FC2ブログ

2020/08/09 早起き御岳

前日の急な早起き企画の呼びかけにslackに応えてくれたのは5人と、slackを見てなくても集合時間までピッタリ一緒で集まった2名を加えたこの7名の精鋭^ ^

1DSCF2035_R.jpg

フネを置きに向かった早朝の放水口Pでは、昨日からの夜会に参加のこばちゃん含め数名…他にもベビメンバーがいました。盛り上がったそうです。

2unnamed_R.jpg

ゴール地点の軍畑Pは7時前にはパンパンの状態!頭を使って駐車した後、スタートの放水口へ再度向かいます。
水位計は先週の月例会に比べて40cmも下がり、少し残念な気持ちで川へ向かうも…
放水口からたっぷりの水が放出されて、2段ウェーブが!こんなの初めて見ましたー!そしてとても乗りやすい♬

3DSCF2037_R.jpg

8/2月例会よりも少し少ない程度の水量でパワフル、そして十分楽しい!!
カップスターでのサーフィン。

3DSCF2048_R.jpg

消防の瀬でのフェリーなど前半で体力は結構消耗…

4DSCF2055_R.jpg

三つ岩は各々コースを選んでトライ。

6DSCF2058_R.jpg

タテチン岩へのエディキャッチは担ぎ上げしておかわり練習しましたー!

7DSCF2065_R.jpg

後半はこれといった瀬はないですが、岩があればスターンスクォート。たかさんもロックスプラッツ?ん?に挑戦してくれましたーw

8DSCF2057_R.jpg

ゴールまで3時間弱、充実で気持ちのよいDRができました。
ご一緒してくれた皆さん、ありがとうございました!

調布橋テレメータ水位 -2.64m

―この日の参加者(敬称略)―

アニー(L、文)
コウ
こば
いくえ
ナベ
たか
マサ

2020/08/02  御岳月例会

長かった梅雨も明けた日曜日、8月1回目の月例会はゲストを含め参加者20人オーバーと大盛況でした。

1DSCF1062_R.jpg

快晴の御岳は−2.23m前後と増水中。
放水口組とテニスコート組に別れてスタート。
放水口組の注目はモッキーさんのダッキー、3才の息子さんが増水の御岳にチャレンジです。(息子さんが「DR後ハイテンションになっていた」とSlackに報告がありホッとしました。)

2DSCF1078_R.jpg

放水口組はアニー隊長を先頭に、いつもと違うパワフルな御岳を楽しみながら下ります(プレイボートはそこら中で食われまくりながら)。三ツ岩も玉堂もタテチンも鵜の瀬もミソギも、何もなく流れてました。

3DSCF1064_R.jpg

大人数(&三密注意)のため一つのエディに収まらないので、そこら中のエディに色とりどりのフネが入っては出ていく・・・川の圧力集団です。

4DSCF1074_R.jpg

私(がくちち)にとっては約2年ぶりの月例会で、「初めまして」のメンバーも半数近くいたのですが、ろくに挨拶する間もなくテニスコートまで一気に下りました。
ここでテニスコート組のマッキーさん・ヒゲさんと合流。テニスコートあがりのメンバーはお疲れ様となりました。

5DSCF1086_R.jpg

怒涛の前半を漕ぎ終えたメンバーは既に満腹気味ですが、お二人は午前中たっぷりとリハビリ漕ぎ。大変お待たせしました。
昼食後後半スタート。直後、ナベさんがどこからともなく合流。
・・・夏の日差しの中、のんびりとかんぽまで下りました。

6DSCF1091_R.jpg

取り纏めのマッキーさん、回送等アシストのアニーさん・コウさん・おーのさん、他のみなさん、ありがとうございました。

―当日の参加者(五十音順、敬称略)―

あき
アニー(上流組L)
いくえ
うし
おーの
カミヤ
コウ
コタコタ
こば
がくちち(レポート)
さきむら
ドーアン

ナベ(途中合流)
ひげ
ふかさわ
マッキー(L)
まめ
ミイ
モッキー
ゲスト:taibabatai
ゲスト:にごう
ゲスト:トシ
ゲスト:ハルキ
ゲスト:ハルト

2020/07/04 御岳月例会

ふかさわです。

今回1番ヤラレていたメンバーということで7/4(土)月例会レポートさせていただきます。コロナウイルスの影響で4-6月の例会は中止、今回が2020年初の月例会となりました。未だ予断を許さぬ状況を鑑み、回送時マスク着用、手指消毒など最大限の予防策を講じての開催です。

1DASCF1632_R.jpg

今回は初参加のTさん、ドーアンさんを含め15名参加と賑やかな川下りになりました。

2DASCF9004_R.jpg

2DASCF9006_R.jpg

区間は放水口〜かんぽ、水位は-2.24mと私のような初心者をビビらせるには十分な水位で、タテチンあたりまではかなりエキサイティング!コケまくりでロール練習が捗ります。(バウレスまで練習させていただきました・・・!)

3dscf1634AA_R.jpg

私はそんな状況ですが、ベビトラの猛者達は鼻歌気分、楽勝で遊びながら進んでいきます。どうやったらそんなに上手くなれるのかしら?

4DASCF1640_R.jpg

そんな私の思いを見透かしてか、今回リーダーのさきむらさんはじめ、皆さまから技術指導を沢山いただくことができました。私のような初心者にとって参加するたびに新しい学びがあるのはベビトラの大きな美点です。

5DASCF9011_R.jpg

エキサイティングな前半戦を終え、ミソギ以降の後半戦になると皆様まったりモードですが、水量の影響で普段に比べると所々気が抜けない状況です。そんな中、初参加のドーアンさん、しっかりロールを決めてくる!前半戦では後一歩で・・・!でしたので大きな歓声が上がります!そこからはほぼ100%のロール成功率でした。

6DASCF9016_R.jpg

そんなこんなで、かんぽまでの長い後半戦も終え、2020年初の例会は無事終了いたしました。半年ぶりに皆さまと漕いで思ったのは、やはり大人数でワイワイ漕ぐのは最高ですね!次回も皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

7DASCF1651_R.jpg

初参加/T滝澤さん感想文

皆様、この度はお世話になりました。初参加で人生2度目の放水口からのダウンリバーでした。ちなみに先週が初めてです。
先週も水量多めだったのですが、比べ物にならないほど多く、三岩でロールアップし、その後も幾度となく1人ロールアップ祭りでした。皆様のバックアップのおかげで安全に楽しめました。今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

8DASCF1647_R.jpg

初参加でレスキュー大活躍のモッキーさん感想文

はじめてのメンバーのなか漕ぐのは緊張しましたがひとたび沈脱がはじまったらレスキューのことばかり考えてました。新人なのでよろしくお願いします。

9DASCF1639_R.jpg

一番目立った新人(笑)/ドーアンさん感想文

初御岳でしかも増水中ということもあり、ドキドキのスタートでしたが不安的中。上流部ではほぼ沈→ロール上がらず脱の連続で、皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。脱して浮かんだ時に既にレスキューの方が横にいたときは本当に安心しました。下流部では何とかロールも上がるようになり、御岳の渓相を楽しみながら下ることができました。皆様には下りながらテクニックからレスキューの事まで教えていただき、私としてはとても得るものの多いDRだったと思います。安全かつ楽しく下れるようにこれからも練習に励みます!あと、長い艇買います!また皆さんと一緒にDRしたいので、今後ともよろしくお願いいたします!

