fc2ブログ

ベビトラ画像

カヤックサークル・TeamBabyTroutのホームページへようこそ!
ベイビートラウト(通称ベビトラ)は2002年3月に結成された
『メンバー同士「楽しみながらカヤック上達を目指す」仲間の集う』サークルです。
カヤック未経験者から参加でき、初心者から上級者まで様々なスキルのメンバー約70名(30代が中心です)が
東京・御岳をホームゲレンデとして日々カヤックを楽しんでいます。
カヤックを既に始めている人はもちろん、「興味があるけどまだ一歩目が踏み出せていない」人も
私たちと一緒に川へ漕ぎだしてみませんか?
みなさんと川でお会いできる日を、メンバー一同楽しみに待っています!

○○○ TeamBabyTrout '22 Event Schedule ○○○

いつも、我らがベビトラ活動にご理解いただきありがとうございます。
2022年度のスケジュールを、大きな事故もなく全て終了いたしました。
来シーズンも、TeamBabyTroutをご愛顧いただきますよう、宜しくお願いいたします。

○○○ TeamBabyTrout '22 Event Schedule ○○○

 4/23(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 5/21(土)):長瀞 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 6/11(土):御岳 BBQ月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 7/9(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 8/7(日):御岳 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 8/27(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 9/17(土):ミステリーキャンプ月例会?→終了しました
 10/22(土):御岳 月例会&初心者カヤック体験→終了しました
 11/12(土):御岳 月例会及び忘年会&クリパ→終了しました
 
 他にも有志練習会や遠征企画、さらに都内オフ会なども随時開催しています。
 募集・参加表明・通常連絡などは、MLを通じて行いますのでお見逃しなく。

 カヤック初心者・初級者向けの体験会は、毎年4~10月に毎月開催しています。
 *艇・ギアレンタルの用意があります。(一式4,000円/回、年間パス10,000円/年)
 体験会企画は、その都度告知して参加者を募ります。
 カヤック未経験の方も大歓迎です。是非お気軽にご参加ください!!

 体験会参加・入会・質問などはコンタクトフォームよりお気軽にお問合せください。
 折り返し、運営スタッフより連絡させていただきます。

○○○ 参加募集:2023年4月○○日(土)初心者体験カヌー ○○○

※初心者体験カヌーは、毎シーズン4~10月で実施しております。

 <日程>
 ◎4月○○日(土) ⇒白丸湖もしくは御岳
 ※初心者体験会です。
 ※エントリー締め切りを4/○○(土)とします。
 ※今シーズン最初の初心者体験会になります。

 <場所>
 ◎白丸湖もしくは御岳
 ※御岳の流れの緩い場所で行います。

 <募集人員>
 ◎カヤック初心者3名程度
 ※同じ日にチームの月例会を同じ御岳エリアで行っています。

 <レンタル費用 >
 ■カヤックとギア一式:4,000円
 ■ギア単品      :各500円
 ※講習料はレンタル費用に含まれています。

 集合時間・場所などの詳細は、エントリーいただいた方に個別連絡を差し上げます。
 ※但しエントリーは全て、上記のコンタクトフォームからお願いします。
 
以上

2022/11/26 晩秋の御岳

11月最後の週の早起き。
レポートはじゃんけん最強、ふかさわです。

202211261_R.jpg

今週の集合は7:30、御岳は冬の雰囲気です。

202211262_R.jpg

ただし漕ぎ出してみると寒さはまだギリギリキツくはない、なんとかなるレベル。
冬眠しようとしている皆様、まだ漕ぎ納め間に合いますよ!

202211263_R.jpg

ただしすでに水位は冬水位。
個人的には緊張感なくに遊べる冬水位も好きですが、エキスパートな皆様には物足りないでしょうか?

202211264_R.jpg

サッパリと下って11時過ぎにはゴールでした。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(リーダー)
キュウ
コウ
こば
サトウ
タッキー
なべ
ふかさわ(レポート)

2022/11/23 葛西スラロームセンター

11/23に葛西カヌースラロームセンターに初めて行きました。
ヒヤヒヤながら実技テストに合格して晴れて漕ぐ資格をいただきました。

202211231_R.jpg

1本目はアニー隊長の後ろに付いて無事ゴール。

202211232_R.jpg

2本目は途中から勝手に下って無事ゴール。

202211233_R.jpg

3本目、S字の下までなんとか無事通過するも次の区間で無念のスイム。

202211234_R.jpg

4本目、同じ場所で沈からのスイム。
水のパワーが凄いので泳ぎ疲れてヘロヘロです。5本目は無しでこそこそと撤収しました。

202211235_R.jpg

レスキュー体制万全で川で泳ぐよりは恐くはないし家から近いのが魅力的です。また泳ぎに行かねば!

