FC2ブログ

ベビトラ画像

カヤックサークル・TeamBabyTroutのホームページへようこそ!
ベイビートラウト(通称ベビトラ)は2002年3月に結成された
『メンバー同士「楽しみながらカヤック上達を目指す」仲間の集う』サークルです。
カヤック未経験者から参加でき、初心者から上級者まで様々なスキルのメンバー約70名(30代が中心です)が
東京・御岳をホームゲレンデとして日々カヤックを楽しんでいます。
カヤックを既に始めている人はもちろん、「興味があるけどまだ一歩目が踏み出せていない」人も
私たちと一緒に川へ漕ぎだしてみませんか?
みなさんと川でお会いできる日を、メンバー一同楽しみに待っています!

○○○ TeamBabyTrout '21 Event Schedule ○○○

いつも、我らがベビトラ活動にご理解いただきありがとうございます。
2021年度の年間スケジュールが確定したので公開します。
今シーズンも、TeamBabyTroutをご愛顧いただきますよう、宜しくお願いいたします。

○○○ TeamBabyTrout '21 Event Schedule ○○○

 4/17(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 5/15(土)):長瀞 月例会&初心者カヤック体験→中止しました
 6/12(土):御岳 BBQ月例会&初心者カヤック体験→中止しました
 7/10(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験→中止しました
 8/1(日):御岳 月例会&初心者カヤック体験→中止しました
 8/21(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験
 9/11(土)-12(日):キャンプ月例会or遠征
 10/2(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験
 11/13(土):御岳&クリパ
 
 他にも有志練習会や遠征企画、さらに都内オフ会なども随時開催しています。
 募集・参加表明・通常連絡などは、MLを通じて行いますのでお見逃しなく。

 カヤック初心者・初級者向けの体験会は、毎年4~10月に毎月開催しています。
 *艇・ギアレンタルの用意があります。(一式4,000円/回、年間パス10,000円/年)
 体験会企画は、その都度告知して参加者を募ります。
 カヤック未経験の方も大歓迎です。是非お気軽にご参加ください!!

 体験会参加・入会・質問などはコンタクトフォームよりお気軽にお問合せください。
 折り返し、運営スタッフより連絡させていただきます。

○○○ 参加募集:2021年7月10日(土)初心者体験カヌー ○○○

※初心者体験カヌーは、毎シーズン4~10月で実施しております。

 <日程>
 ◎7月10日(土) ⇒白丸湖
 ※初心者体験会です。
 ※エントリー締め切りを6/26(土)とします。

 <場所>
 ◎白丸湖
 ※御岳上流にある白丸ダムのダム湖で行います。

 <募集人員>
 ◎カヤック初心者3名程度
 ※同じ日にチームの月例会を同じ御岳エリアで行っています。

 <レンタル費用 >
 ■カヤックとギア一式:4,000円
 ■ギア単品      :各500円
 ※講習料はレンタル費用に含まれています。

 集合時間・場所などの詳細は、エントリーいただいた方に個別連絡を差し上げます。
 ※但しエントリーは全て、上記のコンタクトフォームからお願いします。
 
以上

2021/09/11 みなかみ日帰り遠征

コロナによる緊急事態宣言が継続されたこともあり、例年楽しみにしているキャンプ企画(今年は長良川遠征を計画)は中止となりましたが、長雨の影響で少し水のあった水上にタッキーさん、やまたかさん、コウさん、ナベさんとこばの5名の有志で急遽で行ってきました。

1poiuyDSCF4056_R.jpg

当日のコンディションは漕ぎ始めは曇りでやや肌寒かったですが、終わる頃には晴天に恵まれ汗ばむ陽気となっていました。水位は7月のツアーの時より≒13cm程増加した2.57mでしたが、この少しの増加で随分異なった状況になり、随分と楽しめました。

2poiuyDSCF4022_R.jpg

紅葉峡ではダイナマイトとマダムはまだ迫力は無く特に危険な事はないですが、他の川と比べるとなかなかのものです。マダム通過後紅葉峡終了の鉄橋までの間に、巨大な倒木が半分水に浸かった状態になっている所が2箇所あり、来年春先の増水時にダウンリバーを行う際は細心の注意が必要です。

3poiuyDSCF4026_R.jpg

温泉峡区間は縦波も小さかったですが、その分あちこちに私でも乗れるサーフスポットが点在していましたので、随分楽しめました。また川岸の公園では観光客の数も随分と増えコロナ禍ですが秋晴れの野外を満喫しているようでした。

4poiuyDSCF4045_R.jpg

ちなみに今回はやまたかさんが足の速いボートを物色中という事もあり、紅葉峡・温泉峡までの区間私のRPMに試乗いただきましたが、初めてとは思えない乗りこなしを見せ、なんとバックデッキロールまで完成させてしまいました。ほんとお見事。本人はJackson AntixかDagger Rewindのどちらかで迷っている子羊状態です。

5poiuyDSCF4027_R.jpg

諏訪峡エリアでは竜ケ瀬は水路状態で増水時のラインが分かりやすく参考になります。ハイシーズンに参加したい方はぜひとも一度渇水期に下ると良いと思います。フリッパーズは岩肌が多く沈の場合大怪我をする可能性が高く注意が必要でしたが、ショットガンやメガウォッシュはフレンドリーな状況でした。