10InkedDSCF1650_LI_R.jpg

―この日の参加者(敬称略、五十音順)―

Andy
いくえ
おーの
キュウ
コウ
コタコタ
コバ
さきむら(リーダー)
T(感想文)
ドーアン(感想文)
ふかさわ(レポート)
まめ
ミイ
モッキー(感想文)
ゲスト:義兄弟やまもっし

2020/03/07 早起き御岳

こんにちは、アンディです。
久々に早起き常連メンバーと漕ぎました(先日はおーのさんと漕ぎましたが・・)。
今回はちょびっといやほとんど雑談の練習日記です。3月に入り花粉症の本格シーズンとなりました。花粉症の人は外に出るのも川に浮かぶのもきつい季節に。一緒のコアメンバー二人もつらそう。でも、ヨーグルト効きますよ。流行りの腸内細菌で免疫力Upですかね、おすすめです(最近はよくカスピ海ヨーグルト食べてます)

1ABDSCF8004_R.jpg

個人要望で集合を1時間遅らせてもらいました。でも、まだお水はちびっと冷たいです。放水口、上流側への道は変わらず危険が伴うので川まで最短距離で安全第一で川に出ます。真冬の渇水水位でしょうか、調布橋水位計がずれてからよく分かりません・・・。少し濁りも残っています(だいぶ透明にはなってきましたが)

2CDDSCF8005_R.jpg

杣の小橋から下流左岸~遊歩道に業者さんの修復工事(台風被害の復旧)が入ってます。いざという時にエスケープルートともなるため、カヤッカーには非常にありがたいです、感謝感謝!!

3EFDSCF8020_R.jpg

さて個人話ですが実は去年から腱鞘炎となり、その前にもお耳が炎症おこしてなどなど、、沈もロールもまったくしたくなく(避けて)と。。周りのメンバーはたぶん気づいてたと思いますが・・・。事件は突然・・(下に続く)

スタート直後もカップスターも消防の瀬も三つ岩も比較的ネチネチとフェリーなり、スターンカットなり練習してます同伴メンバ。

4GHDSCF8006_R.jpg

三つ岩本流のウェーブってエントリーできそうでなかなかできないんですね~、でもアニーはうまく乗ってました(修業が足りんですね、私は)

5IJDSCF8025_R.jpg

立て沈は以前よりすこーしだけ落差が大きくなったような気がしてあまり気が抜けません(安全ルートは本流左よりでしょうか・・)

6KLDSCF8033_R.jpg

そして鵜の瀬のちょっと上流でしょうか、小さいウェーブホール、意図しない変な向きで入ったらあっというまに90℃のスターンスクォート状態、あれぇ~とチンして、う??ロール?セット?あ、忘れた~~ってことで泳ぎました。おい!何年カヤックやってんだよ!って失態です(既に他メンバーにいじられることもなく・・)でもきっと今はやりの変な菌も腰痛も舟の汚れもきれいに洗い流されたことでしょう!!

7MNDSCF8035_R.jpg

ちなみに来月4月の月例会のイベントリーダは私です(笑)こんなんでリーダーつとまるんですか?って。イベントリーダーはスキル不問です(笑)そう、そんな優しいサークルのはずです、ベビトラは!ベビは川下りのリーダーはベテランさんを別途割り当てます、ご安心ください!なんてしっかりしてるサークルなんでしょ~。技術向上を目指しつつ、いろんなスキルや年齢・男女が集まるサークルですょ・

8OPDSCF8039_R.jpg

みそぎ二段目も水位が減ったせいか、エントリーもしやすくマイルドウェーブになってました。

9QRDSCF8042_R.jpg

軍畑ゴールは渇水になってくると浅くて上陸がしにくいですが、またいいほうに川の流れが変わることを期待して…

10STDSCF8045_R.jpg

メンバーもだいぶ年齢的にもベテランが増え(もちろんピチピチ(笑)の若い奴もいますよ)、私のように故障が完治しないままうまく付き合っていく人が増えていくような感じでもありますが、無理せず通年できるのもカヤックの魅力かと思ってます。
こんな私ですが、基礎から練習に励みたいと思いますのでまたよろしくお願いします。

調布橋テレメータ水位 -2.94m

―この日の参加者(敬称略、五十音順)―

アニー(L)
アンディ(レポート)
コウ

2020/02/29 早起き御岳

日時:2020年2月29日(土) 10:00〜13:00
場所:御岳 放水口〜軍畑
天候:晴れのち曇り
水位:調布橋観測所 -2.94m

早起き企画の御岳に行って参りました。暖冬と言われた暖かさが後押ししたのか、ゲスト3名を含めて総勢8名に集まっていただきました。

1ABDSCF7004_R.jpg

白丸ダムから8t/s放水されると聞いて期待して参りましたが、増えるどころかむしろ少ない。それでも、所々で遊ばせてもらいました。

2ABDSCF7010_R.jpg

楽しいスポットもありましたね。写真は台風後新たに出来たスポットです。

3ABDSCF7017_R.jpg

これからの春本番には、ベビトラの月例会でお会いしましょー!!

―この日の参加者(敬称略、五十音順)―

あき
おーの
コウ(リーダー兼レポート)
こば
ナベ
ゲストA:Yちゃん
ゲストB:Yりん
ゲストC:Hちゃん

2020/02/15 早起き御岳

2020/2/15 早起き御岳
調布橋-2.92 晴れ

少しずつ集合時間が早まりますの8時♬
午後の時間を有効に使うための最善策です!

1D1SCF5003_R.jpg

集まったのはこの精鋭たち。ゲストも含め7人とはなかなかです。この暖かさで漕ぎやすいというのもありますが、雪山に行けない!という裏事情も見え隠れします(T_T)

2D1SCF5001_R.jpg

あちらこちらでスターンを沈め

3D1SCF5007_R.jpg

エディキャッチを繰り返し

4D1SCF5004_R.jpg

三ツ岩にくる頃にはクタクタ…

5D1SCF5011_R.jpg

渇水の中でもいくつか遊べるホールがありまして、なんやかやと3時間かけて降りました。

6D1SCF5037_R.jpg

ご一緒の皆さんありがとうございました!