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(リーダー)
いくえ
なべ
キュウ(レポート)
やまたか
ヨシ
ゲスト:babaちゃん

2022/11/19 早起き御岳

皆さん おはやいます、今日こばがレポートします。レポートと言っても沈脱したわけでもなく、じゃんけんで勝った訳でもなく、リーダーに指名された訳でもない、いわゆる反省文です。
一般的に日本人は勤勉で毎朝決まった時間に起きて満員電車に揉まれ、定時に出勤しますが、遅刻でもしようものなら上司からは厳重注意され、同僚からはののしられ、部下からは冷ややかな視線を浴びせられ、その日は仕事が手に付かないものでした。(あくまで昭和のモー烈な会社の話です)

2211191_R.jpg

勘の良い読者なら既にお気付きの通り、今朝私は遅刻と言う大罪を犯してしまいました。7:30軍畑集合のところを15分も遅刻してしまいました。軍畑に到着した際メンバー全員着替えも終わっており「ようやく来たんか遅いやんけボケ」と言った大阪弁的な視線を浴びせられ肝が縮む思いをしました。(嘘です皆さん温かくいつも通りでした)

2211192_R.jpg

特に10:00早上がりの◯ッ◯ーさんからの「自分(大阪ではあなたの事を何故か自分と呼ぶ)のせいで今日は超急いで漕がんとあかんやんけこのボケ、けつの穴から手突っ込んで奥歯ガタガタゆわしたろか」的な視線が痛かったです(これもウソでいつも通り気さくにあいさつ頂きました)

2211193_R.jpg

その為焦ってしまい着替えを積み損ねるというチョンボをしました。(これはほんとで終了後寒い思いをしました)
ただこのような大チョンボを犯したにも関わらず今朝も御岳は綺麗な紅葉でカヤッカー達を温かく迎えてくれ、楽しくダウンリバーができました。

2211194_R.jpg

おまけに帰りに寄ったうどん屋の豚天ぷらカレーうどんも美味しかったです。
最後に本日は遅刻してご迷惑をお掛けした事この場をお借りしてお詫びします。(-_-;)

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(リーダー)
KADO
キュウ
コウ
こば(始末書)笑
タッキー
ナベ
ふかさわ
ばばさん(ゲスト)

2022/11/12 忘年会&クリパ

11月に入会させて頂いたばかりなのに、月例会~忘年会まで参加させて頂きありがとうございました。

22111212_R.jpg

今までのキャンプで最もバリエーション多彩な料理、しかもどれも美味しくて...
月例会でヘロヘロになっていたところが、大いに癒されました~♡

22111213_R.jpg

「ホワイトエレファント方式」でのプレゼント交換も初めてでしたがおもろいですね~ 
静岡のカヌー仲間の忘年会でも真似させていただきます。

22111214_R.jpg

初顔にもかかわらず、たくさんの皆さんが気楽に声かけて頂き、また写真もたくさんとってくれて
ホントありがとうございました。  今後ともヨロシクお願いします!

22111215_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー
Andy
いくえ
おーの
かめ(レポート)
キュウ
コウ(L)
こば
さきむら
スモも
タッキー
ノリー
ふかさわ
マッキー
マコト
やまたか
ヨシ
リン
ゲスト:Mシェフ

2022/11/12 最終月例会

11月13日(土)晴
調布橋-2.84m
参加表明20名!のもと、今年最後の月例会開始です。
スタートの御岳苑地駐車場はカヤック、ボルダリングはもちろん紅葉狩りの方々のお車が加わり満車でした。
スタート前の撮影はいつもより遅いスタートのため、西日を受けた背景でパシャリ。

2211121_R.jpg

漕ぎ始めに確かめると水が冷たくなっています。
まずはウォーミングアップ。放水口とカップスターの瀬でテイリー、サーフィン、フェリーをたっぷり練習です。タッキーさんはテイリーからのカートでルナオービット!決まってます。

2211122_R.jpg

ここでリンさんは忘年会準備のため早すぎる早上がり。ご準備ありがとうございます。
消防の瀬は迫力あります。アニーさんは余裕のフェリー&サーフィン。ラダーを上手く使ってカッコいいです。

2211123_R.jpg

しかし、すぐ下で事件が!
ロックスプラッツで遊んでいたいくえちゃんのパドル がそのままロックにロック?されてノーパドルのまま沈。が、そこは落ち着いてハンドロールで起き上がり、メンバーを沸かせます!流石!
↑本当はあえなく沈脱。ハンドロールの見せ場ではありました。

2211124_R.jpg

三ツ岩付近は紅葉見物のギャラリーの方々がたくさん。そこは我々ベビを応援してると都合良く勘違いし、カッコ良くテイリー、サーフィン、エディキャッチをしてアピールします。
来年はこのギャラリーさんの中からベビトラの門を叩く方が何人かいらっしゃるでしょう。

2211125_R.jpg

寒山寺の鵜の瀬もみなさん当然のようにエディキャッチを決めてきます。レベル高!
やまたかさんもripper 艇でご機嫌サーフィンです。はっきり言ってイイ!

