3つの衝撃】
沈脱3回。初めてとはいえ多いと思う。
事前説明を終え、カヤックに乗り待ちをしていると、遂に自分の番になった。
おーのさんに支えて貰いながら、不安定なカヤックに恐る恐る乗る。時間をかけてスプレーを付け…やっと乗れた。水面に出て、バランスを取りながらゆっくりと漕ぎ始めると、湖の上には爽やかな風が流れ、気持ちよかった。
少しカヤックを進めてから見回すと、当然大自然が目に入り、自然の中でゆったりとカヤックを漕ぐ快感に衝撃を感じた。

⑧P6100032_R

最初は乗るのも苦労していたが、次第に慣れ始めると、湖をただ漕ぐだけでは物足りなくなってしまった。
ふとここで、始める前に教えてもらった沈脱時の対処法を思い出していた。
ヨシさんに「ここで沈脱したらどうすればよいですか?」と訊き、「ボートを持って岸まで泳ぐ」とのことだったので、岸の近くまで行ってから沈脱してみた。
想定していたとは言え、顔に当たる水に驚きつつも、何とか手順を思いだし沈脱。パドルをしっかり握りながら、ボートに掴まり、ばた足をする。
全く進まない。衝撃的なことに、泳ぎ方を忘れているのである。
なんとか岸に上がり、中に入った水を抜き、もう一度カヤックに乗る。沈脱後の面倒臭さを感じ、極力避けたいと思ったが、まさかこの後2回も沈脱するとは思っていなかった。

⑨P6100042_R

その後少し上流に漕ぎあがり、流されつつも流れのある場所まで来た。
流れに入った時の急に加速する感覚に驚きながらも、しっかりと乗れた快感は衝撃的であった。
次はもっと深く入ってみようと思い、また登る。
流れに深く入った瞬間、大きく揺さぶられ、あえなく沈脱。想定していなかった沈脱に一瞬パニックになり、スプレーを外すのに苦労する。
何よりも沈脱したことが悔しく、もう一度深く入ってみる。
またもや沈脱。しかし、今回はスプレーをすぐに外すことができた。
その後はゆったりと流れを下り、秋はまた綺麗だろうなーと思いながら美しい大自然に酔いながら戻った。
沈脱3回とメンバーでは一番多かったが、それ故にカヤックの奥深さを感じ、是非また次回も参加したいと思った。
それ以上に自分で道具を揃えて練習したいと思ったが、車が必要なのがどうしてもネックである。
何はともあれ最高の経験でした。ありがとうございます!次回は流れのある場所に挑戦したい。またよろしくお願いします!!

----------

コーシローです。
カヤック体験では白丸湖、初めてでして湖までの行き来で己の体力低下を痛感いたしました(笑)
しかしインストラクターのヨシさんやおーのさんはじめ参加された方々が、とても気持ちのいい人たちでしたので私自身も肉体の疲れより心の気持ち良さが残っております。

⑩P6100049_R

自分の足の具合を何とか調整して、できれば小学生の息子と流れに挑戦してみたいです。
息子の方が私よりうまく乗れますから(笑)
まだ少し足の不安を抱えておりますが、来月参加できましたらよろしくお願いします。

2017/06/10 早起き

本日は、月例会です、
月例会と言えば、
まずは早起きで一本!
20100610_01

3名で
下りました。

朝早いと
気持ちが良いし
道も空いていて

そして川も貸し切りのような
状態!
良いことずくめですね。
20100610_02

色々と
遊びながら下って
9時過ぎころゴールです。

楽しかった!
20100610_01

月例会が無ければ
満足して
そのまま帰りそうでした
(^_^;)

参加メンバー
 コバ
 おーの
 ヨシ(L・文)

2017/5/27  長瀞月例会Camp&Kayak

皆さんお疲れさまでした。この度ベビートラウトに入会させて頂いた「こば」が月例会初参加で、初レポートを行います。皆さんの顔とニックネームがまだまだ一致せず、つたないレポートとなりますがよろしくお願いします。

参加メンバーはキュウ(リーダー)、アニー、コウ、SaGi、まめ、がくちち、つ・あ、よしだ(ど)、おーの、Andy、ヨシ、ナベ、シゲ、ペー、いばさく、スモも、ノリー、ヤジ、こば(敬称略)の19名で、当日はDR組と講習会組に分かれての開催となりました。

朝、長瀞に向かう道中は所々で雨が降っていましたが、10:00に「道の駅みなの」に集合した時には晴れ間が広がり、絶好のカヌー日和となりました。集合後はリーダー仕切りのもと、自己紹介と安全確認を行いましたが、先ず驚いたのは参加者の多さと、きちんと安全確認行為を行っている事でした。

①DSCF5003_R

スタート地点の皆野中学校裏の水量は少なく、エントリー時はパドルをガシガシ当ててしまう程でしたが、しばらく漕ぐと小さな瀬も現れる程のコンディションになり気持ちが高ぶってきました。