―この日の参加者(敬称略、五十音順)―

アニー(リーダー兼レポート)
キュウ
コウ
コタコタ
コバ
ゲストAばば
ゲストBモッキー

2020/02/11 早起き御岳

越冬カヤッカーの一員として、やや早めの早起き御岳に行って参りました。Slack募集に集まったヒト約3名。集合時は氷点下でしたが、風が無かった分あたたかで、快調快適に漕ぎ出すことが出来ました。

1DSCF4003_R.jpg

御岳の水位は調布橋観測所-2.91mと、冬の渇水に輪をかけた少なさでしたが、各スポットではそれなりに遊ばせていただきました。いつもとフネ違いますが、カップスターでサーフィンするワタクシです^^

2DSCF4011_R.jpg

一番の難所三つ岩では、2つ目の岩前をフェリーするナベさん。これは難易度高かったですね。

3DSCF4018_R.jpg

それでも、メインに遊んだのはエディラインでのスタンスクォート。写真のアニーさん、直角スクォート決まってますねー!!

4DSCF4023_R.jpg

なんやかや言いながら、軍畑までの漕ぎ2時間半。楽しくDRさせていただきました。立春が過ぎ、日を追うごとに暖かくなりました。冬山に浮気している皆さんが、そろそろ帰るころ。また皆さん一緒に漕ぎ出しましょー!!

-この日の参加者(敬称略・五十音順)-

アニー
コウ(リーダー兼レポート)
ナベ

2020/01/03 漕ぎ始め

漕ぎ始め 1/3(金) 御岳調布橋-2.92m

明けましておめでとう!ということでホームリバーにてコウさん、ミイさん、アニーの3人で漕ぎ始めをしましたー。

4BDSCF0001_R.jpg

3人とは若干の寂しさは漂いましたが、他のカヤッカーは10万人、ボルダーは20万人ほどいて御岳自体はなかなかの賑やかさでした。
年末と同様、水が濁っても減っても、やることは一緒!フェリーやスターンカットなどネチネチと降りましたー。

5BDSCF0012_R.jpg

ミイさんは漕ぎ足りねえ!ということで、途中で別れて日向和田までくだって行きましたー。

6BDSCF0014_R.jpg

寒かったですが、ゴールは陽も当たりポカポカ
とても良い漕ぎ始めができましたー
今年もよろしくお願いしますm(__)m

ー当日の参加者(敬称略、五十音順)-

アニー(L、記)
コウ
ミイ

2019/12/29 漕ぎ納め

漕ぎ納め 12/29(日) 御岳調布橋-2.91m

今年もおせわになりました!ということでホームリバーにてコウさん、ミイさん、アニーの3人で漕ぎ納めをしました。

1BDSCF9003_R.jpg

今年といえば、先ず台風が思い出されます。今までに見たことのない水位、濁った水、そして落ちた橋脚…早く元に戻るといいですね。

2BDSCF0009_R.jpg

水が濁っても減っても、やることは一緒!フェリーやスターンカットなどネチネチと降りましたー。

3BDSCF0005_R.jpg

スタート時はものすごく寒かったですが、ゴールは陽も当たりポカポカ
とても良い漕ぎ納めができましたー
また来年も怪我なく無事に漕げますように!

ー当日の参加者(敬称略、五十音順)-

アニー(L、記)
コウ
ミイ

2019/11/23 忘年&クリパオフ

今回クリパレポートを僭越ながら私コタコタが担当することになりました。どうぞよろしくお願いいたします。さて 軽くひと漕ぎ終えたあとは閑静な佇まいの宿に移動しました。

1DSCF4065_R.jpg

素晴らしいお風呂を頂き部屋に戻ったのですがクリパがはじまるまでどうしても我慢できずプシュッと一本開けてしまった私です。18時頃からだんだん皆さんが会場の歓談室に集まリだし、豪華なオードブルが運ばれプレゼントも揃いクリパが始まりました。

2DSCF4028_R.jpg

コウさん他リーダーからベビトラの活動報告があったあと、今年の新人賞を月例会参加5回のふかさわさんが受賞。商品は長瀞のアクシデントもあって救急セットというオチが付きみんな大爆笑です。

3DSCF4035_R.jpg

そして皆勤賞にコウさんが輝きました。

4DSCF4039_R.jpg

ついでに、紅一点で賞らしいです。(笑)

5DSCF4041_R.jpg

しばらく歓談になり先輩方より私が行ったことのない水上や桂川などの血と汗と涙と根性に彩られた楽しい話を拝聴いたしました。

6DSCF4027_R.jpg

いよいよホワイトエレファント、、わかりやすく言えば横取りプレゼント交換がはじまります。まずふかさわさんがトランギアのメスティンを開けてスターティン!!(一応韻をふんでます)

7DSCF4043_R.jpg

集まったプレゼントを羅列すると…

メスティン+ホイッスル、クッション+クッキー、サーモスのボトル、ひざ掛け毛布、ヘッドライト+金のパン、スノピ皿+ボトルホルダー、キャンプ用椅子、アンダーアーマーロンT、チャムスのマグ、ムーディライト、カヤックの本、ピンクのサーモボトル、ジッポのカイロ、と多彩な品が集まりました。

8DSCF4047_R.jpg

最後に余ったプレゼントを、未確定保持者が交換できるという独自のルールが採択され、コウさん&ふかさわさん2人が立候補。エアギターならぬエアーカヤックの出来栄えで選ぶことに。あの、長瀞事件の再現をエアーカヤックで披露し、リボンをロープに見立てコウさんがふかさわさんを引き上げると大爆笑と拍手喝采です。

9DSCF4042_R.jpg

結局熱演をしたふかさわさんが最終の交換権利を獲得し、カヤックの本を持って帰ることになりました。

10DSCF4061_R.jpg

これで一次会が終わり日帰り組が帰宅したあと、部屋飲み二次会が12時近くまで続きました。長くなりましたので二次会の様子は割愛しますが経験豊富な方のカヤックあるある話は楽しいです。

11DSCF4063_R.jpg

最後に、私は初めてでしたが心の底から楽しめました。今回参加できなかった方も、来年は是非参加されると良いと思います。

-この日の参加者(五十音順、敬称略)-

1.アニー
2.おーの(お宿手配&会計)
3.キュウ
4.コウ(リーダー)
5.コタコタ(レポート)
6.こば
7.シゲ
8.スモも
9.ナベ
10.ノリー
11.ふかさわ
12.マッキー
13.Andy(体調不良で中座)

2019/11/23 最終月例会

コバです。
体調不良にも関わらず調子こいてミソ2を攻めた結果、レポートを書くハメになりました。ベビートラウト2019年度最後の月例会を11月23日(土)に御岳で行い、あいにくの雨天にも関わらず、総勢13名のメンバーが集まりました。

1D0SCF4025_R.jpg

今回は台風19号被災後初の月例会とあって、ダウンリバー前にスタッフ全員で、大雨で流された御岳小橋付近や寒山寺、軍畑大橋、軍畑ゴール付近の状況を確認したうえで開催。スタート地点は御岳渓谷遊歩道の補修が一部終了し、一般観光者の通行をオープンにしていた御岳小橋付近から、軍畑をゴールとした約3キロのダウンリバーとなりました。