6poiuyDSCF4051_R.jpg

以上、楽しみにしていた長良遠征は出来ませんでしたが、秋の水上を堪能しました。紅葉が深まると景色も綺麗になるので、またそのタイミングでツアーしてみたいです。皆さんお疲れ様でした。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

コウ
こば(L&レポート)
タッキー
ナベ
やまたか

2021/09/04 早起き御岳

皆さんお久しぶりです。おーのです。なんか半年ぶりくらいの御岳でございます。何をしてたかって、四国の清流で戯れていました。

123456IMG_1003_R.jpg

さて、今日は少し水多めの御岳。小雨が降ったり止んだり、もう夏が終わったかのような気候と水の冷たさでした。9月ですね。

234567DSCF3002_R.jpg

横目にタッキーさんといくえちゃんのアグレッシブな練習を見ながら、わたしは、流れを漕ぐのにぎこちなく、無難に漕ぎます。
とくにドラマもなく。。

345678IMG_1002_R.jpg

お盆から雨ばっかり、今度は心地よい秋晴れの日に漕ぎましょうかね。

ーこの日の参加者(五十音順、敬称略) ー

いくえ
おーの(レポート)
がくちち(L)
コウ
こば
タッキー
ノリー
まめ
ゲスト:S組長さん

2021/08/28 もうひとつの土曜日企画

8/28土曜日は、もうひとつのベビトラ企画の桂川に行って参りました。ロワー区間の猿橋公園からプットインして、若干少ない水量でしたが何とか行ける感じでした。

1asdfgDSCF2002_R.jpg

ところが、曙橋手前あたりで鮎釣り師の軍団に遭遇。猿橋にも多かったですが、こちらはなんと五万人状態!!(笑)

2asdfgDSCF2004_R.jpg

これ以上はムリと、ロワーを断念してアッパーに行き先変更。DR区間を川茂橋からリバティ(地割れ)に限定して再スタート。ロワーより多い水量のなか、途中々々のウェーブではサーフィン三昧。

3asdfgDSCF2005_R.jpg

そして、この区間最大の難関リバティは、左から入ってピローにバウを乗せてクリアするのがお約束。初めてだったハズのやまたかさん、担ぎ上げてトライすること三たび。いずれもクリアして男を上げました。いや、見ている女子はおらんかったけどねー!!(笑)



対するワタクシ、二度の担ぎ上げをいずれも失敗。レポート役に指名される、例の結果となりました。二度ともです(^^;この桂川、楽しい川ですが難しい瀬も多いです。特にアッパー区間は、スカウティングもポーテージも出来ない瀬があります。行かれる際は経験者にご相談を!!

4asdfgimage_16907777_R.jpg

ーこの日の参加者(五十音順、敬称略) ー

アニー(L)
がくちち
コウ(レポート)
こば
25
まめ(ロワーのみ)
やまたか
ゲスト:babaさん

2021/08/28 土曜も早起き御岳

8/28(土)御岳、レポート担当はじゃんけん最強のいくえです。

本日集合したのは7人。やや体調不良のAndyさんはドライトップをドーアンさんに贈呈して帰宅、カートホイール練に燃えるまっちゃさんとは放水口で別れて5人でダウンリバーとなりました。

614650378144665_R.jpg

今年初漕ぎというカミヤさんはボートのお清めからスタート。泳ぐかもと言いつつブランクを感じさせない漕ぎです。

814650378197511_R.jpg

刺し技にどハマり中のふかさわさん&ドーアンさんにつられて、ナベ先生指導の下、大瀞で静水練大会となりました。みんなでナベさんの動きを真似しようとするものの、なかなか上手くはいきません。ふかさわさんは何かを掴んだようで、カートをバシバシ決めていました。

714650378176929_R.jpg

エディライン練をしつつ軍畑でゴール。本日も楽しいダウンリバーでした。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

Andy
いくえ(レポート)
カミヤ
ドーアン
ナベ
ふかさわ(L)
まっちゃ

2021/08/27 平日の早起き御岳

最近ではめずらしい平日のお誘いがクーさんからあり、KADOさんと私コタコタと3人で早起き漕ぎをしてきました。

1lkjhgfdsa_R.jpg

2lkjhgfdsa_R.jpg

私とクーさんはパックラフトです。普段と違いロールしないので鼻詮やゴーグル等の煩わしいものが無く超快適です。

3lkjhgfdsa_R.jpg

安定感があるのでやや水量も多めの感じでしたが消防の瀬で、横波を受けてもクーさんも私も余裕です、、、

4lkjhgfdsa_R.jpg

潰れてるかと思ったみそぎも丁度いい感じで、KADOさんが気持ちよさそうにサーフィンしてました。

5lkjhgfdsa_R.jpg

気温は高くあまり濡れないので何度もヘルメットに水を汲み頭からかぶりました。クーさんと「なんか物足りないですね」などと余裕をかまし、とんかつ太郎に向かいましたww

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

KADO
クー(L)
コタコタ(レポート)

2021/08/21 増水の早起き御岳

絶賛ロールスランプ中のいくえです。御岳でやらかしたため、レポート担当させていただきます。

今日はあまり人が集まらず、ベビでは珍しく4人でダウンリバーでした。参加者はスモモさん、アンディさん、まっちゃさん。水位は調布橋-2.40m。いつもはネチネチ遊ぶ放水口〜消防の瀬エリアも、釣り師がいたりウェーブが潰れていたり流れが強くてエディに戻れなかったりでさくっと通過しました。消防の瀬や三ツ岩下はなかなか迫力があります。