②DSCF5015 (13)_R

鉄橋下の瀬でしばらくウェーブを楽しみましたが、皆さん本当に上手に乗ってて、ベビトラのレベルの高さに驚きました。その後はステミの瀬、スピンホール、セイゴの瀬と各スポットで遊びながら下っていきましたが、ベビトラ以外のカヤッカーも皆さん上手で楽しそうにプレイしているのが印象的でした。

③P5270012_R

・・・ここで唯一の初心者体験参加者/ヤジさんの感想文を挟みます・・・

ヤジです。土曜日は大変お世話になりました。
午前の部・午後の部ともメンバーの皆様には暖かく迎えていただき、カヤックをやるならこのサークルにお世話になりたい!と強く感じました。
特に午前の部ではマンツーマンで講習を行っていただいたことで、午後の川下りをスムーズに楽しむことができ、ちょっぴり流れの強いところもコースをガイドいただけ、カヤックの楽しさを満喫できました。

④IMG_0018_R_R

ぜひぜひ今後ともよろしくお願いいたします!
まずは流れの強いところでも焦ることなく漕げるようになりたいです。

・・・そしてDRレポートに戻り・・・

亀岩付近で軽い昼食を摂り皆で記念撮影をしました。

⑤DSCF5004_R

小滝の瀬では一部メンバーが下見をした後みんなでトライしましたが、メンバー全員が沈脱することもなく無事クリアしました。

⑥DSCF5006_R

岩畳の瀞場では大勢の観光客の皆さんの熱い視線を受けながらのDRとなりましたが、一部メンバーのカートホイールやバウストール、静水ループなどの技を披露し、喝さいを浴びましたね^^

⑦DSCF5015 (12)_R

その後はピンホールの瀬、白鳥荘二股の瀬とひとしきり楽しんだ後、全員ケガなく無事にクツナシの瀬にゴールしました。

・・・続いて夜の宴会レポートはまめです・・・

宴会参加者は、あき、アニー、Andy、おーの、キュウ、雲さんファミリー、コウ、こば、SaGi、シゲ、スモも&ノリー、ぺー、ヨシ、まめの計16名でした。昼のDRがいつになく順調に早く上がれた為、17時過ぎには集まった人達が早速ビールを開けていました。皆好き勝手に始めてしまうこのユルさがイイですね。私は、飲みたい気持ちを抑えBBQ用の下ごしらえをしました。包丁とまな板もですが、お鍋やお皿まで貸していただいたAndyさんには深く感謝です。

続いて炭火を起こして、待ち焦がれた日光畜産ご謹製のお肉に出会えた時の嬉しさはひとしおです。和牛カルビ、牛ハラミ、牛タン、豚ロース…どれも本当に美味しかった。特製のタレがまた良いですね。私はハラミがとても気に入りました。でも和牛カルビの脂の甘さも捨て難い。要はどれも最高だったということです。

⑧DSCF5012_R

ここで忘れてならないのが右肩負傷の中、ずっと肉の焼き係をしていただいたアキさんに深く感謝です。ところで、折角アキさんが焼いてくれた和牛カルビをシゲさんが落としたのは見逃していませんよ。大事なお肉ですので注意してくださいね。笑

⑨DSCF5015 (2)_R

この大人数では、なかなか纏まりがつかず、全員揃っての乾杯は、ほとんど出来上がってからのタイミングであることが、集合写真で見てとれます。

⑩DSCF5015 (1)_R

それから、お肉以外にも皆さんの持ち寄り一品が美味しものばかりでした。おーのさんの“竹輪とみょうがのおかか和え”と“玉ねぎスライスのピクルス”はさっぱり系でお肉を食べた後の口直しにぴったりでした。スモも家の“ポテトサラダ”はクラッカーの上に盛り付けられて食べやすく見た目もオシャレで美味しかったです。コウさんの“ゆでそら豆”は旬の美味しさでしたね。茹でる時に成田山のお神酒を入れていたのが渋いです。ぺーさんの“洋風冷奴”は塩とオリーブオイルのみの味付けでしたが思いのほか美味しかったです。ずばり切っただけのヨシさんの“トマト”は、これが甘くて焼肉の箸休めに最適でした。アニーさんの“蕗と筍の煮物”も渋かったですね、酒のアテにぴったりです。Andyさんの“南国カレー風味焼きうどん”と“和風焼きうどん”は、エスニックと和テイストが呑ん兵衛の小腹にぴったりのタイミングで絶妙でした。あきさんの果物の差し入れは唯一のデザートで他の人と被せないヨミは流石です。終盤になっての雲さんの富士宮焼きそばは調味料が本物ではないとのことでしたが、とても美味しかったです。あと、シゲさんらしくないミモレット(チーズ)のスライスがとても印象に残っています。他にも色々あったのですが、メモるのを忘れて思い出せません。紹介できなかった方、ごめんなさい。