2D0SCF4004_R.jpg

スタート直前では通常の安全確認の他に、コウさんから倒壊した小橋の状況共有や川のコンディション等ストレーナーや隠れ岩・障害物などの危険物に対しての注意喚起も行っていただきました。

3D0SCF4002_R.jpg

スタート地点の御岳小橋は先の台風により流されてしまい、約200ⅿ下流左岸に大きな残骸が残っていましたが、ここは右岸寄りに下れば危険なく下れました。その100m下流の右岸忍者岩あたりにも小橋の残骸が目視できる所に点在していました。結局小橋から500m下流の鵜の瀬の東屋付近まで残骸を確認することができ、うかつに沈できないプレッシャーのなか、メンバー一同細心の注意を払い下って行きました。

4D0SCF4007_R.jpg

鵜の瀬橋下流も台風の影響から以前とは異なる様相で、付近一帯ワシャワシャの状態でした。楓橋付近もかなり土砂が堆積し浅瀬部分が増えていましたが、橋の上からは多くの観光者が物珍しそうに我々に手を振ってくれました。

5D0SCF4009_R.jpg

ミソギの瀬入口も何となく様子は変っていたものの、ミソ2が絶好のコンディションで皆さんサーフィンを楽しんでおられ、私も体調不良にも関わらずついつい調子にのりミソ2を攻めた結果、今年の脱納めをするハメになったのです。とほほ…。

6D0SCF4020_R.jpg

軍畑大橋下流は河原の地形が変る程の変化で、ルートが左右に分かれていましたが、我々は右岸ルートを選択し、全員ケガ無く安全にゴールしました。

7D0SCF4024_R.jpg

今回の月例会ではベビとAZを股に掛けて練習に勤しんでおられる“うしさん”が大変上達されているのを拝見し運動神経とカヌーセンスの良さに驚きました。

8D0SCF4023_R.jpg

また、今春長瀞で鮮烈な流血デビューを果たした“ふかさわさん”も着実に上達され、見事に難所をクリアされていました。

9D0SCF4008_R.jpg

そして大ベテランの“ノリーさん”は、今回からピラニアのダウンリバー艇「Z.ONEゼットワン」を新調され、来シーズンもダウンリバーを大いに楽しまれるとの事で心強い限りです。

10D0SCF4014_R.jpg

今シーズン御岳でも色々と楽しませて頂き感謝々々です。来シーズンも怪我無く楽しくカヌーを楽しみたいです。

-今回の参加者(敬称略、五十音順)-

1.アニー
2.うし
3.おーの(L)
4.キュウ
5.コウ
6コタコタ
7.コバ(レポート)
8.シゲ
9.スモも
10.ナベ
11.ノリー
12.ふかさわ
13.マッキー

2019/11/09 臨時の初心者体験会

臨時の初心者体験会を白丸湖で行いました。本来は10/19に予定されていたんですが、例の台風19号で中止となり、今回希望者を募って開催したものです。まずは陸上でのレクチャー、そして準備運動から。

DSCF3062_R.jpg

白丸湖は台風の影響を受けて白濁したまま。ダムの放流が続いているから、数馬橋が見える範囲での漕ぎとしました。今回の参加者は現役大学4年生。それも、超有名校在学中のよしどんさん。我がベビトラの偏差値が、一挙にハネ上がりましたー!!(笑)

DSCF3072_R.jpg

何度かシーカヤックツアーへの参加経験あって、レクチャーはスムーズに。しかしリバーカヤックの勝手が違うのか第一声は「不安定ですー!」。フォワードストロークで真っ直ぐ進まないのも悩みのタネか…。

DSCF3067_R.jpg

気分を変え、湖を周回漕ぎしてワタクシの後ろでコツを掴んだのか、曲がらなくなった様子です。

DSCF3070_R.jpg

乗り出した対岸でお昼休憩のあと、数馬橋を越えた上流の緩い流れでフェリーグライド練もやりました。リーンの切り返しなど、なかなか飲み込みが早いです。

DSCF3078_R.jpg

山登りの趣味あるせいか、湖畔のガケ登り降りも苦にしませんでした。

DSCF3064_R.jpg

艇庫に寄った帰り道、放水口の遊歩道入口の立ち入り禁止看板が悲しかったです。御岳の復活を願わずにはいられません。よしどんさんは、来年の修士1年の学業を経て就職されるとか。その暁にはまた遊びに来てくれますよねー!!

DSCF3082_R.jpg

―よしどんさんから感想文届きましたー

今日は一日ありがとうございました!人生初のリバーカヤック、めちゃくちゃ楽しかったです!基本的な漕ぎ方から流れの横切り方まで色んなことを教えていただいて、本当に濃い一日を過ごすことが出来ました。流れに食われて転覆した時は少しびっくりしましたが、それも含めていい経験になったと思います。またサークル活動に参加出来ることを楽しみにしています!

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

コウ(L、レポート)
よしどん

2019/09/28-29 長良川遠征

9月28日、29日の2日間で長良川に遠征に行ってまいりました!

長良川というとカヤッカーにとっては聖地ということで、ベビードラウトでは毎年の恒例企画ということですが、今年から始めた初心者の私には長良川も遠征も初めての経験でドキドキでした。参加者はベビトラから8名、1日目のゲストとして宿泊するゲストハウス「笑び」のオーナー、池ポンさんと地元カヤッカーのしほさん。
2日目は地元カヤッカーのシゲさんが来てくれました。

まず1日目はビーチから大矢駅まで下ります。
東京から約6時間のドライブを経てたどり着いた長良川の第1印象は、とにかく水が綺麗!そんな長良川ですが、今年は近年のツアーでは一番の渇水との事で、ベビトラのベテランの皆様には少し物足りないかも、との事でした。

11DSCF0001_R.jpg

それでも下り始めたら十分エキサイティング!
スタートすぐの三段の瀬ではみなさんが見ていないところでワタクシ、サラッと沈していました・・・笑

12DSCF0004_R.jpg

その後も初心者の私はどの瀬もクリアするのにいっぱいいっぱいでしたが、そんな瀬の一つ一つでベテランの皆さんはサーフィンに果敢にチャレンジ!格好いい!今回は見学だけでしたが今後の練習の励みになりました。
その後少しのトラブルがあったものの(皆さんヘルプありがとうございました!)無事午前中は終了。

13DSCF0015_R.jpg

午後は午前に増してエキサイティング!
午後一、ヤナの瀬のパワーにやられてロールが上がらず、情けなく脱ってしまった私は続くドカンの瀬、ザンゲの瀬と、いかにも恐ろしげな名前の瀬にビビりっぱなしでしたが、見かねた皆さんに沢山アドバイス頂きなんとかクリア!