1qwertIMG_0940_R.jpg

2qwertIMG_0939_R.jpg

やや増水御岳を和気藹々とダウンリバーしていたのですが、大瀞上でやらかしてしまいました。アンディさんに「そこは流れが複雑だから気をつけてね」と言われた側から、舐めたフェリーをしてバランスを崩し、沈。ロールに全く手応えがなくあえなく沈脱。この水位で泳ぐと結構苦しいです。

3qwertIMG_0942_R.jpg

私本体はさくっと左岸に上げていただいたのですが、船が右岸で張り付き。やってしまったなぁと焦りましたが、アンディさん、まっちゃさんがロープを使って手際良く引っ剥がしてくれました。そして10スターでクリーク艇を対岸にカウテ牽引してくれたスモモさん。頼もしいレスキューにただ感謝でした。

4qwertIMG_0941_R.jpg

気を取り直しての後半は、みそぎが消え瀞場も駄々流れ。タプタプの快適な流れを気持ちよ〜く漕いでいる内に気づけばゴールでした。漕ぎ足りないまっちゃさんを静水練に見送って、今日はさっくり解散です。

5qwertIMG_0938_R.jpg

遊ぶ場所は少ないですが、やっぱり水のある御岳楽しいですね。またよろしくお願いします。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

Andy
いくえ(L、レポート)
スモも
まっちゃ

2021/08/15 早起き桂川

20210815桂川
最高気温 21℃
最低気温 18℃
大月水位計 2.51m

アニーさん、今日もありがとうございましたー!!
昨日の御岳ダウンリバーに引き続き、2日連続のレポートを担当いたします。

今朝、アニーさんから桂川にしようと連絡を受け、山梨方面へ向かいます。昨夜、水位次第で、御岳又は桂川のどちらかと聞いておりました。途中、大垂水峠で湧き水がどんどん流れていて、これは水量増えそうだなー。

1poiuyIMG_0919_R.jpg

「まじか!!」
待ち合わせ場所についてスマホを確認すると、桂川の水位が相当上がりそうなので、やはり御岳に変更しましょうとのこと。大月から御岳までかなりかかるし、今日は帰りますと返信。こまめにスマホを確認しないとだねー。帰って先週の魚突きでたくさん石鯛とれたので、刺身でも食べようかな!とりあえず、せっかくここまで来たので、神社にお参り、と。記念写真!

2poiuyIMG_0917_R.jpg

と思ったらアニーさん登場!!「行こう。」いやいや、増水している桂川、技術的に可能かなー?「(現地を)見てきたら、そんなに増水していないから。」とアニーさん。
それならと気合いを入れて。桂川、お願いいたします!!

3poiuyIMG_0923_R.jpg

今回桂川ダウンリバーは2回目で、前回より流れが速い印象。雨が長く続いているせいか、濁っている。前回同様、マイクロバット230に乗る。とりあえず、ロールするだろうからと(笑)、深呼吸。

4poiuyIMG_0920_R.jpg

アニーさんのお話通り、そこまで難しい水位ではなかったが、水量が増えているので、連続する波は意外と複雑な流れで、なかなか手強かったなぁ。

5poiuyIMG_0921_R.jpg

第一核心部は、正直パスしようと考えておりました。アニーさんと2人だから。いつもなら、コウさん、ヨシさん、こばさん、ナベさんがいたりするから行ってみようと思うけど、さすがに負担かけてもなぁ。まぁ、行けるとは思うけど!アニーさんに続いて瀬に入った。は良いが、途中で勝手にエディに入ってしまい、失速。。すぐに漕ぎ直したが、核心部最後の岩に向かっていく流れには逆らえず、フリップ(笑)。ね、深呼吸しておいて良かったでしょ!!

6poiuyIMG_0918_R.jpg

第二核心部のボイルはかなり強烈だったけど、これも勝手にチキンルートに流されて事なきを得た!!ラッキー!実は2回目だけど、第一核心部と鳥沢以外あまり記憶になかったのです。アニーさんから要所毎に説明を受け大変参考になりました。気疲れさせてしまったかも??いろいろありがとうございました!!

7poiuyIMG_0922_R.jpg

今日は雨の終戦記念日だったけど、マジで戦争もなくカヤック漕げてとても幸せです。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(L)
タッキー(レポート)

2021/08/14 延々の早起き御岳

天気 雨時々曇り
最高気温 22℃
最低気温 21℃
調布橋水位 -2.71m

先週に引き続き、早起きダウンリバーに参加しました!!
前回レポートのカドさんをオマージュして、滝澤登風にレポートします。(いつも通りのレポートです、笑)

2lkjhgIMG-0897_R.jpg

じゃんけんでレポート担当を決めようとしていたのですが、あわてて立候補しましたよ!!
みなさん、ちゃんと水着を着用してますからね!(笑)何を書かれるのかわからないから、私がレポートをすることにしたのですよ(笑)まったく。荷物が増えるから、海でウェットスーツの下に着る水着を流用してるだけです。今度から見る人は有料にしようかなー。

3lkjhgIMG_0888_R.jpg

九州中国地方を中心とした線上降水帯の影響で、全国的に雨が降っていますね。天候が良くないので、バーベキューや登山をする方々がいないためか駐車場はとても空いていました。

4lkjhgIMG_0894_R.jpg

で、今日はモッキーさんに久しぶりにお会いしました!ご多忙のようでしたが、またお子さんやYさん、Hさんともご一緒お願いいたします!!