2211126_R.jpg

市民センター下の瀬はカート練ができました。これからカートを練習したい方には良い流れ。
軍畑では小さな可愛い姉妹からがんばってーと応援を受け、ベビのメンバーも笑顔で手をふります。こういうの嬉しいです。

2211127_R.jpg

前半のんびりだったので、ここからペースアップで一気にゴール!
ゴール後は年末月例会恒例の年間表彰がありました。
今年の皆勤賞ら認知症に負けないことを誓うコウさんと自宅庭のガーデニングとカヤック の難しい両立をやり遂げたコバさんが表彰を受けました。すごいです。おめでとうございます。

2211128_R.jpg

新人賞には嫁と遊ぶことを捨て、全国のカヌースクールを荒らしに荒らしたイノウエさんが選ばれました。カヤックでの今年の年間走行距離は3万kmだそうです。真似できない。。

2211129_R.jpg

今年もベビトラはカヌーでスポーツ保険を使うこと無く、安全に一年間全国を漕ぎ切ることができました。
コロナ禍ですが年間の延べ参加人数は300人を大きく超え、来年は500人を超える見込みです。一歩一歩、前進しております。

22111210_R.jpg

―初参加BKさん感想文―

先日は、大変お世話になりました。
普段、1人で下っているので、大勢で下るのは、なかなか刺激的で楽しいものでした。また、参加させて頂きます。
宜しくお願いします。

22111211_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー
Andy
いくえ(L)
イノウエ
かめ
がくちち
コウ
コタコタ
こば
さきむら
サトウ
スモも
タッキー
ノリー
BK(感想文)
ふかさわ
マッキー
まっちゃ(レポート)
やまたか
ヨシ
リン

2022/11/06 御岳で進水式

御岳 DR
2022 年 11 ⽉ 6 ⽇(⽇)晴れ
調布橋⽔位 −2.87m
仕事の都合でしばらく漕げないかも?なので、前⽇に引き続き御岳を下って来ました。

202211061_R.jpg

直前の告知にもかかわらずエントリーしてくれたのは、待ちに待った新艇が届いた KADO さんで
す。

202211062_R.jpg

秋晴れの放⽔⼝で新艇進⽔式に⽴ち会うという栄誉に預かりました。
COSMS カラーの REWIND はブラックのボディカラー(渋い!)と鮮やかな⾊使いのバウ&スタ
ーンがシャープな印象で、⼀⾔で⾔えばカッコいいフネでした。

202211063_R.jpg

照紅葉の御岳は⽔量少なめでしたが、のんびりと、しかしネチネチと楽しみながら下りました。
KADO さんが始終ニヤニヤしていたのは⾔うまでもありません。

202211064_R.jpg

―この日の参加者(敬称略)―

がくちち(L、レポート)
KADO

2022/11/05 早起き御岳

久々の早起き漕ぎ参加です。

2211051_R.jpg

用事があって早上がりですが、御岳は紅葉真っ只中。

2211052_R.jpg

みんなは杣の小橋で刺し系ロールなど練習熱心です。

2211053_R.jpg

スタートの瀬を前にみんなと別れてもみじがり下りです。
今回は写真をお楽しみください!

御岳大橋
2211054_R.jpg

玉堂美術館前の大イチョウ
2211055_R.jpg

鵜の瀬橋手前あたり
2211056_R.jpg

沢井の楓橋
2211057_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー
Andy(レポート)
がくちち(L)
キュウ
コウ
こば
ナベ
ペー
ヨシ

2022/11/03 お得な早起き御岳

11月に入り御岳も紅葉シーズンに突入しました。本日11/3文化の日に御岳で早起きダウンリバーを行いました。

参加メンバーはアニーさん、がくちちさん、こばの3名に加え、11月1日にベビに新加入された“かめさん”が入会後すぐに参加されました。

202211031_R.jpg

朝は7:00軍畑集合でしたが、放流日と重なり駐車場は釣り師の車で満車状態。急遽ゴール地点を寒山寺駐車場に移してのダウンリバーとなりました。

久しぶりの早起きツアーのお陰で、紅葉に朝日が差し込む「紅葉燃え」の素晴らしい景色をあちこちで堪能でき、まさに「早起きは三文の徳」状態でした。

放水口から寒山寺までのショトートコースでしたが、いつもの様にエディやウェーブをねちねちと丁寧にひらいながら下ったので思ったより下りごたえはありました。ただ、寒山寺駐車場へ向かう長い坂道がきつかったです。