14DSCF0029_R.jpg

素晴らしい達成感でしたが、ふと見るとプレイボートで鼻歌まじりにクリアされ、笑顔でサーフィンされる皆さんの姿が!カヤックのテクニックの奥深さを認識させられました笑

15DSCF5375_R.jpg

楽しくダウンリバーした後は、ベビトラ恒例の「笑び」での大宴会です。
私は笑びは初めてでしたが、アットホームであり、オシャレであり、素敵なゲストハウスで一発でファンになりました。
そんな笑びではみなさん持ち寄りの美味しい料理や日光畜産さんの高品質なお肉のBBQをいただきながらカヤック談義に花が咲き、夜が更けるに従い話はディープな方向へ・・・
かなり遅くまで盛り上がりを見せておりました・・・笑

16-71293558_2562927200436975_765482585122930688_n[1]_R

翌朝は玄関前で記念撮影。

16A-71009925_2562927290436966_4697350975097143296_n[1]_R

そうして迎えた2日目はコンノウエーブから洲原神社まで下ります。
やはり水は少ないままですが、天気は晴れ!1日目に増して長良川が綺麗に見えます。
コンノウエーブは道の駅からすぐという好立地で、全国からカヤッカーが集まるという一つの聖地。ベビトラメンバーも気合を入れて挑戦していました。

17DSCF0056_R.jpg

コンノウエーブでしっかり遊んだ後、洲原神社までは比較的マッタリとダウンリバー。日が差すと底まで綺麗に見える水質や、泳ぐ魚を眺めながら下ります。

18DSCF0071_R.jpg

ゴールの洲原神社は川から上がってすぐ神社に続く石段があり、なかなかの雰囲気です。
なんとなく厳かな気持ちになった所で長良川ツーリングは全行程終了。

19DSCF0079_R.jpg

幹事のコウさんはじめ、手助けしてくれたメンバーの皆さん、ガイドやアドバイスを頂いた池ポンさん、しほさん、シゲさん。皆さんのお陰で大変楽しい遠征になりました。
また、残念ながら諸事情により欠席でしたが、当初幹事として声かけから取りまとめまでやっていただいたコバさん、ありがとうございました。
つぎは是非ご一緒させてください!

―今回の参加者(五十音順、敬称略)―

あき
うし
キュウ
コウ(L)
スモも
ふかさわ(レポート)
まめ
ヨシ
ゲスト1:いけぽん
ゲスト2:しほ
ゲスト3:シゲ

2019/09/19 木曜漕ぎ(御岳)

木曜と言えば、
木曜漕ぎ!
20190919_01

平日でも漕ぎましょう!
少しだけ水が増えて
楽しい状態でした。
20190919_02

朝は寒いくらいに涼しかったけど
まだまだ大丈夫でした。

カヤックすれば楽しい気持ちいいくらい
20190919_03

二人で
川を独占して
楽しんで

昼前には終了です。

参加メンバー
 ・クー
 ・ヨシ(L文)

2019/09/14 御岳練習会

三連休の初日土曜日にホーム御岳で練習会を行いました。雨の影響で増水しており、調布橋観測所-2.14m前後だったので寒山寺駐車場下から釡の淵公園をチョイス。前日のSlack告知にもかかわらず、ゲスト2名を含め6名が集まって下さいました。

DSCF8001_R.jpg

今年の長瀞月例会に入会されたふかさわさん。月末の長良川遠征の練習も兼ねての漕ぎでしたが、スタート直後にラフトと絡んでのトラブル発生。しかし無駄には転ばず、そのA-yardさんのラフトにちゃっかり乗って来ちゃったよー!!(笑)

DSCF8003_R.jpg

この水位だとエディラインが難解でボイルも沸いています。それでもテニスコートまで下り、ここで一息入れるべくお昼休憩。

69923478_1429870637189524_2138496931444293632_n[1]_R

午後からの下流域は岩が少ない反面、フネを進めるルート選択が重要になります。気合を込めて漕いでいただいた結果、途中2回の沈も見事な流水ロールが成功。これで自信を持って月末の長良川遠征に向かえるものと思われます。

ーこの日の参加者(敬称略・五十音順)ー

うし
コウ(L&レポート)
ふかさわ
ぺー
ゲスト:A山さん(チームAZ)
ゲスト:T本さん(チームAZ)

2019/09/08 日曜の早起き

ミイです。

ベビでは珍しい日曜日の早漕ぎに参加できました。私は日曜早漕ぎ大歓迎なのですが、これまでは早漕ぎは土曜や平日が多かったので、なかなか参加できませんでした。この時期、頑張って早起きして、朝から川に入れてほんと気持ちがいいですね・・・、気温も水温も気持ちよく、川辺にはちらほら赤とんぼが飛び秋の気配もしていました。
そして、たっぷり漕いでも午前中に上がれる。サイコー!
この日の天気予報は夜からは台風でしたから、漕いだ午前は晴天恵まれ最高に気持ちが良く、ラッキーなタイミングでした、アニーさんに感謝。
この日、参加者アニーさん、コウさん、ペーさん、おーのさん、うしさん、ゲストC葉さんにお供して、御岳から軍畑までダウンリバーでした。

DSCF7034_R.jpg

久々の参加のうしさんも積極的に流れの中でスタンカットや急流の中の狭い場所でのエディーキャッチに挑んでいて、かっこよかった。

DSCF7045_R.jpg

みんなでウェーブでねっちり遊びながら下るのは、ホント楽しかったです。
初心者の私もアプローチの仕方など教えてもらいながら、なんちゃってウェーブ乗りもできて、今後の楽しみも増えました。

DSCF7043_R.jpg

実を言うと、私は、今年になって御岳は10数回川下りを重ね慣れてきていて、怖いから楽しいに変わっていたのですが・・・、
今年の6月の水上での紅葉峡&諏訪峡の初チャレンジが超ハードで、それ以降は、瀬に入るのが少しトラウマになってまして、
慣れてきたはずの御岳でも流れの中で沈したらロールできないのじゃないかと恐怖がありました・・・(笑)。
瀬に入っていくときも、これまではワクワクだったのに、それもなくなっていました。
でも、今回のダウンリバーで、ベテランの皆さんと一緒に遊びながら下りてくることができて、以前のワクワクが戻ってきたので、私にとってはとてもよかった1日でした。

DSCF7082_R.jpg

ということで、私の来年の春までの目標は水上を楽しく下れることなので、練習のためにガンガン御岳を下ります、ロールも確実にできるようにね、ハイ。
日曜早漕ぎもついて行きますので、またお願いします!
素敵な仲間に感謝です。
なんで、私がレポートかって、・・・参加表明が遅かったからであって、
決して泳いでいませんよ!(笑)

2019/08/29 木曜漕ぎ(御岳)

いつもは貸し切りの平日の川ですが、
やっぱり夏は
ラフトや
半分の浮き輪でのダウンリバーや
色々と
遊んでいる方がいました。
20190829_01

にぎやかで
みんな楽しそう!