5lkjhgIMG_0886_R.jpg

途中、やまたかさんがバックデッキロール、まっちゃさんがカートホイールの練習をしていたので、私がバウストールをすると、邪智暴虐さん、いやいやナベさんだった。ナベさんが、後ろから押してくるし!!

6lkjhgIMG_0890_R.jpg

ダウンリバー終了後に、まっちゃさんに誘われて、放水口付近でムーブ練習しました。
今日も皆様ありがとうございました!

—この日の参加者(五十音順、敬称略)—

いくえ
がくちち(L)
タッキー(レポート)
ナベ
ふかさわ
まっちゃ
モッキー
やまたか

2021/08/12 続々の早起き御岳

2021年8月12日(金) 早起き@御岳(-2.86)
今回は、エントリーが最後とのことでレポート。

本日はベビメンバーに申請中のゆっさんとDR。
まだ始めて3ヶ月くらいとのこと。
放水口下でスターンカットに夢中な他メンバーを横目にフェリー練習に励みます。
リーンをキープして行きたいエディに向かい、視線は行きたいところをみる!
パドルが浅くて漕ぎがあまーい!パドルを深く入れれば倍以上の力で進みますよーん♪

三つ岩は左岸エディから真っ直ぐ。
しっかり漕げて姿勢も良く、問題ないですねー

鵜瀬の手前で談笑しながらゆるゆると。あっ!と思った時には、岩が勝手に寄ってきて…ちーん。
澤井まで泳がせてしまいました(^^;;
聞けば鵜瀬は前にもスイムとか。
いやいや、気を抜いてなければ余裕で行けますよー^ ^
その後もエディキャッチやフェリーをしながら軍畑まで3.5時間。たくさん練習いたしましたー♬

1kjhgfIMG_0896_R.jpg

以下初参戦のゆっさん感想です。

今回アニーさんガクチチさんとは初めてお会いしましたが、二人には優しくサポート、指導をしていただきとても楽しく有意義な日になりました。
これからも色々な方とカヤックを楽しみたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

ーこの日の参加参加者(五十音順、敬称略)ー

アニー(レポート)
がくちち(L)
ふかさわ
ドーアン
ゆっさん

2021/08/09 連日の早起き御岳

今日は人が乗った艇が岩上から落ちそうになるヒヤリハットがありましたので下記に太宰治風に共有させて頂き、日記に代えさせていただきます。タイトル「走れノリー」

1zmknhkmui_R.jpg

ノリーは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のナベを落とさなければならぬと決意した。ノリーにはスターンカットがわからぬ。ノリーはダッキーである。エルグランドを乗り回し、スモモと遊んで暮して来た。けれども岩上の艇に対しては、人一倍に敏感であった。

1zmkortDSCN6028_R.jpg

川下る人を押しのけ、跳ねとばし、ノリーは黒い風のように走った。犬を蹴けとばし、小川を飛び越え、少しずつ沈んでゆく太陽の、十倍も早く走った。一団のアニーとすれちがった瞬間、不吉な会話を小耳にはさんだ。「いまごろは、ナベも、岩上の艇に乗りかかっているよ。」ああ、その男、その男のために私は、いまこんなに走っているのだ。その男を落としてはならない。急げ、ノリー。おくれてはならぬ。愛と誠の力を、いまこそ知らせてやるがよい。

2zmkwpDSCN6001_R.jpg

話は変わるが、この間もタッキーは下半身裸体であった。それを目にした人々は呼吸も出来ず、二度、三度、口から血が噴き出た。「ああ、ノリー様。」うめくような声が、風と共に聞こえた。「誰だ。」ノリーは走りながら尋ねた。「ふかさわトラトスでございます。貴方の奥様スモモンティウス様の弟子でございます。」その若いパドラーも、ノリーの後について走りながら叫んだ。「もう、駄目でございます。ムダでございます。走るのは、やめて下さい。もう、ナベの岩上エントリーを止めになることは出来ません。」

3zmndkuDSCN6043_R.jpg

「いや、まだ陽は沈まぬ。」「ちょうど今、ナベが落ちるところです。ああ、あなたは遅かった。おうらみ申します。ほんの少し、もうちょっとでも、早かったなら!」「いや、まだ陽は沈まぬ。」ノリーは胸の張り裂ける思いで、青く大きい艇ばかりを見つめていた。走るより他は無い。

4zmknjDSCN6027_R.jpg

「やめて下さい。落とすのは、やめて下さい。いまはご自分のお命が大事です。ナベは、あなたを信じて居りました。岩上に引き出されても、平気でいました。アニーが、さんざんあの方をからかっても、ノリーは来ます、とだけ答え、強い信念を持ちつづけている様子でございました。」「それだから走るのだ。信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは問題でないのだ。人の命も問題でないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。ついて来い!ふかさわトラトス。」「ああ、あなたは気が狂ったか。それでは、うんと落とすがいい。ひょっとしたら、間に合わぬものでもない。落とすがいい。」