11月中旬までは紅葉と水が綺麗で、まだ差ほど冷たくなくダウンリバーには良い季節ですので引き続き楽しみましょう。

―初参加かめさんの感想文―

コウさん、アレンジ頂きりがとうございます!
静岡から移住してきた新入りに、初対面の皆さんが気軽に接して頂き放水口~寒山寺まで楽しまさせて頂きました。

(…ほとんど,ただ流れに流されていた様なものでしたが…)  体験した感想は「新天地でさすがに楽しめそう~」です。 

もちろん御岳のフィールドも抜群ですが、一緒に下って頂いたベテラン(アニーさん・こばさん・がくちちさん)のスキルの高さに刺激を頂きました! (おかげ様でヘロヘロでしたが。。。)

今後、ヘビトラのメンバーの皆さんと一緒にいろいろなフィールドで(下手くそながら)スキルを少しづつあげながら楽しまさせてもらえそうな感じがしてわくわくしています。

今後ともよろしくお願いいたしまーす。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー
がくちち(L)
かめさん
こば(日記)

2022/10/30 カツカツ桂川

桂川ロアーDR
2022/10/30(日) 晴れ 大月2.05m

今季最後かも?桂川(ロアー)をDRしました。

202210301_R.jpg

岩だらけの曙橋からエントリー。

202210302_R.jpg

水量は少なく全行程カツカツではありました。

202210303_R.jpg

が、周りの木々が色づき始めていて渓谷の素晴らしい秋景色を楽しむ事が出来ました。

202210304_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー (L)
がくちち(レポート)
サトウ
タッキー
やまたか

2022/10/29 紅葉の御岳

レポート担当いくえです。

202210291_R.jpg

10月も末、寒くて布団から出られなかったというしょうもない理由で遅刻しましたが、川に出てみるとぽかぽかと陽射しの暖かい秋晴れでした。
こんな日に漕がないなんてもったいないね、などと言いつつスタート。
スカルキャップなしの沈もまだまだ余裕です。
調布橋-2.79mと低水位で、いたるところにマイクロウェーブ、マイクロホールがあり楽しめました。

202210292_R.jpg

カップスターではこばさんのロキ試乗会が突発的に開催されました。
実は私もこばさんとおそろのボートを持っています。
御岳に最適の素晴らしいボートだと思っていますが、試乗者のみなさまいかがたったでしょうか?

202210293_R.jpg

エディではいつもどおり雑談に花が咲きました。
ボートの傷修理について、なんとホットガンは5000円くらいで購入できるのだとか。
コンパクトで場所もとらないそうなので買おうかしら。

202210294_R.jpg

私はお先に寒山寺で上がらせてもらいましたので、後半レポートは他の方に譲ります。
橋から見る紅葉の御岳がとてもきれいでした。

202210295_R.jpg

続いて、後半レポートを引き継いだコウです。寒山寺以降も、主にダベリをメインに漕ぎ進めます(笑)。まずは、かんざしホール二段目。

202210296_R.jpg

その次はご存じミソギ。ここも二段目、ミソ2ですね。最近、エントリーしにくいと思いませんかー?

202210297_R.jpg

そして、100本ノックの瀬・横手商店の体験会エディ・ロックスプラッツ岩・ZIZOUホールを越えればゴール軍畑。何年か前の台風で崩落した左岸がキレイに修復されてます。

202210298_R.jpg

【最後の番外編レポート】こば

タイトルは『ちょっと良い話:奇跡のドライバッグ』

軍畑駐車場で着替え中に、ちょっと良いエピソードがありましたのでご紹介します。概要はシンプルですが、ベビトラメンバーの迅速な情報共有で困った人を助ける事ができました。

《概要》
ベビトラメンバーではないご夫婦カヤッカーが、放水口スタート地点トイレに忘れていったドライバッグ(車のキー入り)を、Andyさんが取りに行ってあげた。

《内訳》
①別パーティで後ろを漕いでいたベビメンバーNoboさんが、いくえちゃんにドライバッグの忘れ物情報を写真付きで送ってくれる。
②いくえちゃんが直ぐにSlackで当日参加者に共有してくれる。
③コウさんが着替え中にドライバッグの忘れ物の話を参加者にしてくれる。
④駐車場トイレ前でそわそわしているご夫婦を見てコバが声を掛け、ご主人の忘れ物と判明する。
⑤Andyさんが放水口まで取りに行ってくれて無事ご本人に届ける。

めでたしめでたし。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

Andy
いくえ(前半レポート)
がくちち(L)
コウ(後半レポート)
こば(番外編レポート)
ヨシ

2022/10/22 おーのさん壮行月例会

今日は、曇り。水量よし、メンバーよし、漕ぎよしでした。

2210221_R.jpg

2210222_R.jpg

漕ぎ終わりは、おでん大会。

2210223_R.jpg

その夜は、テニスコートでキャンプして、翌日も漕ぎ。少し飲みすぎで、翌日の漕ぎは、前半、しばし、良くなかったですが、楽しく、漕がせて頂きましたー。
水も少しずつ、冷たくなってきたので、今後は、毎回フルドライ、かつ手袋も必要かもしれない。。スキーシーズンも始まれば、雪山にこもる事に。。。それまで、楽しんで漕がせて頂きまーす。

2210224_R.jpg

夕暮れのテニスコートには、思っていた以上のタープやテントが。 
こばさんが、用意してくださったタープは、月例会集合前に、アニーさんとこばさんが、1番良い場所に設置してくださったのでしたー!