川遊びは
楽しいですね!
20190829_02

暑ければ
水浴びれば
気持ち良いので
水の上に浮かんでいるだけでも
楽しい
そんな季節の
漕ぎでした
20190829_03

参加メンバー
 ・アニー
 ・クー
 ・ヨシ(L文)

2019/08/24 月例会Part2

キュウです。
またまたレポートを書くはめに:大泣き:
さすがは夏!8月2回目の月例会はゲストを含めて盛況の16名でした。

14DSCF6020_R.jpg

レポートを書くのは、最初に泳いだ人?最後に泳いだ人?はっきりしないけど、うやむやのままスタート。
消防の瀬の下流のエディで小休止の時にキュウとアンディが目撃者となりました。もう泳いでる?人がいた。本人いわく、フネを降りようとしただけだと言い張りましたが、いやいやどう見ても違う違う!レポートカ・ク・テ・イ!!

15DSCF6021_R.jpg

ニンマリしてしまいましたが、人の不幸を喜ぶと、バチが当たるのでした。
エディでスプレーを外して休んでいると、後ろからカッパに引きずり込まれて泳ぐし、タテチンで沈して耳、鼻、口から水がドバーっと入ってきて痛くてガチで泳いだので、納得してレポートを書いてます。

16P8240060_R.jpg

まぁ今回のリーダーには、水上等々で大変お世話になりましたので、少しは恩返しが出来たのかなと言うことで‼️
皆さ〜んまだまだ泳いでも良い陽気ですよ。

―本日の参加者(敬称略&五十音順)―

アニー
アンディ
おーの(回送のみ)
カド
カミヤ
キュウ(レポート)
コウ
こば(回送のみ)
さきむら
スモも
ナベ(L)
ノリー
マッキー
ヨシ
ゲスト1:110ちゃん
ゲスト2:やりちゃん
ゲスト3:だいちゃん

2019/08/24 月例会前の早起き

私おーの、久しぶりの早起きです。
今日は月例会ですが、家庭の用事で参加できないので早起きだけの参加となります。朝は少しひんやりしていましたが、漕ぎ出すとだんだん暖かくなり、ちょうどいい陽気になりました。御岳の水量はやや多め。ゲスト含め7名でサクッと下りましょ。

11DSCF6001_R.jpg

久しぶりのカドさんも来たよ。泳いだ人にレポートの権利を譲渡できる最近のルール、「誰か泳げ!」と心の悪魔が囁きます。

12DSCF6002_R.jpg

最近気になるミソ1はもう少し少なめが良いのかな?

13DSCF6016_R.jpg

月例会に間に合うように軽めに流し、予定通り9時前にテニスコートに到着して終了。

―本日の参加者(敬称略&五十音順)―

アニー(L)
おーの(レポート)
カド
コウ
こば
ヨシ
ゲスト:だいちゃん

2019/08/08 木曜漕ぎ(御岳)

猛暑の中
漕ぎました!

これほどカヤック
冷たくて
気持ちいい
と感じたのは
初めてかも
20190808_01

猛暑だけど
川での遊びは
水浴びて

いるだけで
涼しい!
20190808_02

しかも平日なので
ほぼ貸し切りの川を
二人で楽しみました!
20190808_03

ゴールしたら
ペットボトルの水を
ガバッと浴びて
さっぱりできるのも
夏ならでは

参加メンバー
 ・クー
 ・ヨシ(L文)

2019/08/04 月例会

―マサさん前半レポートー

ベビトラ8月定例会一回目
ご無沙汰してました、マサです。
8月の定例会は日曜日開催で、日曜休みの私は恐らく一年振りの参加。梅雨が明けてからはずっと猛暑でジッとしててもジリジリと汗が出ます。
そんな中、総勢18名がテニスコートに集合して簡単な自己紹介を行なっていきます。ベビトラに入っているとはいえ、殆ど参加出来ていない私のことなどは知らない方も多かったのではないでしょうか。

DSCF4013_R.jpg

放水口組と寒山寺組に分かれて、放水口組で漕ぎはじめます。御岳の水は夏でも冷たくてとても綺麗。水の上なら暑ければロールすれば冷やされます。殆ど平日の木曜日にしか漕がないので、この賑わいはとても興奮します。いろんなメンバーの技を見れて、真似しようとしたりして楽しくくだります。エディーラインでのカートの練習では、さきむらさんの指導を盗み聞き?してました。メモメモ。

2DSCF4024_R.jpg

先日地元でカヌー体験会を開催しましたが、人に指導するってとても難しいなと感じます。言い回しが少し違うだけで、すんなり出来たり、全く伝わらなかったり、、、そういう意味では、人の指導法を聞くのはとてもいい勉強になります。寒山寺上がりだったため、体力の消耗は考えずにはしゃいで、ちょい遅れつつネチネチ下ります。鵜の瀬のエディーキャッチや沢井でのサーフィンなど、時折アニーさんがオーダーを出してくださいました。寒山寺到着後も漕ぎ足りず、フネを担いでタカさんとスポット練習。放水口から寒山寺までの間はあまりドラマ的な事は無く(知っている限りでは)、タカさんとお昼過ぎに千葉へと戻りました。
また参加出来る日程でしたら顔出しますので、今後ともよろしくお願いします。

―ひげさん後半レポートー

こんにちはひげです。
長い梅雨が終わったと思ったらいきなりの猛暑。でも、これなら沈脱しても「暑かったから泳いだだけ」というベタな言い訳ができるハズ??8/4の日曜日に集まったメンバーは18名。圧巻の大船団!・・のはずが景気のいい沈脱とレスキューの連続で意外とバラけてましたかね。今回私は高校生の息子を連れて寒山寺から参加させてもらいました。

1DSCF4014_R.jpg

寒山寺から下るのはごまきちさん、フカサワさん、nobo さんにひげ親子の5名。特に瀬がない沢井のトロ場とは言え、水量が多めでエディが少なく、落ち着いて練習する場所があまりありません。結局寒山寺のすぐ下のエディで練習しながら放水口からの上流組を待ちます。いえ、待つはずだったんですが・・、おいおい息子、エディラインでお手本のように綺麗な沈脱をしましたね?流れが早めなので結構流されて、結局クランクの岩の手前まで流されました。まあ、本人はむしろ楽しそうだから、それでいいですね。

DSCF4023_R.jpg

フカサワさん、noboさんが無事?に下ってきてくれましたが、上流でサクっと沈をしてた事は内緒にしておきますね、noboさん。

4DSCF4025_R.jpg

止まったところもエディが狭かったので、ちょっと長めの休憩にして、上流組を待つことに。
遠くの方から下ってくる船団を見つけた時は、なぜか皆さん爽やかでカッコよく見えるんですよねえ・・・、おじさんなのに。笑ミソギの瀬でもロープレスキューやら何やら、ベビトラの持つ多彩なレスキュー技術が惜しみなく発揮され、大盛況な1日でした。人見知りで初めは緊張していた息子もすぐに打ち解け、おかげさまで最後まで安全に楽しませてもらい、本当に感謝しております。「また行きたい」と言っておりますので、今後もお世話になるかもしれませんが、その時は懲りずに付き合ってやってください。よろしくお願いしまーす!