5zmkndfgDSCF2456_R.jpg

言うにや及ぶ。まだ陽は沈まぬ。最後の死力を尽しノリーはナベの艇を岩上から落とした。ノリーの頭は空っぽだ。何一つ考えていない。ただ、わけのわからぬ大きな力にひきずられて落とした。ナベを乗せた艇は、ゆらゆら岩上を滑り、まさに落ちようとした時、ノリーは渾身の力でナベの艇を掴んだ。間に合った。「危なかった。」二人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにおいおい声を放って泣いた。

6zmkitDSCN6045_R.jpg

群衆の中からも歔欷の声が聞えた。暴君アニーは、群衆の背後から二人の様を、まじまじと見つめていたが、やがて静かに二人に近づき、顔を赤らめてこう言った。「おまえらの望みは叶ったぞ。おまえらは、わしの心に勝ったのだ。真実とは、決して空虚な妄想ではなかった。どうか、わしを仲間に入れてくれまいか。どうか、わしの願いを聞き入れて、ベビートラウトの一員にしてほしい。」

7zmknuhyrw_R.jpg

どっと群衆の間に歓声が起った。ナベは声高く叫んだ「タッキー、君は下半身がまっぱだかじゃないか。早くそのスカートをまくるがいい。この私は、タッキーの下半身が、皆に見られるのが、たまらなく嬉しいのだ。」タッキーは、ひどく赤面した。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(L)
Andy
いくえ
KADO(レポート)
がくちち
こば
シゲ
スモも
タッキー
ドーアン
ナベ
ノリー
ふかさわ
ぺー
やまたか

2021/08/08 早起き御岳

8/8(日)御岳早起き漕ぎを行いました。レポート担当はじゃんけん最弱のドーアンです。台風予報のためか、はたまた日曜開催のためか参加者は振るわず、今回はいくえさん、ふかさわさん、ドーアンの3人でのダウンリバーとなりました。

1zvapqMoment00_R.jpg

ここのところ低水位が続いていた御岳ですが、台風の影響で前日から雨が降り続いたため、調布橋水位-2.50と久しぶりにタプタプな状態に。放水口からは直下でサーフィンができる程に水が流れ出ており、かなりイイかんじです。普段ではなんでもないエディーが巻き巻きになっていたり、比較的やさしめなウェーブスポットが潰れていたりしましたが、増水時のパワーある瀬を漕ぎぬいていくのはやはり楽しい!これぞダウンリバーという感じです。

2zmkaiMoment02_R.jpg

出艇前にはロールスランプなんですと言っていたいくえさんですが、バウもスターンも刺し、ガンガン攻めてロールもきっちり上げる。スランプとは一体...?

3zmkasjMoment03_R.jpg

ふかさわさんは増水待ってましたと言わんばかりに、長い舟でダイナミックかつスムーズなスターンカットを決めてご満悦。

4zpmawjMoment04_R.jpg

スターンカットにハマり中の私は綺麗なウェーブをしり目に、おいしそうなエディーラインを見つけては突っ込んで沈を繰り返すばかり...ひっくり返りすぎたせいか、途中からはボイルにスターンを食われるのもなんだか楽しくなっていました。

5zmkaoMoment05_R.jpg

ただ、タテチン下や鵜の瀬には見るからに凶悪そうなホールが現れており、遊びに夢中になっていると非常に危険。今回は少人数なこともあり、3人ともホールはしっかりと回避し、安全重視で下りました。

6zmkounMoment01_R.jpg

ネチネチと遊んだ割には軍畑まで3時間弱と思ったよりスピーディーに終了。時間的な効率がいいのも増水時の魅力の一つかもしれません。ここで欲張りなふかさわさんと私はそのまま寒山寺に上がり2本目へ。増水最高!とか言いながら漕ぎ出したものの、みそぎに着く頃にはへばってしまい、スポットもろくにとらずにドンブラコと軍畑へ帰還。2本目は余計だったかな、とどこか聞き覚えのあるセリフを吐きながらも無事に早起き漕ぎを終えました。

7zmkjoiOS の画像_R

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

いくえ
ドーアン(レポート)
ふかさわ(L)

2021/07/31 早起き@御岳

2021年7 月 31 日(土曜日) 早起き@御岳(-2.76)
今回は、ガッチリと岩に挟まれ即脱したがくちちがレポートします。(次回もトライ)

7月最後の週末、御岳早起きに参加したのは何故かアラフィフメンバーばっかり・・私がこの日の 最年⻑者ですが。唯一人の女子参加者いくえさんは、回送車内の加齢臭&オヤジギャグで既に戦意喪失か?いや、ウザいオッサン達に対して大人の対応を見せていました。

早起き隊⻑・アニーさん恒例の「今日はネチネチ行くぞ」宣言があり、真夏の⻘空の下、昭和カヤ ッカー軍団が次々と川に入って行きます。この季節は漕ぎ出しの時間には日差しも強くなり気温も上がっているので御岳の冷たい水は本当に気持ち良いです。そんなわけで皆さんいつまでも静水でクルクルとウォーミングアップ。もうネチネチしてますよ〜

この日の御岳は放水量も多少多くてイイ感じの水量。楽しみながら丁寧に下って行きます。おしゃべりタイムや休憩タイムも取りながら、流れやスポットを見つけてはそれぞれのペース・それぞれのスタイルで、オッサン達は課題に取り組みながら楽しんで漕いでいました。