2210225_R.jpg

こばさんが、用意した「牛すじ串」、おーのさんの「カラムーチョ人参」、ぺーさんの「枝豆」おいしかったねー!

2210226_R.jpg

途中からAndyが参加。コンビニスイーツありがとうございます☺️

2210227_R.jpg

昭和の下ネタが盛り上がって来た頃に、一足早く眠りにつきました。楽しかった☺️

―この日の企画参加者(五十音順、敬省略)―

アニー
Andy(キャンプのみ)
イノウエ
いくえ
おーの
コウ
こば(壮行おでん会企画)
キュウ
さきむら
タッキー(キャンプレポート)
ツッキー
なべ
ふかさわ(月例会リーダー)
ぺー(キャンプのみ)
まっちゃ
まめ
やまたか(月例会レポート)
ゆたぞう

2022/10/10 桂川DR

2022/10/10 曇り 大月2.2m

三連休最後のスポーツの日はあの桂がひと足早く漕げるっ♫ との事で参加してきました。
今回はロアで曙橋からスタート。

202210101_R.jpg

前日の明け方迄の雨で結構流れが早い。
いやーザブザブ〜 ウェーブもホールもデカい! 楽しいーこれぞ桂。
皆さんそれぞれのウェーブでサーフィンしながら下ります。

202210102_R.jpg

核心は水量が多めの為若干落差がなくなって通りやすかったような。
終盤のゴルジュはいつもよりボイルが多くスターンが何度も喰われる〜

202210103_R.jpg

ゴールはいつもの所で。
おかげ様で来月の取水停止の前に良い予習が出来ました。
今回も楽しいDRをありがとうございました!

2022/10/09 早起き御岳

今日(10/9)は、Home御岳で2日目のDRです。
前日は、桂川のLowerのDR。
現在、雨がふっている為、明日(10/10)に桂川のDRの話があり、かるーく漕ぐつもりでしたが、通常通り、がっつり漕いでしまいました。
体が、疲れ気味だったんので、結局、DRは、2連ちゃんで終了。
いい練習になりましたー。
ご一緒、頂いた方、ありがとうございましたー

2022/09/23 早起き御岳

9/23(土)レポート 御岳

本日は調布橋-2.58mとやや多めの水位。
7時半集合かつ雨のためか、他のカヤッカーとも釣り師ともほぼ遭遇せず。
流れもいつもより力があって楽しい。
一部長良遠征疲れのメンバーがエディに集まっているのを横目に、DR大好きなメンバーがしっかりフェリー練習していました。
御岳の肌寒さに秋の訪れを感じる一日でした。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー(L)
いくえ(レポート)
イノウエ
がくちち
キュウ
タッキー
ふかさわ
ぺー
やまたか
ゲスト:Iシェフさん

2022/09/17 ナガラ裏企画

11月に入り、日ごろよくダウンリバーしている御岳渓谷もすっかり紅葉が始まった今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ロールをすれば頭がキンキンしてくるので、ひっくり返るのもはばかれる。そんな水温に、気温になってしまいました。

さて、そんな時期に、”あぢくであぢくでたまらん!”と自らひっくり返って涼んでいた、そんな時期のレポートでございます。

あれは。9月中旬。ベビでは三連休を利用して長良川への遠征へ。
でも、用事があって参加できないわたくしは東京の自宅でお留守番。
とはいえ昨今の地球温暖化により秋分の日を過ぎてもまだまだ日中の気温は軽く30度越え。

こりゃたまらん、ということで誰も反応ねーだろーなー、と思いながらも週末恒例の御岳での早起きダウンリバーの募集。
したっけ、なんとアニーから反応が!
これはうれしーうれしーと早朝の軍畑の駐車場へ。

ダウンリバー開始も、わたくしの主目的は避暑であり、ついでに漕ぐ、というか漕がなきゃゴールにたどりつけないので、休憩メインでダウンリバー。

202209171_R.jpg

しかしアニーは練習のルーティンがあるらしく、カップスターなどで黙々と練習。
わたくしといえばそれを眺めながら岸辺から川に足を投げ出し、涼む有様。
ここでカヤックの腕前に差が出るのですな。
アニーがお見事だったのは、ハッカケでのルート取り。
ちょっと説明は難しいのですが岩の後ろのエディをサッと取ったかと思うと、すぐに流れへ。
フェリーで対岸のエディを取ったかと思ったら、滞ることなくまた本流へ。
”あっぱれ!”の一言でございました。