―Noboさん感想文―

コウさん、ヒゲさん、ごまきちさん、ふかさわさんを始めとして皆様、今日はご迷惑ばかりおかけしましたが、とても楽しい一日を過ごさせて頂きました。
2回程チンして游ぎましたが、それはそれでこの時期ならではで気持ちよく游げました。
また個人のレベルに合わせて下って頂けるので安心して楽しめました。
皆様が色々と教えて下さり、とても優しい方ばかりでした。
またレスキューに関しましても皆さん、とても素晴らしい意識レベルと感じました。
今後とも宜しくお願いします。

―本日の参加者(敬称略・五十音順)-

あき
アニー
アンディ
おーの
コウ
こば
ごまきち
さきむら
タカ
ナベ
Nobo
ひげ(L・後半レポート)&息子
ふかさわ
ぺー
マサ(前半レポート)
ミイ
ゲスト:Randy

2019/08/04 月例会前の早起き

月例会の朝には、下見を兼ねた恒例の早起きDRやりました。珍しいワタクシの声掛けに集まったヒト6人。7時半に放水口をスタートし、月例会集合場所のテニスコートまで。

6DSCF4002_R.jpg

さすがにカヤッカーは居なかったですが釣り人はちらほら。多摩川1万人清掃も行われていたようですが、今年は失礼させていただきました。

7DSCF4003_R.jpg

集合時間9時必着ですから各ポイントを下見しつつサクサクと。
都合1時間半でセーフ。月例会に続く…

DSCF4019_R.jpg

ー本日の参加者(敬称略・五十音順)-

アンディ
コウ(L・レポート)
こば
ミイ
ゲスト:Randy

2019/07/25 木曜漕ぎ<御岳>

木曜メンバーで
少し水が増えた御岳
漕ぎました!
20190725_01

少しだけど
水が増えると楽しい!

気温も上がって
ホントに気持ちの良い季節に
なってきました!
20190725_02

沈しても丁度
涼しくなって気持ちがいい!
20190725_03

何度も沈して
練習できました!

参加メンバー
 ・クー
 ・マサ
 ・ヨシ(L文)

2019/07/20 月例会

7/20(土曜) 7月月例会
調布橋‐2.14
放水口‐簡保

あつい!暑いときはカヤックでしょ!
ということで、なぜかいつのまにかベビトラメンバーになってたさきむらさん幹事の
月例会にエントリー。まぁまぁ寝不足だがまぁまぁ早く起きはしたので一般道で飛ばせば間に合うかな~?しばばらく行くと、交通整理で人が脇に寄ってと。はいはい、急いでますんで早くとしてね。近よってよく見るとお巡りさん。この前も近くの事件のことを聞かれたが、私のハイエース君が事件の車に見えますか?

シゲ:「はい、なんでしょうか?」
ポリ:「急いでますか?」
シゲ:「はい、急いでますよ」
ポリ:「あー、少し待ってくださいね。」
シゲ:「え~、早めにお願いしますよ。」
ポリ:「あー、18キロオーバーです。」

あー、ネズミ捕りでしたか…!12,000円也…。ゴールドへの道は遠い…。

DSCF3024_R.jpg

ようやく御岳に。
シゲさん、遅いよ!
今日は誰か沈脱してもレポートはシゲさんだから!あー…
・・・ということでレポート勤めます…

DSCF3025_R.jpg

ここ最近の雨の影響で水量多め。
このくらいの水位だと、以前は月例やってもいいか?と聞いてた水位。
久々の私で平気か?
でもミィさんいるし平気であろう。
ミィさん漕いでるの?
ええ、ほぼ毎週。1人でもくもくと。
あー…頑張ってますね!
で、スタート。

DSCF3027_R.jpg

水位計が変わったか、特には何もなくドバーな感じ
遊ぶところも特にはなくドバー
みそぎも何も特には乗れない。

DSCF3033_R.jpg

乗ろうとは粘ってから下ったら、特に何もない場所で何故か皆さま集合。
あー、私が遅れさえしなければレポートを書く必要のある方が発生していました。
大丈夫今日はそれでもシゲさんレポートだから!
はいはい…勤めます…

DSCF3039_R.jpg

ということであとは何もなく簡保について終了。
夏はやっぱ川ですね!
でわでわー

―本日の参加者(敬称略・五十音順)-

アニー
コウ
こば
さきむら(L)
シゲ(レポート)
スモも
ノリー
ミィ

2019/07/20 月例会前の早起き<御岳>

本日20日はベビトラの7月月例会。という事で月例会までに早起きして1本下る事になりました。参加者はコウさん、アニーさんと私の3名。早朝6:30に釜の淵公園駐車場に集合し、月例会用に1台車を置いて放水口に向いました。

1-1DSCF3001_R.jpg

調布橋観測所-2.13mとまずまずの水量で、たっぷんたっぷんのコンディションの中月例会下見も兼ねてスタートしました。さすがにこの時間は鮎師やラフト、カヤッカーもいなく、3人で御岳貸し切り状態となりました。

1-2DSCF3009_R.jpg

この水量だとところどころ迫力のあるウェーブもあり、渇水コンディションでは味わえないダウンリバーとなりました。特に今回は大きな岩で発生する返り波でサーフィンを行う事を一つのテーマに、あちこちの返し波でサーフィンを練習していましたが、終盤なんて事ない岩に張り付き、疲れと焦りから脱ってしまいました。「アニーさんの様にロール上がりた~い。」幸いセルフレスキューで難を逃れましたが、ショートボートでも水が一杯入るとめちゃくちゃ重く苦労しました。

1-3DSCF3018_R.jpg

その後もあちこちでサーフィンを楽しんだ後、集合場所であるテニスコートに8:40位に無事到着しました。これから月例会で放水口から釜の淵公園までの約11Kmのダウンリバーが待ち構えていますが、体力が持つか心配です。そういう意味では65歳を越えている、コウさんは今さらながら鉄人ですね~。
以上早起きレポートでした。

―本日の早起き参加者(五十音順・敬称略)-

アニー(リーダー)
コウ
こば(レポート)

2019/07/18 木曜漕ぎ御岳

少し水が増えた御岳
3名で漕ぎました!
20190717_01

水が多くて
流れも速くてとても楽しい!

心配した天気も意外と良くて
たまに日差しもあったり
20190717_02

気温も高くなって
水を浴びると
とっても気持ちよかった!