川から上がった我々腹ペコ軍団は、Andy さんお勧めの「炭焼きステーキハウス/ジョージあきる野店」でランチハンバーグをいただきました。満腹&大満足! (帰宅方向が逆の方も次回はちょっとだけ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?美味しかった ですよ〜)

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(L)
いくえ
がくちち(レポート)
こば
シゲ
ナベ
ペー
やまたか

2021/07/22 真夏のみなかみDR

今回、夏季水上ダウンリバーの前半のレポートをお届けするのは、ペーこと田中でございます。ベビトラでは沈脱した者がレポートを書くという不文律があるようですが、今回はお祭りもなく沈脱者がいなかったため、ドタ参のわたくしめが書くことにあいなったわけでございます。

0zawrfDSCF7023_R.jpg

数年前の春、わたくしは「ちょっと水上に行かないかい?」というお誘いをうけ、まあたいしたことはなかんべ、とタカをくくって参加いたしました。ダイナマイトはなんとか凌いだもののその後のマダムに抱かれてしまったわたくしは、見事に紅葉恐、もとい、紅葉峡を泳ぎ切り、しかもボートも流してしまったため、オクトネカンから道の駅まで道路をトボトボ歩くという屈辱を受けたわけであります。
すれ違うクルマの人たちからの冷たく、そして好奇な目線・・・。
『二度と来るもんか!』心に誓ったあの日であった。
嗚呼、あれから幾年月を経たであろうか。あの屈辱を晴らすべく、あの紅葉峡をギャフンと言わせるため、小心者のわたくしは”渇水の”水上へ向かった。。

1zawbhDSCF7004_R.jpg

少々ビビりながらダウンリバーを開始したが、さすがのダイナマイトも”渇水の”この時期はせいぜい爆竹程度。

2zswamkDSC7011_R.jpg

マダムキラーに至っては幼稚園児の可愛い女の子程度であった。これならわたくしの腕前でも征服可能。これでもかと痛めつけ、あの日の屈辱を晴らしたのであった。

3wazsdDSCF7022_R.jpg

今回はお祭りもなく、川下りとしては少々イベント性に欠けるものではあったが、わたくしの心に見事に突き刺さっているのは、あのモンゴル相撲の方の参加であった。スタート地点で着替えるTさんを見ていて、わたしは「あれ?どっかで見たことがある恰好だな」と考えていた。上半身は着替えのために何も着けていない。大事なところはピチッ、とした見事な短パン。膝には膝あて。足元はカヤック用のブーツ・・・。
思い出した!あの姿は昔のアリナミンだったかのCMでやっていたモンゴル相撲の選手そのものだ!今回のMVPは間違えなくTさんであろう。

4zaewDSCF7002_R.jpg

つづいて、後半のレポート担当はがくちちです。

初みなかみ DR に際し予習で⾒たYou-Tube動画は⽔量が多いものが多く、ある程度の覚悟&気合でエントリーしたのですが、当⽇は渇⽔のため通常では難易度が⾼いポイントも全員無事に通過、気がつけば紅葉峡出⼝まで下っていました。
(ダイナマイトの⼊り⼝で沈しましたが、買ったばかりのヘルメットを傷つけたくないので速攻で
ロール、何事もなかったような顔で2段⽬をクリアしました。皆さんにバレていたようですね。)
しばらく続くザラ瀬をクネクネと下り温泉峡の⼊り⼝、ユニバーシティラップロックスをスカウティング。こばさんとタッキーさんがルート確認のため先⾏して下ります。いわ
ゆる試技ですね、分かり易い。
右岸の岩盤にぶつかる流れを横切るように漕げば良いんですが、私は横切るタイミングが掴めず右岸に吸い寄せられてしまいました。You-Tube で⾒ていた「悪い例」と同じです。

5zaserDSCF7042_R.jpg

ここからしばらく気持ち良いスタンディングウェーブが続く・・はずなんですが、残念ながら⽔位が低かったのでフツーの流れでした。とは⾔え、初めてのみなかみ・夏・⻘い空と三拍⼦揃って気持ちよく下って⾏きます。

6zawdgDSCF7048_R.jpg

温泉峡終点付近のサーファーズではラフトが次々と捕まってキャーキャーと歓声を上げています。あんまり楽しそうなので我々も捕まってみます。こちらは全員オッサンなので歓声は上げませんが、皆さん楽しんでいました。

7zsaweDSCF7051_R.jpg

諏訪峡に⼊り、悪魔の階段・フリッパーズ・メガウォッシュをその都度スカウティングして下りました。
(ダイナマイト、マダムキラー、悪魔の階段 etc みなかみ独特のネーミングセンス。その由来は?)