⑪DSCF5015 (3)_R

バーベキューもたけなわな頃、CPCさんお三方の飛び入りも場を盛り上げてくれました。噂に聞く下ネタはスモもさんに遠慮して、大人しかった気がします。差し入れも惣菜や鶏肉など色々いただいて有り難かったです。

⑫DSCF5015 (5)_R

一通り食べて飲んでまったりした頃、アニーさんが帰宅し、その頃から少しづつ人が減り始めた気がします。私は既に記憶が曖昧になり、最後に残っていたのは、スモもさん、ぺーさん、キュウさん、シゲさん、雲さん、CPCお三方と私だった気がします。しみじみと焚き火を囲みながらの雑談はキャンプの風情ですね。

⑬DSCF5024_R

ほぼ朦朧としながら寝床に向かう時、野良猫とすれ違ったのですが、睡魔に負けて生ゴミを片付けずに寝てしまいました。ゴメンナサイ。朝、片づけをされた方、申し訳ありませんでした。次回参加した時は気をつけたいと思います。

翌日はサイコーの天気でしたが、雲さん一家は観光で漕がず。

⑭DSCF5016_R

結局漕いだモノズキ3名のうち、コウが最後の3行だけのレポートを担当します。

⑮DSCF5015 (6)_R

これで滞りなく長瀞Camp&Kayakは終了しました。これから夏本番を迎え、ベビトラの月例会も更に頻繁に行われます。また皆さん一緒にガヤガヤ騒がしく川下りしましょー!!

2017/05/18 木曜漕ぎ<御岳>

朝は、天気が良かった。

平日の木曜ですが、
大勢集まりました!

みなさん、川好きですね~
2017051801

私の方は、先日、届いた新しいカヤック
進水式となりました。

お酒もかけました。

みんなで最初の瀬からゆっくりと
遊んでいました。
2017051802

5月にもなると
気温も水温も丁度良くて
気持ち良い!

沈しても
寒くない楽しい

お久しぶりの
がくちちさん、上手くなっていましたね。
2017051803

練習しながらくだり

スポットでは
遊んで

楽しく下ってお昼前には
ゴールです。

ここから、クーさんレポート

ヨシさんの呼びかけで久々

木曜漕ぎ。前回の木曜漕ぎで冬眠あけの

どきどきダウンリバー以来今期二度目の参加。

4月末右足薬指骨折(ひび・ただしカヌーでではない)。

暫く川から遠のくが、復帰。

いつものように放水口7時半集合。

ヨシさんニューボート(ピラニアのクリーク艇)

まささんもダガーのJITSUを購入されたとのこと。

私はあいかわらず初期型のFUN(すばらしい舟ではある)。

放水口下の瀬(シャンプーの瀬?)で暫く瀬遊び。

まささんカート。がくちちさんスピンくるくる。

誰も沈することなくエディキャッチしながら下る。

沢井で後藤さんのスクール開始出会う。

まだ10時。早起きは三文の得。もう満喫・・・

テニスコートで無事終了。


〇参加者 
 ヨシさん(L・少し文)、
 マサさん、
 ヨネさん、
 がくちちさん、
 クーさん(文)

2017/04/01(土)早起きトラウト〈御岳〉

エイプリルフールに早起きです。

いよいよ春本番か?と思いきや当日未明はみぞれの予報(結局小雨でした)。

メンバーはアニーさんと私(がくちち)、ゲストの3人です。

水量は少なく、全体カツカツ状態なので寒山寺上がりに設定。

木曜日(3/30)は天気も良くて冷たい水も「気持ちいい」って感じでしたが、今日は遠くに雪景色の山も見えて「寒っ!モロ冬じゃん」って感じで3人とも完全装備です。

先週同様カップスターでしつこく練習、多少頑張っても今日は距離が短いので平気です。(それにしてもサッパリ回らなかった・・)

距離が短いのでサクサクではなくネチネチです。

こうなったら片っ端からエディキャッチです。

全体的にカツカツでネチネチでヘロヘロです。

天気のせいか、釣り師がいないのはラッキーでした。

川からあがった後の寒山寺の坂道が堪えました。



メンバー

アニー

がくちち

ゲスト1名


2017/03/30 木曜漕ぎ<御岳>

3月は、2回目の漕ぎでした。
暖かくなってきたので、
平日でも
大勢参加してくれました!
35万人です!