これくらいの水位だと
ロングコースで
簡保まで行けるので
長い時間、カヤックを楽しめました!
20190717_03

平日だと
川をほぼ貸し切りなので
独り占めしたようで
贅沢なカヤックでした

参加メンバー
 ・クー
 ・ヨネ(G)
 ・ヨシ(L文)

2019/07/15 早起き御岳

2019/7/15 海の日
調布橋-2.22

当日朝までの雨予報に翻弄され、桂川か御岳かの判断は5時!
21090715_02

結局大して降らずにホーム御岳をチョイスし集まったのはこの4人。ポツポツ雨に釣り師はほとんどおらず、快適に下れました。
21090715_04

いつもより多い水量では、いたるところにヤリ逃げスポットが多数発生中!ちょっと乗っては進んで、を繰り返します♬
21090715_03

エディを見つけてはエディキャッチして、みなさんそれぞれに練習モード。ミソ2は完全に潰れていてスルー。
21090715_01

流れも早かったことからか3時間弱、10時前には軍畑へテイクアウト。
「まだ午前?」「早起きっていいわー」そんな言葉も聞こえてきました。

充実した時間をありがとうございました!またヨロシクです♬

参加者
ひげ
ぺー
ヨシ
アニー(L,文)

2019/07/13 三連休は早起きから

こんにちは コバです。
7月13日久しぶりの御岳早起きを行いました。アニーさんからの前日18:00のアナウンスにもかかわらず、6名が集結しいつもの様に放水口で記念写真を撮り、スタートしました。

DSCF2003_R.jpg

当日は調布橋観測所-2.25mとまずまずの好水位で、あちこちで気持ちの良いホールが出現していました。カップスターの瀬は水量が多くいつもの瀬から少し下がったところでサーフィンが楽しめる状況でした。

DSCF2007_R.jpg

スタートの瀬では時間が早い為か、スラロームのメンバーは一人もいませんでした。
三つ岩手前の左岸エディはいつもより流れが急でしたが、ここでアニーさんとスターンクォートを行った後わざと沈してロールを行うという実にストイック(言い方を変えれば変態的)な練習を行いました。当初5回実施を目標に意気揚々と望みましたが、4回目に左岸に張り付きお約束通りの沈脱となりました。体は直ぐにレスキュいただき事無きを得ましたが、艇は小橋下まで流されました。レスキュウに関係して下さった方、艇を回収して頂いた方この場をお借りしてお礼申し上げます。

DSCF2025_R.jpg

小橋下のエディーではヘリキサー2018と復刻版RPMの試乗会を行いましたが、なんとNさんがヘリキサー2018の試乗の際にしらっと脱っておられました。「え、ここで~!まじ~か」と周囲がざわつく中、本人いわく「サイズが合わなかった」とのコメントしていましたが真意に程は定かでは無いです。

DSCF2031_R.jpg

ミソギの瀬は水量多いためバックウォッシュが足りず難しい瀬となりましたが、ここではナベさん果敢にミソ1を攻めていました。

DSCF2037_R.jpg

その後もあちこちの瀬を楽しみ、3時間しっかりと漕ぎました。今回私はロール特訓をテーマに合計27回ロールを行いゴール地点ではクタクタの状態でしたが次回は30回以上を目標に、流れの厳しいところでも確実にロールが上がるよう練習したいと思います。

DSCF2032_R.jpg

11時過ぎには軍畑解散となりましたが、私とコウさんの東葛組は連休で混雑している国道16号を4時間以上かけて帰宅しました。帰りの運転はしんどいけどそれでもカヌーはやめれません。来週の月例会も楽しみだよ~。

-この日の参加者(エントリー表明順・敬称略)-

アニー(リーダー)
コバ(レポート)
コウ
さきむら
キュウ
ナベ

2019/06/22 御岳月例会

こんにちは。ひげです。
雨が降ったりやんだり、梅雨らしい微妙な天気の中、12名のメンバーが集まりました。漕いでいるといつの間にやら大雨になっていましたが、特に気にすることもなく夢中になってワイワイ楽しませてもらいました。いよいよ暖かくなってきましたね。

11DSCF9003_R.jpg

今日の御岳の水量は-2.40@調布橋。最近、けっこう雨が降っているような気がしていたのですが、そんなに増えていなかったので久々に参加する私としてはちょっとほっとしたのでした。

12DSCF1246_R.jpg

このところ、肩の痛み(と書けばなんかアスリートっぽいけど、ただの四十肩)があったのが、ちょっとマシになってきたので久々に放水口から下らせてもらいました。

13DSCF1213_R.jpg

今日はラフトが多く、カップスターや消防の瀬など、瀬ごとに楽しそうな歓声が聞こえるのもいいものですね。途中、さきむらさんはじめ皆さんからレクチャーしていただき、自分の課題をたくさん見つけることができました。

14DSCF1222_R.jpg

スターンスクォートでは見る方向、パドル・腕の位置と押す方向、体重移動とタイミング、急流での艇の安定のさせ方から、エディキャッチまで。それぞれ意識して下るとゴールしたときにはもうクタクタでしたが、今後も思い出しながら練習したいと思います。

15DSCF1226_R.jpg

16DSCF1233_R.jpg

17DSCF1237_R.jpg

今回、はじめて「沈脱なし」でレポート担当となりました。思いっきり「沈」して、ロールもギリギリ上がっただけだと言われても、「沈脱なし」です。誰か褒めて下さいね。
これからますます川で遊ぶのが楽しくなる季節。皆さん、今シーズンもよろしくお願いします!

-初参加ゆえさんからの感想-

ゆえです。月例会に参加させていただきありがとうございました。
初参加の私は寒山寺からテニスコートまでDRさせていただきました。放水口からの皆さんと合流するまでの間、コウさんにフェリーグライドを教えていただいたのですが、エディに入る際のリーニングのタイミングが合わず、早くも1回目の沈をしてしまいました。

18DSCF9006_R.jpg

寒山寺から軍畑まではポーテージしながらDRをしたことはありましたが、今回はポーテージなしでテニスコートまで。緊張と不安の中、ただただ必死のDRでした。2回の沈をしてしまいましたが、レスキューありがとうごいました。また、艇の水抜きや声かけなどの心遣いもありがとうございました。

19DSCF1247_R.jpg

3回目の沈脱では少々怖い思いもしましたが(皆さんからしたら序ノ口かもしれませんが…)、もっと練習して、余裕を持って楽しめるようになりたいと思います。よろしくお願いします。

―今回の企画参加者(五十音順・敬称略)―

アニー
アンディ
おーの
キュウ
コウ
こば(リーダー)
さきむら
SaGi
ひげ(レポート)
まめ
ミイ
ゆえ

2019/06/20 木曜漕ぎ(御岳)

久しぶりの平日の木曜漕ぎでした

3月以来でしたが
これからですね

渇水ではないけど
少な目かな
久しぶりの御岳
丁度良かったかも
2019062001

スタートの瀬から
カップスターまでで
結構、頑張って
練習しました
2019062002

その後も
楽しい場所を見つけては
練習しながら

気温も高くなってきて
沈しても
気持ちの良い季節に
なってきました

しかも
平日は
他のカヤックもいなくて
釣り師も少ないので
ほぼ貸し切りのような
状態で
川をたのしみました!
2019062003

たっぷり遊んでゴールです。

※ ベビトラメンバーになって
 一緒に漕ぎましょう!

参加メンバー
・マサ
・ヨネ(G)
・ヨシ(L・文)