202209172_R.jpg

で、二人だったので11時ころにはゴールの軍畑駐車場へ。
解散したわたくしは、涼しい御岳から灼熱の都心へハンドルを切ったのでありました。

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

アニー
ぺーl、レポート()

2022/09/17-18 長良川ツアー

長良川初日。イノウエです。

台風が間近に迫る中、天候が心配でしたが、落ち着いた天気と水位。台風が来る前の駆け込みなのか釣り師がたくさん。
水位は新美波橋0.31m
本日はビーチから子宝温泉までのコース。
下田橋以降はカヤックで下ったことないのでドキドキです。

2209171_R.jpg

大人数30人は超えていたような気がします。
大人数は気をつけないといけません。
ベビは15人だったかな。
5人グループ3班に分けて進みます。
私がいる班のリーダーは年末のclass5小歩危以来のMさん。

2209172_R.jpg

落ち着いた水量の長良川をサーフィン、エディキャッチ、フェリーを楽しみながら下ります。
円空でのサーフィンチャレンジ。
速攻転んで、ロールをしたけど一回目上がらず、2回目以降は岩に張り付いた感じで頭を打ちます。
最近は岩にぶつかり系で沈脱することが多く、やばいかなーと思いましたが、根性で上げ続けたら上がったので良かった。

2209173_R.jpg

ふれあい広場で休憩。
すごい人数です。

2209174_R.jpg

終わりぎわに、AZの方も出現。なんか最近よく会います(笑)
下田橋を越えたらザンゲ。
カヤックで行くのは初めてなのであとをついていきます。右ルートを取れば比較的安心ってこういうことか。

2209175_R.jpg

ザンゲがおわったらMさんのスターンカット講座。
自分は捻りが足りないのと仕掛けが早いんですよね。わかってはいるのですが。。。
そんなこんなで子宝の湯に到着。
ここまでくるとけっこうロングですね。
よく漕ぎました!

2209176_R.jpg

長良川遠征2日目。いくえです。

前日は眠気に耐えられず22時前に就寝したので、6時には全員起床。各々笑びで優雅な朝を過ごしてから長良川に出発しました。本日も水位は0.3mと程よい状態。

2209177_R.jpg

また嬉しいことに、スペシャルゲスト池ぽんさんに急遽参加いただけることになりました。地元カヤックトレーナーにアテンドしてもらえるまたとない機会とあって、皆んないつになく真剣に練習。御岳ではお喋りに勤しみがちな私たちですが、サーフィンスポットやエディキャッチポイントを教えていただきながら、ネチネチと漕ぎました。

2209178_R.jpg

攻めすぎて沈脱してしまう人も出つつ、ふれあい広場で上がり。12時終了と短時間でしたが、満足感のあるダウンリバーでした。

2209179_R.jpg

飲みにケーションレポート。リンです。

長良川DR冒険初日が終わった、、 ラスボス懺悔(の瀬)を制し子宝(の湯)で癒しヨウヤク笑びにたどり着いた我々。
各々 達成感 高揚感 反省点 等々あるにせよ そこはNO SIDE。美酒が待ち構えています(BGMはT.Y THE theme from big wave)
シーさん率いる怪しい探検隊もそうですが、カヤックの冒険には夜会は必須だ。

22091710_R.jpg

早速、練習というフライング。ビールテイストは、僕・ノリーさん・AとBとC(本能のまま しょうがない)
プッシュという心地よい響音とともにまずちょい先行乾杯、、、、、。グビ、gubi 、具備、PUHAアアああ!!(泣)
五臓六腑にしみわたります。
幹事コバさんの正式音頭「KANPA~I!!!」号令がこの場を更にさらに盛り上げます。

22091711_R.jpg

そうです。幼虎版 ”満点 青空レストラン” 開催です。(下記文面からは水樹亜美ナレーションで)
成城石井生ハム、すももさん創作ラスク&つまみ乗せ、燻製チーズ、鰊の燻製カット、酒飲みにはたまりません。
酒がどんどんススミマス。そして 笑びの天然空間がとても気持ちいいのです。
メイン食材は「板橋 日光畜産」のお肉各種 はじける焼き音が漂います。    IKEPONさん絶妙なる焼き具合味付けもあり、お口の中で溶けていく感覚です。 大変ご馳走様でした。

22091712_R.jpg

コバ幹事 ありがとう! です。
夏の終わりを感じながら とても楽しい飲みにケーションでした。
2次会は当然「スナックすもも」です。(yumenonakadesitaga,,,,)