8zwasdgDSCF705_R.jpg

9zwsxmDSCF7068_R.jpg

10zwmkiDSCF707_R.jpg

ポイント毎のスカウティング&ルート解説のおかげで、全員脱なしでゴールの銚⼦橋に到着。安⼼して初めてのみなかみを楽しむ事が出来ました。初めての川は楽しいですね♫
連休初⽇にも関わらず今回の DR を企画していただき有難うございました。

11zwamkDSCF70_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

がくちち(後半レポート)
コウ
こば(L)
タッキー
ドーアン
ふかさわ
ぺー(前半レポート)
まっちゃ
やまたか

2021/07/17 急遽の早起き御岳

7/17(土)御岳にて急遽早起きツアーを行いました。前日19:00のツアー案内にも関わらず翌朝7:30には5名のメンバーが軍畑駐車場に集まりました。カドさんが電動アシスト付折りたたみ自転車のかっこいいやつをお持ちになり、ちょっとした試乗会を行いましたが、急な坂道もラクラクでとても快適でした。カドさん曰く「カヌーを行う際に一人で回送できるように購入した」との事で、今回の早起きツアー終了後一人回送して2本目のダウンリバーを楽しんでおられました。

1lpoiDSCF6002_R.jpg

7/17-18に国体の関東ブロック大会開催との事で、放水口駐車場の混雑を予想していましたが、17日は前日の準備とまだ時間が早かったためか、さほど混雑はありませんでした。

2poliDSCF6003_R.jpg

スタート付近では大勢のジュニアスラローマーも練習をおこなっており、見事なスターンカットを見学できました。ここから未来のオリンピック選手が誕生する可能性があると想像するとなんだかワクワクしてきました。

3lpouDSCF6012_R.jpg

三つ岩手前からは大会の準備でボランティアの皆さんが旗門セッティングの準備を行っておりましたが、さすが関東ブロック大会だけあって大がかりな準備となっていました。

217946163_129668729315656_1018553454454071443_n_R.jpg

ここからはせっかくの快晴で絶好のハイキング日和だったので、御岳大橋から御岳小橋を過ぎて忍者返しの大岩付近までの遊歩道左岸コースをパドル片手に散策しました。(業界用語でいう“脱って歩く”と同義語)三つ岩から小橋付近までは大会関係のボランティアと大勢の選手のあいだをパドル片手に歩いて通るのは大変恥ずかしく勇気が試されました。小橋を過ぎるあたりからはアマチュアカメラの撮影大会があり、お手製のレフ版片手に何名かの若い女性を被写体に撮影に勤しんでいる風景に、折れていた心も少し癒されました。
忍者返しの大岩からは気を取り戻して再びカヌーでダウンリバーしましたが、ボートを回収して下さった皆さんにはこの場を借りてお礼申し上げます。

5ploiDSCF6021_R.jpg

今回のツアーでは崎村さんが随所でレッスンを行って頂いたおかげで、いつもと違う内容の濃いダウンリバーとなりました。特にスーさんのスターンカットがとても上手になっておられました。

6pouDSCF6011_R.jpg

当日は梅雨明けの快晴の中、カヤッカー、ラフトの他に関東ブロック大会参加者も大勢練習をされていて久しぶりに大賑わいの中でのダウンリバーとなりました。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

カド
コウ
こば(L レポート)
さきむら
スー

2021/07/03 増水御岳

7/3(土)御岳にて早起きツアーを行いました。前日−2.14まで水位が上がりましたが、早起き当日は−2.41まで下がり少し多い水量のコンディションでした。今回は新加入された「まっちゃさん」と「こうさん」「アニーさん」「いくえちゃん」と「こば」の5名での御岳DRとなりましたが、わたくし先週購入したWave Sport EZの試し漕ぎとなりました。

1DSCF4001_R.jpg

先週までの渇水位から一転の増水位となり、カップスターやミソギなど主なスポットは潰れていましたが、普段無いところにちょっとしたウェーブができていたので、結構ねちねちと下る事ができました。
【カップスター】いつものスポットは姿を消し斜めのウェーブが続くだけで全く遊べませんでした。

2DSCF4007_R.jpg

【岩陰スポットの返し波】普段より大きな返し波が発生し、皆さん気持ちよくサーフィンを楽しんでいました。

3DSCF4010_R.jpg

【三岩】さすがに迫力充分でエディキャッチも気合が入りました。

4DSCF4019_R.jpg

【みそぎ】大きなウェーブの連続だけで、スポットで楽しむ事は出来ず早々と下っていきます。

5DSCF4025_R.jpg

自宅を出発する時間ではかなりの雨でしたが、ダウンリバー中盤から雨がやみ、気持ちよく下ることができました。最後着替えは濡れずに行えたのでまさに「終わり良ければ全て良し」でしょ♬
皆さんお疲れさまでした。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー
いくえ
コウ
こば(L レポート)
まっちゃ

2021/06/26 御岳DR

今回は3人で少人数DRでした。緊急事態宣言解除されましたが、軍畑の駐車場もいつもより若干空いている気がしました。
何かあったんでしょうか?DRの方は、がくちちさんから借りたフットレスト削るやつのおかげでフィッティングばっちりで漕げました。フィッティングって大事ですね。。今まで面倒くさがっていたので反省します。。

サキムラさんの熱血指導のおかげで、今後の意識するポイントが明確になりました!ありがとうございます!まだまだスキルレベルが低いので、あれこれ考えず要点絞って練習します!7月は私用であまり漕げないですが、教わったこと忘れないようにします!