いえ、4人です

気温が高くて太陽が出ていると
水は冷たくても楽しいです気持ち良い!
20170330_01

本日の主役のコメント
折角の日和でしたが水量が少なくカツカツでした。
みっちり漕いで寒山寺あがりもアリですね。
20170330_02

水は少ないけど、
遊べる川は良いですね。
20170330_01

前回より、沢山練習して終了です。

2017/03/25 早起きトラウト<御岳>

3/25(土)早起きトラウト 御岳 -2.43 晴

久しぶりの早起き。今日はホンモノの早起きですから集合6時半!!
朝はやっぱり寒かったです^^;
本日はがくちちさんと2人でしたが、ウォーミングアップ後はカップスターで1時間近くスピンの練習。
ここでかなりヘロヘロになりましたが、あっちこっちでエディキャッチ!
サクサク行きましょう!と言いながらエディキャッチ!(笑)
ロールが怪しいということなので、ロール練習も怠りません。
カツカツの軍畑をくだって終了〜♬

これから下るたくさんの人達に挨拶をして、回送を手伝って帰りましたw

-参加者-
アニー(L)
がくちち

残念ですが写真ありませーん!!

2017/03/19 ちょっと早起き&新人賞表彰<御岳>

アニーさんからの日曜日の呼び掛けにたまらず反応し、参加表明しました。

今回はたかさんと合流して、千葉から二人で御岳へ向かいます。

総勢10名のメンバーが放水口に集合。
挨拶の後、表彰状授与が始まりました。
何の表彰式かと言いますと、、、

DSC01074_R.jpg

昨年の新人賞がわたくし(マサ)との事で、思いがけず表彰状を頂くと共に、恐れ多くも写真の真ん中に居させていただきました。

DSC01075_R.jpg

さぁ、漕ぎ始めます。
皆自分のペースで下っていきます。
10艇集まると景色にアクセントが付いていい感じです。

DSCF8003_R.jpg

途中スラロームコースになっているところ辺りで艇を降り、コウさんと移転したタマゾンに向かいます。

DSCF8022_R.jpg

ここで新人賞副賞の品を物色し購入して頂きました。
皆様ありがとうございます。

で、その品はこちらです。
大事に使わせていただきます。

DSCF8024_R.jpg

水は少ないのですが、少ないなりの楽しみ方があり、僕もネッチリですが皆もとてもネチネチ下っています。
御岳小橋ではいろんな艇に試乗させてもらい、大勢集まるとそれぞれのカヤック談義が楽しいです。
コウさんのスタンスクォートのアドバイス感謝感謝です。

DSC01092_R.jpg

寒山寺をガリガリ、みそぎはゴツンゴツンって感じでしょうか。

DSCF8035_R.jpg

だんだんいい時期になってきました。
今日は寒さは感じられません。
最後、軍畑でまたまたこんな感じで写真です。

DSC01093_R.jpg

-参加者-
アニー(L)
コウ
アンディ
タカ
がくちち
ナベ
キュウ
おーの
ゲスト1名
マサ(レポート)

ありがとうございました。

2017/03/16 木曜漕ぎ<御岳>

久しぶりに漕ぎました。
20170316_01

水は少な目でしたが、
リハビリには丁度良かったかも

沈しても寒くない季節に
なってきました。
20170316_02

水は綺麗!
そして貸し切り
20170316_03

楽しかったです!

〇参加メンバー
 マサ
 ヨシ(L、文)

2017/03/11 ちょっと早起き<御岳> 

ちょっと3/11(土)ちょっと早起き -2.43 晴
コウ、アンディ、ナベ、ゲスト2、アニー

久しぶりの御岳。今年2回目でした^_^;
少し早めの0830に集まったのはこのメンバー。ナベさんは4ヶ月ぶりとのことです。

DSCF7001A_R.jpg

まず始めに黙祷。あれから6年が経ちましたね。

ロールを試すもの、試乗艇に乗るもの、2本目に備えてエコ漕ぎな者(笑)、それぞれがそれぞれの目的で漕ぎます。

DSCF7007_R.jpg

しかし、ひどい渇水…特に寒山寺から下はカツカツで大変。なんとかフネから降りずに行けましたがパドルでガリガリしました。ミソギの2段目の岩も頭を出していて乗れず。
しばらくは寒山寺上がりでもいいかもです。

DSCF7011_R.jpg

来週は日曜日に漕ごうかと。ご一緒できる方はヨロシクお願いします♬

2017/01/26 木曜漕ぎ<桂川>

今週も、桂川へ行きました。
 
朝は、寒いですね。

先週の雪の影響か、
今回はツララが多くの場所で
見られました!
20170126_01

都会育ちで
ツララなんて
あまり見たことないので興奮です!

突っついて落としたりして

ツララは見えるけど
晴れていて、
太陽が見えると
暖かくなりました。
20170126_02

川は、水がまだ多くて
楽しいです。

怖そうなところは
慎重に行きましたよ。
20170126_03

昼過ぎの暖かい時刻に
到着しました。

○ 参加メンバー
 ヨネ(准メンバー)、
 マサ、
 ヨシ(L文)