―この企画の参加者(五十音順、敬称略)―

イノウエ(1日目レポート)
いくえ(2日目レポート)
がくちち
コウ
こば(L)
さきむら
スモも
タッキー
ノリー
まっちゃ
まめ
やまたか
ヨシ
リン(夜の部レポート)
ゲスト:Mさん

2022/09/04 初心者体験会

2022年9月4日
初心者体験会
天気 曇りのち晴れ
調布橋水位 -2.82m

先週の〈8月月例会2〉に引き続き、今週も初心者体験会が行われました。
サークル内連絡ツール、Slackでの呼びかけのおかげで多数のメンバーがサポートとして参加しました。(あるいは体験会参加者が2名とも女子だったからか?)

2209041_R.jpg

リンさん情報で知られる事となった「横手商店」の向かいでカヤックを下ろして川原に出ると、JB(寒山寺の少し下)ほど広いエディはありませんが、基本の練習をするには充分な場所です。

2209042_R.jpg

この日の講師はベビトラ代表のコウさんです。
ストレッチの後、ギアの説明・カヤックの乗り降り・パドルの持ち方〜漕ぎ方といった基本を川原でレクチャー。その後、水に入ってパドルが水を掴む感覚を覚えてもらいます。

2209043_R.jpg

当日は薄曇りでしたが、まだ川の水が気持ちいい季節です。
川の水に慣れてもらい、いよいよカヤックに乗って水の上での講習です。
しばらくはフォワードストロークで目標に向かって進む練習を繰り返します。二人とも思う方向にカヤックが進まず苦戦していました。スウィープストロークを教わり、方向修正しながら夢中で漕いでいるうちに少しカヤックに慣れて肩の力が抜けてきている様に見えました。

2209044_R.jpg

リーンの切り替えや、ゆるい流れでフェリーグライドをする頃には、行きたい方向に(紆余曲折はあるものの)なんとか進むようになってきました。
川とカヤックを楽しんでいるうちに晴れ間も見えてきました。
最後にホワイトウォーターフローティングポジションと沈脱の練習をして、初秋の多摩川を軍畑までダウンリバーしました。

2209045_R.jpg

この日御岳を下っていたメンバーも合流してダウンリバーのサポートにまわってくれました。
皆様、お疲れ様でした。

2209046_R.jpg

―ユミさん感想文―

ガクチチさんの紹介で、ベビトラの初心者体験に参加させてもらいました。体験した感想は「また漕ぎたい!」です。人生初のカヤック、本当に楽しかったです!!!"カヤック"という名前しか知らず、何が必要で、船はどう進むのか、一生経験する事のないスポーツだと思っていました。そんな、知識・経験ゼロの私達でしたが、コウさんを筆頭に本当に手厚くサポートして下さったベビトラのメンバーの方々のおかげで、最後には川を下ることが出来ました。(ほとんど、流されていた様なものでしたが、、、笑) 川の流れが強くてはやい普通なら入ることのできない、川の真ん中を漕いでいる自分がいて、風を感じ景色を見ながら漕ぐ川下りは本当に貴重な経験で、とても楽しかったです!丸一日、サポートについて下さったベビトラのメンバーの方々、本当にありがとうございました。また、よろしくお願い致します。

2209047_R.jpg

―ぽこさん感想文―

先日はお世話になりました!
コウさん、ご連絡ありがとうございます!
返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
怪我等なく、翌日に筋肉痛があったのですが1日で良くなりました!
初めてのカヤックでしたが、とても楽しくまた参加したいという思いでいっぱいです!
今後ともよろしくお願いいたします。

2209048_R.jpg

―この日の参加者(五十音順、敬称略)―

がくちち(レポート)
コウ(L)
こば
スモも
ノリー
やまたか
ユミ(体験会感想文)
ぽこ(体験会感想文)

2022/08/27 月例会&体験会

今回は、Ripper 2 Mの紹介をしたいと思います。この4月に発注して、8月の第三週にやっと到着しました。HOAのオキーフさん、ありがとうございました。

202208271_R.jpg

以下、Ripper 2の購入を検討する際に、自己分析した表です。Ripper I Mは、幅(Ripper 2の方が、+3.5㎝広い)と適正体重以外は一緒でしたね。Antix とBurnは、Ripper 2の方が、約25cm長い事が分りますね。Rewindに比較的近いのかと(ただ、ボリュームは、Ripper 2の方が、19L大きいですねー)。この表に記載されてないのは、Rockerです。今回のRipper 2は、1と比較しても、BowとSternのRockerがあります。

202208272_R.jpg

以下のリンクで、Ripper の比較をしています。設定で自動通訳にしましたので、日本語の字幕が出てくると思います。訳が微妙な箇所もありますが、何となくは、理解できるのかと。。ご興味のある方は、是非。