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

がくちち(L)
さきむら
ユウスケ(レポート)

2021/06/19 長瀞へ

ようやく関東が梅⾬⼊りした最初の週末、御岳がアユ解禁⽇のため⻑瀞を下ることになりました。⻑瀞 5 年ぶりのがくちちがレポートします。梅⾬⼊り後もあまり⾬が降らなかったのですが、親⿐観測所の⽔位は 1.56〜1.57m と久しぶりの私にとっては良いコンディションだったと思います。ふかさわさんの声掛けで当⽇集まったのは 8 名。

1abnmoS0012002_R.jpg

⼩⾬の中、皆野中学裏の川原からエントリー。各⾃ウォーミングアップしながら徐々に流れに⼊っていきます。⽐較的最近⻑瀞を漕いだタッキーさんを先頭に、鉄橋下まで来た頃には⾝体も気持ちも解れてきました。

2abnmoDSCF2013_R.jpg

捨て⾝の瀬にしばらく留まった後、スピンホール・さくらウェーブを「横⽬で⾒ながら」下って⾏きました。皆さんコロナ禍で⾃然と⾝についてしまったのか?エディが密にならないように「ちょうど良い感じ」で離合を繰り返しながらバラバラと下って⾏きます。

3abnmoDSCF2030_R.jpg

⼩滝の瀬を過ぎ、岩畳の辺りでライン下りの遊船が全く通過しない事に気付きました。(遅っ!)後半の⼆股の瀬は縦波が気持ちよくて、クセになりそうです。

4abnmoDSCF2031_R.jpg

ゴール近くの⾼砂橋下で沈、「もしかして」と皆さんが⾒守る中、8回もロールしてしまいました。上がってヨカッタ。何とか沈脱ゼロ名で無事クツナシに到着しました。

5abnmoDSCF2024_R.jpg

漕いだ後は台湾料理「福亭」でハンパない定⾷をいただきました。満腹!!

6abnmounnamed_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

がくちち(レポート)
コウ
こば
タッキー
ドーアン
ふかさわ(L)
まっちゃ(当日はまだ入会前でゲスト、笑)
やまたか

2021/06/12 早起き御岳

本日は天気にも恵まれとても良いカヤック日和でした!ウォータースポーツなので多少の雨でも関係ありませんが、やっぱり天気は大事!参加メンバーは9名と前回の月例会(4月)よりも多くにぎやかでした。(皆さん感染対策は万全で楽しみました!)

お久しぶりの方々やゲストの方もいてなかなか楽しいDRでした!(カドさんは本当にお久しぶりでした!お子さんもすくすく成長されているようでなによりです!今シーズンはたくさん参加する予定ですのでまたよろしくお願いします!)

13255IMG_0929_R.jpg

最近は毎週御岳で漕がせてもらってるので、瀬を目の前にしてもあまり緊張せずになってきたかと思います。放水口デビューしたときよりも少しは上達してきたかな?と思っていましたが、どうやら気のせいだったようで沈脱しました。。油断大敵ですね。。調子に乗っていました。。(皆さん助けていただきありがとうございました!)

まだまだスキル不足ですが、頑張っていきます。。
6/20は鬼怒川行くので、気持ちを引き締めて下ります!
(アンディさん、よろしくお願いします!)

>アンディさん、コタコタさん、カドさん
多くのアドバイスいただきありがとうございます!必死こいて練習します!

>がくちちさん
フットレスト削るやつ、ありがとうございます!早速削ってみてかなりフィッティング改善されました!フットレスト大事ですね。。他箇所のフィッティングも一緒に調整したのでかなり良い感じになりました!次漕ぐのが楽しみで待ち遠しいです!

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アンディ
がくちち(L)
KADO
コタコタ
ペー
まめ
やまたか
ユウスケ(レポート)
ゲスト:Mさん

2021/06/12 初心者体験会

新型コロナウィルス感染に留意し、初心者体験会を実施しました。

今日は新しく入会した、リバーカヤック未経験のゆりさんが初練習するとのことで、白丸湖に行きました。代表のコウさんが講師を努め、私は補助です。なぜ私が補助なのか?特別うまいわけでもないのに。。

①14213039208450_R

実は以前、ゆりさんとは沢登りでご一緒したことがあるのです。それでコウさんから補助のご指名を受けました。準備運動をしっかりと行った後に、ギア、パドリング、カヤックについてコウさんから陸上で説明しました。

②14213039348680_R

横断歩道を渡って、坂を降りるといよいよ進水です。

③14213IMG_0788_R

最初ってかなりドキドキして、不安だと思うけど、ゆりさんは落ち着いてましたねー。最初にフォワード、スイープ等基本的なパドリングを繰り返し行った後に下流の白丸ダムを目指します。ダムにつく頃には、ゆりさんのパドリングが安定しました。

④132698IMG_0780_R

少し湖面に浮いたまま世間話をした後、今度は上流を目指します。途中岸に上陸して軽く食事をしたあとに数馬峡橋を越え、さらに上流でフェリーグライドの練習をしました。山登りをしているからか、全く初めてでもかなり安定してました。

⑤14312DSCF1006_R

今日はとても楽しかったです!たっぷり練習したから疲れたかな??これからも時間があるときに少しずつ練習していきましょう。コウさん、ゆりさん、今日はありがとうございました!!

⑥178236DSCF1009_R

-----ゆりさん感想文-----

今回初めてのカヤックでした。
コウさんには丁寧に教えていただき、ありがとうございました。
どうにか前に漕げるようになり、気持ちよかったです!
また参加させていただけると幸いです。

⑦143265IMG_0784_R

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

コウ(L)
タッキー(レポート)
ゆり