202208273_R.jpg

この日はあくまで月例会&初心者体験会だったので、その模様を写真&体験会参加者の感想文を、編集者からお伝えします。まずは集合写真。久し振りの20人超えでした。

202208274_R.jpg

202208275_R.jpg

体験者の感想文。まずはレディファーストゆうこさん。

もの凄い久しぶりのカヤックで楽しみであり不安でしたが
いざ参加してみたら想像の斜め上を行く流れの中でのカヤックでした。
最初の沈が心構えが出来ていなかったことと思いのほか深かったので
鼻と耳に思いっきり水が入ってしまいここはかなりびっくりでした。
とにかく行かねば....と自分を奮い立たせてのカヤックでした。

202208276_R.jpg

後方からシゲさんが具体的にしっかりとアドバイスの声掛けをしてくれたがとても心強かったです。
沈してからも皆さんがすぐに助けに来てくださったのも凄く心強かったです。
とにかく今回は思っていたよりもかなりハイレベル過ぎて
私が勝手に想像していたものと違ったな...というのが正直な感想です。
なので皆さんの足手まといになってしまったかなとも思っています。
伺う前にもう少し詳しく内容を伺えば良かったですが、聞いても理解できていたかな?とも思いますが...

202208277_R.jpg

しかし逆に、こんな久々に乗っていきなりやった割にはがんばったなと自分では思えています。各地に旅行して体験カヤックツアーみたいのがあれば是非参加したいです。

202208278_R.jpg

最後になりますが、レンタル料金の費用だけにも関わらず準備や終わった後の片付け、回送。
川でも皆さんにしっかりとサポートして頂き有難く思っています。
怖くも充実した貴重な体験をさせて頂きましたこと感謝しています。
いつの日か心を整えて挑戦する気持ちが出てきたらお願いしたいと思います。

続いて、クーさんの娘婿殿。

ボートの操作は思いのほか難しく難儀しましたが、コウさんに丁寧に説明いただいたおかげ少しはボートをコントロール出来たかなと思います。

202208279_R.jpg

自然の中で乗るボートは気持ちよく大変楽しませていただきました。みなさんありがとうございました。ポートの操作は思いのほか難しく難儀しましたが、コウさんに丁寧に説明いただいたおかげ少しはボートをコントロール出来たかなと思います。
自然の中で乗るボートは気持ちよく大変楽しませていただきました。みなさんありがとうございました。

2022082710_R.jpg

以上で、月例会レポートといたします。

2022/08/20 おしゃべりな御岳

ベビトラはカヤックサークルである。
カヤックサークルであるから、当然川が大好きである。
よって、川に出ると楽しくて楽しくて、つい長逗留してしまうのだ。

202208201_R.jpg

しかし、カヤックが楽しくて技術の鍛錬、成長を目指し、自らホールに突っ込んでいったり、いろんなわざを習得するためのサーキットトレーニングに精を出すために、結果として長逗留してしまうかと思いきや、実はそうでもないのだ。

202208202_R.jpg

川の上での与太話ばっかりなのである。

202208203_R.jpg

ベビトラには、スターンステーションや静水カート習得のため練習に精を出す若い連中も当然いるのだが、ほかのカヤックチームと同じようにメンバーの高年齢化が進んでおり、カヤックとは関係のない話題で盛り上がるのである。

202208204_R.jpg

今回もベビトラ高年齢チームが集まった。
放水口の上流の瀞場にて集合した我々はしかし、そこで静水練習をちょこっとした後は、やれ、夏休みにはどこに行っただの、久しぶりに里帰りができた、だのの話で盛り上がるのである。

202208205_R.jpg

やっと流れ出し、カップスターの瀬では、当然フラットスピンの練習をちょこっとした後は、やれ定年後はどうするんだ、いやいや再雇用だ、といった話で盛り上がるのである。

202208206_R.jpg

そうこうしていると、早起きでない門さんが流れてきて、「まだこんなところにいるんですか!」とびっくりされながら合流。

202208207_R.jpg

やっと下流に向かって出発。右からのスターンカットができるポイントでは、ちょこっと練習した後は、やれ、うどんはさぬきがいいんだ!とか、博多は駄目だね、といったうどん談義で盛り上がるのである。

202208208_R.jpg

そうこうしていると、ベビの親戚グループである坂本組が流れてきて「まだこんなところにいるんですか!」と呆れられながらも、我々と同様、高年齢化が進む坂本組とは、「「腰が痛い!」など、同類相憐れみながら合流。

202208209_R.jpg

あちこちでグダグダしていると、気が付くと坂本組はさっさと先に行ってしまった模様。
そのうち門さんも「先に行きますので!」とさわやかに行ってしまった。
そして、やっとのことでゴールの軍畑に着いたときは、予定の11時を大幅に遅れ、13時に近かった。